「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェイク 第1197号 (発行=11.04.29)

フェイク 第1197号 (発行=11.04.29)
宗門僧も「慧妙は信用できない」
「慧妙」の戯論、「河辺メモ」の弁解で墓穴 ⑤
過去にも宗門見解に反する記事を幾度も掲載



極悪坊主・日顕の三大弱点は、法主詐称とシアトル事件、それに「河辺メモ」といわれている。その一つ、「河辺メモ」について詭弁を弄して日顕を弁護し、点数稼ぎを狙っている「慧妙」だが、思惑が裏目に出て、「大御本尊偽物」「日達猊下は話にならない」等々、日顕の問題発言を再燃させる結果になっている。

 これまでにも「慧妙」は日顕や宗門当局の見解と異なる記事を度々、掲載して、宗内の坊主や法華講からも毛嫌いされてきた。その典型の一つが芸者写真に関する弁解だった。

「このような柄のハカマはお持ちになっていない、とだけ言っておく。それで充分であろう。これは首をすげ替えた合成写真なのである」とか「ブレとピンボケと鮮明が混在している」「はてさて、どんなカメラを使い、どんな撮影技術、どんな印刷技術を使えば、このような奇っ怪な写真ができあがるというのか」更に「こんな写真は絶対にできないぞ! それができるのは合成・偽造だけだ!」(平成5年1月15日付「慧妙」第一号)と偉そうに書いていた。

 だが、この「慧妙」の記事は真っ赤なウソで、実際は、ハカマは日顕が所有していたもので、首も胴体も日顕自身のものであったことが証明された(写真参照)。

 どんな誤報にも謝罪はしない。こんな「慧妙」は全体的には何一つ満足な反論ができないため、常に枝葉末節に固執して、愚にも付かない駄文を書き殴って虚勢を張る傾向が強い。

 先述の芸者写真は「日顕が芸者遊びをしたか、否か」というのが問題であった。

 それなのに、ハカマがどうの、首がこうの、と言い、写真がブレている等と言い張って、墓穴を掘った。

 今回の「河辺メモ」にしても「大御本尊偽物」発言とか先師を批判した事実が問題であるのに、人の癖字が、その日、その時によって変わるかのようなバカなことを書いていた。

f1197.jpg

 この他にも「慧妙」の間違い記事は数多い。その中から、幾つか代表的なものをあげる。

 極端な例は、宗門の法義研鑚委員会と正反対の意見を同時期に発表したことだ。

 「謗法者の御堂への参詣自体を禁じてはおられない」「戒壇の大御本尊が広布の時至るまで秘蔵の形をとり公開されていないのは、何も謗法者に拝ませてはならないから、という訳ではない」(「慧妙」平成五年十一月一日付)と述べていた。

 一方、法義研鑚委員会の見解は「大白法」(平成五年十一月十六日付)に掲載された。「一閻浮提総与の御本尊といっても邪宗邪義の輩に礼拝を許すわけがない。これは宗祖大聖人の御教示であり、宗門七百年の鉄則である」と、「慧妙」の邪見を一刀両断!

 また、日顕が父・日開の死に目に遭えなかった弁解、祖母の彦坂ぶんに関する作り話などだ。この「慧妙」を花野充道博士、細川明仁が非難したのは幾度も紹介した通りである。(終わり)

フェイク1197
関連記事
  1. 2011/04/29(金) 23:49:45|
  2. フェイク

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。