「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

短信 第593号

短信 第593号  平成27年1月29日(木)
日 顕 宗 の 動 き

1.3月の"強制登山"の概要が明らかに

本年3月の「日興上人御生誕770年」の記念登山の概要が明らかになった。
22日から31日までの10日間、1日5千人、計5万人を登山させるという。
法華講は毎年の春季総登山に目標の3万人すら結集できないのだから、10日
間に分けるとはいえ、5万人を集めることは容易なことではない。働いている
信者にとっては、年度末の多忙な時期でもある。この記念登山に加えて、末寺
ごとに割り当てられた支部登山の年間ノルマものし掛かってくるのだから、法
華講の活動家は悲鳴をあげたくなることだろう。

日顕宗機関誌「妙教」(昨年10月号)の「座談会」記事の中で、秋田布教区
の僧俗が登山の大変さを吐露(とろ)していた。「遠隔地なので経済的な障壁(
しょうへき)もあり、列車での登山では、高齢者にはホームの階段を昇降する
だけでも苦痛です」(副登山部長)「所要時間が長いので、バスに乗っている
だけでも体力を消耗(しょうもう)します。一人で二座席を確保しないと体力的
にも厳しいですね」(副支院長)「掲示板に『一回目の登山はだれが行って、
だれが行っていない』と、具体的に、皆が判(わか)るように張り出しています」
(能信寺住職)「登山に『行く人』というよりも『行ける人』が、ほぼ固定化
しています」(大徳寺住職)。機関誌ですら、ここまで内情をさらす始末。実
際はもっと悲惨な状況になっているはずだ。

歓喜などわくはずがない日顕宗の"強制登山"。登山した法華講員の疲労困ぱい
した顔と、彼らとの記念撮影にのぞむ日如の"ほくほく顔"が、あまりにも対照
的である。

2.住職人事

覚(かく)仁(にん)寺(大阪・守口市)住職、早川勤道が21日に死亡(享年8
4)し、後任に調(ちょう)御(ご)寺(大阪・東大阪市)の堀江正行(70歳)
が入る。調御寺には興妙寺(大阪・八尾市)の長野経道(72歳)が、興妙寺
には究竟寺(岡山・津山市)の野木廣勉(67歳)が、究竟寺には園林寺(岡
山・高梁市)の野村正啓(43歳)が、園(おん)林(りん)寺には本山・大坊か
ら野木法直(32歳)が、それぞれ住職として入る。

また、法勤寺(群馬・安中市)住職の岸本恭済(65歳)が隠居することにな
り、後任に本山・大坊の安藤法徹(31歳)が入ることになった。

3.2月の予定

1日(日) 広布唱題会(本山、末寺)
3日(火) 節分会(本山)
7日(土) 興師会(本山)
8日(日) 御講(末寺)
16日(月) 宗祖大聖人御誕生会(本山)
関連記事
  1. 2015/01/29(木) 23:40:15|
  2. 短信

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。