「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェイク 第1181号(発行=11.03.01)

フェイク 第1181号(発行=11.03.01)
参加者は激減、登壇者は無理難題
凋落の宗門を象徴する法華講の地方部総会
供養・折伏・登山の強要に講員は辟易


 日顕宗・法華講の地方部総会が各地で始まった。法華講連合会関係者の話に
よると、各会場とも参加予定数を大幅に下回っているということである。その
うえ、体験発表も病気で苦しみ、折伏で悩む等の内容が多く、各登壇者は供養
・折伏・登山を強要する話ばかりで、信心の歓喜もなく、意気消沈の会合にな
っている。

 例えば、結集では愛知東地方部は二年前まで千人を超え、千五百人という年
もあったが、今回は僅か三百七十人。福岡東地方部も以前は千人近い参加者数
だったが、今年は六百三十人。栃木地方部は以前、六百人を超えていたが、今
年は五百人そこそこ。このように減少に歯止めが効かず、各会場とも凋落する
宗門を象徴する悲惨な総会である。

 二月二十七日の高槻市野見町「高槻現代劇場大ホール」での大阪北地方部総
会も結集目標を大幅に割り込んだ。同地方部の関係者は「大阪北布教区の寺に
は合計三千人以上の法華講員がいる」等と豪語していたが、実際に集まったの
は三分の一にも満たない九百六十三人にすぎなかった。これが法華講の実態で、
来年は更に減少するだろう。

 同地方部総会では鼓笛隊演奏のあと、布教講演のために来ていた東京都江戸
川区の白蓮院・夏井育道、及び大阪北布教区に所属する寺の坊主共を紹介して
いたが、相変わらず信徒を見下す傲慢な顔触れだった。

 体験は本説寺と調御寺の法華講員二人が発表。このうち調御寺の男性講員は
平成十六年十二月に脱会した後、奇病で苦しみ抜いた体験を語っていた。

 同二十年十二月、肩から背中にかけて激痛が走り、右肩に牛乳瓶ほどの大きな
腫瘍(医学的には肉腫)ができて、医者からは「厄介な病気」と告げられたとい
う。

 長期にわたって入退院を繰り返し、治療を終えて完治したかと思っても再発。
そして登山した時に法華講の先輩から「死ぬか、生きるかは御本尊様が決める
ことだ」と激励(?)されたという要旨の体験だった。

夏井育道の講演は支離滅裂

 同地方部の副部長による講員数増加などの無謀な活動方針の発表に続いて、
連合会総務部長・星野浩一郎が登壇。大阪北地方部は全支部が折伏を達成でき
なかったこと、結束していないために不満や陰口が出てくること、その軟弱な
姿が前進を阻み、功徳を奪っていくこと、等々について語っていた。

 祝辞に立った大阪北布教区支院長の柳坂幹道は、前地方部長の茂山が死に、
新たに井原地方部長が就任して初めての総会だと述べたあと「御遺命達成に向
けての支部誓願を成就してこそ仏になる」と力説していた。

 だが、目標を大きく下方修正しない限り、誓願を成就できる地方部、支部は
ない。だから法華講では「仏になれない」ことになる。

 新任の大阪北地方部長の井原は折伏・登山・供養の三点が日如の指導だと強
調して「折伏作戦会議」を着実に開催していくよう述べて、願いを叶えていこ
うと呼び掛けていた。

 この後、全国布教師の夏井育道が新興宗教系、仏教系、キリスト教系の信者
数を対比しながら講演したが、支離滅裂のため省略する。

関連記事
  1. 2011/03/01(火) 23:14:02|
  2. フェイク

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (168)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。