「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

越 洋 平成22年12月27日

越 洋 平成22年12月27日

あの年末の聖教新聞が休刊日になるのを狙って平成2年12月27日、日顕
が突然、一方的に池田名誉会長を総講頭罷免してから、今日で丸20年を迎え
る。宗門事件が起こった直後にある著名な学者が、次のような言葉を寄せた。

「宗門と学会の諸問題が、両者の対立という形で報道されているようだが、こ
れは正しい見方とはいえない。世界的な民主化の潮流が押し寄せる90年代に
あって、むしろ、避(さ)けては通れない"関門"ととらえるべきであろう。

いわば、90年代という歴史的転換点において、宗教の本来あるべき姿が問
われているのである。」と。まさに90年代、民主化への、大衆の飽くなき欲
求が、ソ連・東欧をはじめとする世界の劇的な変化へと繋がっていった。民衆
の精神的パワーが、ベルリンの壁の崩壊へ、ソ連のクーデターに対する民衆の
勝利へという流れを創っていった。そうした趨勢に、まさに符合するかのよう
に"宗門事件"が勃発したのである。C作戦のシナリオ通りの策謀だった。今で
は全てが明らかだ。

宗門事件発動のこの日は、ちょうど師走から正月にかけて最も人々が楽しい
はずの時に、宗門は学会員を驚かし、脅かし、苦しめた。この暴挙は、人を苦
しめることを喜びとする、宗門の体質を浮き彫りにした事件であった。その手
口は、ペレストロイカ(改革)とグラスノスチ(情報公開)などの大改革を断
行したゴルバチョフ大統領を幽閉(ゆうへい)したクーデター事件と、その構
造において酷似(こくじ)している。結局、腐敗した権力者(聖職者)が、民
主化を推し進める民衆(在家)を権力で切り捨てたようなものである。

大聖人は、佐渡で次のように仰せである。「既(すで)に法華経の為(ため
)に御勘気(ごかんき)を蒙(こうむ)れば幸(さいわい)の中の幸なり瓦礫
(がりゃく)を以(もっ)て金銀に易(か)ゆるとは是(これ)なり」(御書
1371)-すでに法華経のために御勘気(権力による、とがめ)をこうむっ
たことは、幸いの中の幸いである。瓦(かわら)や石ころを金銀にかえるとは、
このことであるーと仰せである。難を受けるという事は、「幸(さいわい)の
中の幸」である。大聖人の御心は、難と戦い乗り越えてきた今日の学会の中に
あることは疑いない。大聖人の仏法の正義を守り、御遺命である一閻浮提広令
流布を、世界192カ国地域への妙法流布という事実の上に実証を示した創価
学会には誰人も文句を言えまい。時代に逆行する日顕宗は大謗法宗だ。

越洋 平成22年12月27日
関連記事
  1. 2010/12/27(月) 22:37:20|
  2. 越洋

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。