「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェイク 第1207号

フェイク 第1207号 (発行=11.05.31)
豪雨の中、日顕宗の講習会始まる
大石寺で実りのない夏期講習会の第一期
内紛騒ぎの信彰が「僧俗一致」を講義


 日顕宗の第八回法華講夏期講習会第一期が二十八・二十九日に大石寺で始まった。今年も初日から悪天候で、特に二日目は台風の影響により富士宮の地域では「警報」が出た程の豪雨のなかでの講習会で、まさしく「雨期講習会」になった。

 初日は坊主三人が立て続けに話を続けて、二日目の朝には清掃作業に従事させられた後、日如が一時間半にもわたって講義をして終了。毎年のことながら、実りのない講習会である。

 面白いのは講義のテーマと担当坊主の組み合わせだ。

 最初に登場したのは布教部長の阿部信彰で、テーマは「僧俗一致でご命題達成」、次が教学部長の水島公正で「破邪顕正の実践」、そして最後が「折伏実践の方途」についてと題して村上節道が話をした。

 まず、信彰だが、この坊主は「僧俗一致、つまり信徒は御住職を尊敬しなければダメなんですね、心から尊敬、仏様として尊敬することだ」というのが持論で、各地の僧俗指導会でも口にしていた。

 ところが昨年十月、常在寺(東京・豊島区)の前住職・細井珪道が死亡した後、隠居した日顕のゴリ押し人事によって後任の住職になったが、その直後、講頭の柳沢以下の九人の幹部が集団で辞任。細井の頃からの幹部は二人しか残らなかった。

 その理由は、内情に詳しい人の話によると、信彰は着任早々、己の考えを一方的に押し付け、法華講幹部の意見には耳を傾けようともしない。そんな信彰の傲慢な態度に怒った講中幹部が辞表を叩きつけたという。

 こんな信徒から愛想を尽かされ、内紛騒ぎの信彰の講義のテーマが「僧俗一致でご命題達成」とは余りにも皮肉ではないか。

 また、インチキ折伏で有名になった埼玉・宣行寺の村上節道のテーマが「折伏実践の方途」とは驚きだ。

 「あたかも折伏が進んでいるような報告をしてくるが、現実に当たってみると、殆ど信心の話をしていないという姿が多い訳で、余りにも驚くべき姿になっている」とは宣行寺の講頭が語っていたことだ。

インチキ折伏で有名な宣行寺・村上が「折伏実践の方途」など講義

 例えば、講中幹部の家に本尊が何体もあり、少年部員が連れてきた小学生を無理やり「内得信仰」扱いにして成果にするなど、宣行寺のいい加減な折伏の実態は広く知られている。

 こんなインチキ成果の宣行寺・村上が「折伏ができないのは決意が弱いからです」等々と偉そうに説教したところで、素直に耳を傾ける者はいない。

破折できない水島のテーマは「破邪顕正の実践」

 更に、水島公正は改革同盟の松岡雄茂氏らに血脈問題などを徹底的に破折されても反論不能のうえ、不倫問題について追及されると「私だって人間だ。ビールも飲むし、パチンコもする。法華講の婦人達とアチコチ歩いて見聞を広めたりもする」と言い、堕落して当然と開き直るような悪坊主だ。

 こんな失格者が教学部長で、講義のテーマが「破邪顕正の実践」とはブラックユーモアとしか思えない。

フェイク1207号
関連記事
  1. 2011/05/31(火) 23:08:00|
  2. フェイク

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。