「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェイク 第1194号 (発行=11.04.24)

フェイク 第1194号 (発行=11.04.24)
妙法寺・佐久間法敬を現行犯逮捕
日蓮正宗の坊主に多い飲酒・酒気帯び運転
全国布教師の事件が宗門の堕落を象徴


日蓮正宗の妙法寺(福島県いわき市内)住職・佐久間法敬(六十一歳、写真)が去る二十二日午後六時四十五分頃、いわき市錦町釈迦堂の市道で、酒気帯び運転のため、福島県警いわき南署に現行犯逮捕された。佐久間は乗用車を運転し、丁字路交差点で自損事故を起こして酒気帯びが発覚した。「僧侶を逮捕」という驚きのニュースは二十三日付の福島民報などで報道された。

佐久間は現在、平僧としては最高位の大僧都で日蓮正宗の全国布教師でもある。

昭和三十二年に日顕の実父と噂されている高野日深の弟子として得度した佐久間は、昭和四十八年三月に訓導、同年十二月には講師になり、同五十年十一月に衛五坊住職に任じられたあと、法林寺、本円寺、遠信坊の各住職を経て、平成十一年十一月に左遷された西野玄正(平成十七年二月に死去)の後任として、現在の妙法寺に入った。

前任の西野玄正が左遷された理由は、不倫事件が露見したためであったが、当時、西野を哀れと感じた宗門関係者の中には、もっと質の悪い女性問題を起こした日顕をはじめ水島公正等の生臭坊主を厳しく処分すべきだ、との声があった。

イメージ 1

それにしても、宗門には交通事故を起こして逮捕される坊主が多く、まともに世間に顔向けできる宗教団体ではない。

なかでも、熊本・法観寺住職の山田雄勉が平成二十一年五月三十一日午後十時二十分頃、酒を飲んで車を運転して事故を起こし、酒気帯び運転で同県警八代署に現行犯逮捕されたことは記憶に新しい。

警察の調べによると、山田の運転する普通乗用車は、道路脇の電柱に激突し、その直後に反対車線から来た軽乗用車と衝突したという。

隣県の福岡で平成十八年、三人の児童が亡くなるという痛ましい事故が発生して以来、飲酒運転事故は社会問題として厳しく問われるようになった。そんな折、坊主が飲酒事故とは、許し難い事件であった。

この山田は住職クビになったが、当然だ。

なお、この山田の兄がイタリア・ローマで金髪女性との密会が発覚し、スペイン・妙昌寺住職をクビになった山田容済である。

また、平成九年七月には、深夜、牧野信開は富士宮市内のスナックで飲んだ後、大石寺に戻る途中、飲酒運転で悪質な「当て逃げ事件」を起こして警察に捕まり、留置されたことがあった。

その約半年前、石山寿恩(法修寺)が昼間から酒を飲んで車で暴走し、民家に突っ込む事故を起こしながら、警察が来る前に現場から遁走。目撃者によると、警察の現場検証には、身代わりが現れたという。

平成十年六月、当時は常泉寺に在勤していた須藤正伝が、大石寺近くの民家(法華講)に激突。須藤は免許証を不携帯のうえ、警官の尋問に「同期の阿部正教(日顕の孫)の家でビールと酒を飲んだ」と自白した。

更に、平成四年には所化三人がバイクを盗んで無免許運転。重傷を負った事件など、大小の事件、不祥事は数えたらきりがない。

f1194
関連記事
  1. 2011/04/24(日) 23:52:40|
  2. フェイク

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。