「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェイク 第1206号

フェイク 第1206号(発行=11.05.28)
浅井昭衛、大震災を予言できず!
人類絶滅、国家破産などの妄言は止めよ
会員に恐怖心を植え付け教勢拡大を狙う


邪教・顕正会会長の浅井昭衛(写真)は「現代の本仏」を気取って、これまで
数多くの予言を続けてきた。だが、悉く的外れに終っている。浅井の得意とする
予言は、首都圏直下型大地震だが、他にも他国侵逼(特に隣国からの核攻撃、侵略)
、自界叛逆、人類の絶滅、経済危機、大旱魃、国家の破産、大疫病など多岐にわたる。

そして、その大難を阻止するには会員を増やすしか道がない、というのが浅井の
口癖だが、顕正会員が増殖すると社会にとって有害なだけだ。「下手な鉄砲も
数撃ちゃ当たる」とばかり、繰り返す浅井の予言は、幸いにも一度も当たらない。

浅井昭衛

特に、この度の東日本大震災、巨大津波、福島の原発事故については全く予言
できなかった。大震災から半月以上も経った四月三日の日曜勤行で「先般の東日本
大震災において、誠に不可思議の御守護を頂いた」と喜び「巨大地震、巨大津波を
見て心から心配した」と言いながら「なんと不思議、なんと有難いことか」と
吹聴する身勝手さだ。

勿論、あの阪神・淡路大震災の時も予知はできなかったが、浅井にしてみれば、
会員に恐怖心を植え付けて教勢拡大に狂奔させるのが狙いだから、当たろうと、
外れようと、一向に構わないのかも知れない。
だが、腹黒い浅井の魂胆も知らず、勧誘に暴走する愚かな会員が哀れである。

浅井の外れた予言は無数にあるが、その典型的な事例の一つが小田原地震に
関する迷言である。平成十年一月五日、新年幹部会で「小田原地震が年内に間違い
なく起こる」と、酔っ払いの戯言のような話をしていた。

「私は仏法の上から、いよいよ大地動乱の時代が来ると思っております。
『小田原地震、東海地震、首都圏直下』とありますが、まず第一の小田原地震、
恐らく今年、これはもう間違いないでしょう。その予兆、前兆現象はすでに現れて
おります。私はそれを知るゆえに、昨年十二月から心を休めたことがない」

テレビ狂で時代劇やお笑い番組に熱中している浅井が、心が休まらないとは滑稽の
極みだが、こんな妄言を信じた会員達が血相を変えて勧誘に走り回り、各地で
警察沙汰になった。

浅井は小田原地震について同年十一月三十日の総幹部会でも追い討ちをかけて
無知な会員を脅していた。

「すでに大地動乱の引き金といわれる小田原地震も、秒読みの段階に入った」
とまで言い切っていたのだ。


 予言を外した新興宗教の教祖は割腹自殺

十年以上も「秒読み」していても、幸いなことに予知は外れて「小田原地震」
は起こっていない。

昭和四十七年六月、関西の新興宗教「一元の宮」の教祖が、大地震の発生を
予言して外れた責任を感じて割腹自殺を図ったことがあった。

この教祖に比べると、浅井には信仰者としての信念も良心も責任感もない。

もし、あると言うならば、潔く割腹して会員に詫びるべきではなかろうか。

フェイク1206号
関連記事
  1. 2011/05/28(土) 23:59:55|
  2. フェイク

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。