「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェイク 第1442号

フェイク 第1442号(発行=14.03.13)
日顕の「中啓ミサイル」は体罰だ
朝日の報道「仏教界の暴力事件」に思う ①
殴るのが指導、殴られるのは修行?


朝日新聞(三月十二日付)に「仏教界に相次ぐ暴力事件」「意識改革を徹底、
当惑の声も」という興味深い記事が掲載されている。それによると、①曹洞宗
の岩手県内の寺で修行僧に暴力を振るった僧に昨年九月、有罪判決が下った、
②香川県にある真言宗善通寺派の四十代の僧も昨年十一月に傷害容疑で書類送
検され、年末に罰金刑になった、等の暴行事件の具体例が報じられている。

 ところが、静岡県富士宮市に本山がある日蓮正宗の暴行事件は紹介されてい
ない。日蓮正宗が弱小教団のため、朝日新聞も見落としたのだろうが、ニセ法
主の阿部日顕、息子の信彰らの暴力行為は朝日新聞が報じている曹洞宗や真言
宗の比ではない。

複数の改革僧が「日蓮正宗内での暴力行為は、もっと激しく陰湿で、しかも
日常的に繰り返されている」と告白している。

柔道界や大相撲など格闘技の世界でさえも暴力行為が「行き過ぎた指導」と
して問題になったことは記憶に新しいが、仏道修行に暴力を持ち込むとは筋違
いも甚だしい。

特に、日顕は大石寺の第六十二世・日恭の五十回忌(平成六年六月十六日)
で「言う事を聞かない奴は、この〝中啓ミサイル〟だ」と公言した。

中啓とは、扇をたたんだ状態で、中程から末広がりに啓(ひら)いて作られ
ている。実際に自分で試してみたが、手加減しても相当に痛い。日顕のように
力任せに炸裂させると、これは明らかに「体罰」である。

学校の教師が生徒に体罰を加えて懲戒処分された例は多いが、日顕を訴える
所化はいないから、殴りたい放題なのである。

ニセとはいっても、一応、宗内の坊主、信徒らが〝法主〟として信伏随従す
る。この日顕が先月も所化に体罰を加えたことは、本紙第一四三五号(二月六
日付)で紹介した通りである。

日顕は所化への暴行を奨励、耐えるのが仏道修行、と勘違い

日顕は「盗座」後、所化への暴行を奨励し、それ以来、暴力を振るうのが指
導で、それに耐えるのが修行という考え方が定着した。

平成三年八月、本教寺の佐藤慈暢(現・大石寺主任理事)に理由もなく殴られ
て大石寺大坊に避難してきた橋本雄正氏(現・改革同盟)は病院で頭部打撲、
眼球打撲、左側外傷性鼓膜穿孔と診断された。

その橋本氏に対して日顕が内事部で「酷いことだな。しかし、これも修行だ
からな。我慢しろ」と薄ら笑いを浮かべていた。

橋本氏は裁判に訴えて、佐藤が暴行の事実を認めて慰謝料を支払ったが、こ
れらの暴行事件は氷山の一角に過ぎない。

阿部信彰は平成二十年十一月、里内信徳(当時は北海道の得成寺住職)を大
石寺に呼びつけて吊し上げ、激高して蹴り上げた机が里内に当たり「左膝打撲、
内出血、左膝蓋骨骨挫傷で約一カ月の安静、加療を要する」との診断が下され
た。

被害者の里内が「住職罷免、擯斥」という重科を負わされたのに対して、加
害者の信彰は「厳重注意、十日間の職務停止」という軽い処分だった。(つづ
く)
関連記事
  1. 2014/03/13(木) 23:16:08|
  2. フェイク

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。