「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

越 洋 平成23年4月2日

越 洋 平成23年4月2日

 ――闇が深ければ深いほど暁は近い――この度の東日本大震災で、被災され
ました方々に衷心よりお見舞い申し上げます。一刻も早い復興を心よりご祈念
申し上げます。日が経つにつれ、その被害の大きさが明らかになっている。地
震・津波・原発の三重苦の中、未曾有の国難がおそっている。今回の被害を見
たある僧が"まるで戦後の焼け野原の東京を思い出す。しかし、あの焼け野原
の中、出獄した戸田会長が、ただ一人広布の道を開いてくれた"と語っていた。

 昭和33年4月2日、戸田会長がご逝去なされて、今年で53年を数える。出獄後、
戦後の焼け野原に一人立ち戸田会長の胸中にあったものは何だったのか。『人
間革命』の第一巻の黎明の章に次のようにある。「彼は、胸のなかに白熱の光
りを放って、あかあかと燃えあがる炎を感じた。それは、なにものも消すこと
のできない、灯であった。いうなれば、彼の意志をこえていた。広宣流布達成
への、永遠に消えざる黎明の灯は、まさにこの時、戸田城聖の心中に点された
のである」と。

昭和二十六年の五月三日、第二代会長に就任するや75万世帯の大折伏の遂
行を宣言された。当時、学会員はわずか三千人。二百五十倍の「拡大」という
大目標を聞き、誰もが驚愕し、耳を疑った。しかし七年足らずにして、すべて
の目標を成就された。戸田会長のご逝去から一ヶ月後、65世日淳上人は、こ
の「七十五万世帯」の甚深の意義について、「その(地涌の菩薩の)方々を会
長先生が末法に先達になって呼び出されたのが創価学会であろうと思います。

即ち妙法蓮華経の五字七字を七十五万として地上へ呼び出したのが会長先生
だと思います」と講演された。七十五万世帯達成も、陰に陽に池田名誉会長の
死身弘法の闘争があったればこそであり、池田名誉会長自ら世界54カ国を命
を削り回られ、大聖人の御遺命通り192カ国地域まで世界広布を拡大したこと
は周知の事実である。

今回の大震災にあっても、地涌の同志は決然と立ち上がり自らが被災しなが
らも、同志の励ましへと奮闘している。192カ国地域の全世界の同志が一日も
早い復興を祈念している。どこにこれだけの尊き異体同心の絆があろうか。

それに比べ、宗門では唯一の機関誌である「大白法」の3月16日付には犠
牲者を悼む記事すら載せていないのである。11日の大震災後の4日後の15
日には、大石寺の近くを震源とする震度6強の地震も起こった。周辺の墓地で
は多くの墓石が倒れ、道路に亀裂が入ったり、石垣が崩れるなどの被害が確認
されている。

こうした状況下、3月26・27日に法華講春季総登山会の開催を強行した。
本山周辺では今も余震が続いている、「こんな時期に全国から人を集めるのか」
と不満の声があがっていた。供養ほしさの無謀な人集めである。因みに御開扉
料6千万の収入だそうだ。震災後の対応1つとっても無慈悲過ぎる宗門なので
ある。

関連記事
  1. 2011/04/02(土) 23:38:48|
  2. 越洋

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。