「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

短信 第615号

短信 第615号 平成28年1月28日(木)
日顕宗の動き

1、締めつけの「布教区別僧俗指導会」に悲鳴

 布教区ごとに開催されている「法華講員80万人体勢構築推進僧俗指導会」。
折伏推進委員が登壇した後、法華講の代表と支院長が決意を発表させられて一
旦終了。続いて、昨年の未達成住職が残されて、折伏推進委員から反省を促さ
れるのだとか。

 末寺住職たちは、この折伏推進委員に不信を抱き、軽蔑している。寺に押し
かけ信者の前で住職を恫喝した挙げ句、結果が出なければ支院長と住職に責任
を押しつけて知らん顔の推進委員たち。

 自分たちの寺では、実態の無い"泡"のごとき折伏成果を報告して取り澄まし
ているのである。

 昨年より末寺の年間折伏目標は一律「信者数の10%」とされ、本年からは前
年の未達成分が年間目標に上乗せされることになった。それもこれも、平成33
年までの命題である「法華講80万」に対する、法主・日如自身の焦りの表れに
ほかならない。

 新年早々、登山してきた法華講の代表に、「魔がいかに強くても、絶対に仏
様に勝てないということを、我々はしっかりと確信することが大事」と激を飛
ばしていた日如だが、宗内に大混乱をもたらした最大の「魔」は日如自身であ
る。

2、法華講員の心境に変化

 今さらながら、日顕宗の理不尽さを思い知らされている講員が増えている。
ある男性活動家は「中身の無い折伏成果を報告するのがつらい。お寺に行きた
くない」と。高齢の婦人講員は「登山の割り当てが多くて、お金も体力ももた
ない」と。末寺の講頭など、幹部になればなるほど嫌気がさしている者が多い
という。

 日顕宗では本年暮れに、平成33年の「大聖人御聖誕800年」を口実にした特
別供養の取り立てが行われ、折伏や登山の締めつけも苛烈を極めていくことが
予想される。

 3月には「3万人」の結集目標を掲げた春季登山会も予定されている。粘り強
い慈悲の対話で法華講の救済を進めてまいりたい。

3、2月の予定

 3日(水) 節分会(本山)
 7日(日) 興師会(本山)
14日(日) 御講(末寺)
16日(火) 宗祖日蓮大聖人御誕生会(本山)
関連記事
  1. 2016/01/28(木) 23:03:26|
  2. 短信

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。