「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

短信 第583号

短信 第583号  平成26年8月14日(木)
日 顕 宗 の 動 き

1.宗内に激震--茨城・光(こう)顕(けん)寺が離脱

 茨城・日立市の光顕寺が日顕宗から離脱した。先月、住職の川田恭顕(72
歳)が寺の3人の総代に離脱の意思を表明したところ、全総代が賛同したとい
う。以前より住職・川田は、何度も宗務院に呼びつけられては、寺の運営内容
について追及されていた模様。

 かつて副支院長という要職にもあった川田は、法華講員に宛(あ)てた文書に
次のように綴(つづ)っている。「昨今の宗門の体制は、すべてにおいて割当(
わりあて)があり、講員の皆さんがのびのびと信心できる状態とは到底いえる
状況ではありません」「今の宗門は変わるべき時期に来ているのではないかと
思うのであります」。これはまさに、折伏や登山のノルマで末寺を締め上げる
日如執行部への住職と信者による反乱であり、近年稀(まれ)に見る事態である
と言えよう。

 一方、甲信布教区前支院長で長野・松本市の本立(ほんりゅう)寺住職を務め
ていた瀬戸義恭(72歳)も、宗務院に何度も査(さ)問(もん)された挙げ句、
先月、住職を辞めて寺を出て行ったという。瀬戸は現在、親族の家に身を寄せ
ており、周囲に宗務院への不満を漏(も)らしているという。

 川田や瀬戸のように、やりたい放題の日如執行部に嫌(いや)気(け)がさして
離脱や隠居を画策(かくさく)している住職は少なくないと見られており、今後
の成り行きが注目される。


2.「折伏一色」の異様な中・高等部大会

 先月26・27日、大石寺で「第3回法華講中等部・高等部大会」が開かれ
た。席上、4人の中・高生が体験発表を行い、法華講幹部が挨拶(あいさつ)し
たが、すべて「折伏」の話ばかり。法主・日如も参加者に対し、"死(し)身(し
ん)弘(ぐ)法(ほう)の精神で折伏に励みなさい""身近な人をはじめ、一人でも
多くの人を折伏しなさい"と煽(あお)っていた。本来、中・高生は学業やスポ
ーツに勤(いそ)しむべき年代だが、登壇者からは一切そのような話はなく、会
合は異様そのものの内容だった。

 相変わらず日顕宗の折伏は停滞しており、文字通り"中・高生の手も借りた
い"というのが実情。7月末現在、本年の折伏目標を達成した寺は「71」で、
昨年の同時期は「112」だったことからも分かるように、折伏の進捗(しん
ちょく)スピードは格段に鈍(にぶ)ってきている。危機感を募(つの)らせる日
顕宗執行部は各末寺に、2週間に一度の折伏の「中間報告書」の提出を命じて
おり、末寺はこれまで以上に中身の無い水増し成果の報告に駆り立てられてい
る状況である。

 折伏の水増し成果を報告すればするほど、登山ノルマも増えていく。法華講
員はこれまで以上に、一人が何回も登山させられることになるわけだが、早晩
(そうばん)、中・高生や小学生も"登山要員"として駆り出される日がやってく
ることだろう。

短信583
関連記事
  1. 2014/08/14(木) 23:58:10|
  2. 短信

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。