「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

短信 第579号

短信 第579号  平成26年6月12日(木)
日 顕 宗 の 動 き

1.今度は「三門」「五重塔」――またまた始まる大収奪(だいしゅうだつ)

日顕宗の平成33年の「大聖人御聖誕(せいたん)800年」の記念事業として、
本山の三門(さんもん)の改修や五重塔(ごじゅうのとう)の修復が行われること
が発表された。今、末寺坊主や信者の間に不安と動揺が広がっている。なぜな
ら、平成21年の「立正安国論750年」の折の日顕宗執行部による"やりた
い放題"がトラウマになっているからだ。

「立正安国論750年」の記念事業の柱は御影堂(みえいどう)の改修だったが、
工程変更を理由に、当初約30億円だった予算が約40億円に増えた。同様に
塔中坊(たっちゅうぼう)の建て替え計画も10カ坊から18カ坊に増え、さら
に周辺道路の整備工事も追加されて、60億円あまりだった予算が100億円
近くまで一気にふくれあがった。自ずと末寺坊主や信者に課せられる供養の額
も跳(は)ね上がり、計3回で終わる予定だった「特別供養」は4回目が追加さ
れ、坊主や信者から怒りと不満の声が噴(ふ)き上がったことは記憶に新しい。

今回、末寺に宛てた文書は、「御聖誕800年」の記念事業に向けて、前回の
ような「特別供養」を行うことを匂わせている。また文書には、「三門」や「
五重塔」のほかに「諸堂宇(しょどうう)の修復」も併記されており、前回同様、
次から次へと修復対象の建物が増えていくことが予想される。

信者の多くが過酷な登山ノルマの押しつけで経済的に疲(ひ)弊(へい)している。
末寺坊主も本山に供養を吸い上げられるばかりで、寺の維持費や日々の生活費
に事欠いている。しかし、そんなことはお構いなし。非情な日如執行部は新た
な「大収奪の7年」の幕を平然と切って落としたのである。


2.強まる折伏の締め付け

日顕宗の5月末時点の本年の折伏目標達成寺院の数が判明した。その数は「3
1」。昨年同時期は「57」だった。4月末は「22」で昨年は「39」だっ
たから、進捗(しんちょく)スピードは明らかに鈍(にぶ)ってきているといえる。

ここにきて登山や毎月の御(お)講(こう)への参加人数のチェックが厳しくなっ
たこともあり、各末寺は折伏数の水増し報告に二の足を踏むようになっている
が、達成寺院の数が伸びないのはそういった要因も考えられよう。

各末寺における「(平成21年時点の信者数の)50%増」の期限は来年3月
に迫っており、締め付けはますます厳しくなっている。各地で、坊主や法華講
員が脱講した人を引き戻そうと押しかけてきたり、高齢で独り暮らしの学会員
宅に上がり込んで御本尊を持ち去るケースも散見(さんけん)される。引き続き
注意を呼び掛けていきたい。

短信579
関連記事
  1. 2014/06/12(木) 23:57:42|
  2. 短信

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。