「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

短信 第574号

短信 第574号  平成26年3月27日(木)
日 顕 宗 の 動 き

1.「中高生合宿」のスタッフ集めが難航

7月26・27の両日、大石寺で行われる「第3回法華講中等部・高等部合
宿」の青年部スタッフが集まらず、日顕宗執行部が苦慮している。今年に入っ
て各末寺にスタッフの推薦を依頼したものの、所定の人数が集まらず、先日、
「再度のお願い」と題する文書を末寺に送り、スタッフの推薦を促した。文書
によると46名もの欠員が出ているという。

法華講員の高齢化に危機感を抱く日顕宗執行部は、一昨年夏から若い世代の育
成を目論んで中等部・高等部の合宿登山を始めたものの、毎回、参加者数は目
標を大きく割り込み、青年部スタッフの担い手にも事欠いている。

あたかも折伏が進んで、信者が増えているかのごとく喧伝している日顕宗だが、
これが悲しい現実なのである。


2.松岡幹夫氏が『平和をつくる宗教』を発刊

 東日本国際大学東洋思想研究所所長、東洋哲学研究所研究員でもある、青年
僧侶改革同盟の松岡幹夫氏が新著『平和をつくる宗教――日蓮仏法と創価学会』
を発刊した。

 同書は「第1章 日蓮仏法は好戦的にあらず」で学会の反戦思想史に触れた後、
「第2章 日蓮にみる反戦平和の思想と実践」「第3章 牧口常三郎の戦争観
とその実践的展開」「第4章 戸田城聖の『見えない反戦』」「第5章 池田
大作の平和アプローチ」と展開。最後の「第6章 創価学会の平和主義とは何
か」では、智慧の倫理に基づく創価学会の平和主義には、①「戦争防止主義」

②「暴力の平和化」③「慈悲の政治の確立」という3つの原則があり、しかも
それは"自分の手で戦争の運命を変えられると信じる日蓮仏法者"ゆえの「自在
な絶対平和主義」であると述べている。仏教的な反戦思想の本質に迫る画期的
良書といえよう。(第三文明社/1,300円<税別>)


3.4月の予定
6日(日) 虫払法要(本山、~7日)
  13日(日) 御講(末寺)
  28日(月) 立宗会(本山)

短信574
関連記事
  1. 2014/03/27(木) 23:36:01|
  2. 短信

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。