「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

短信 第573号

短信 第573号  平成26年3月13日(木)
日 顕 宗 の 動 き

1.折伏の退潮ムードが顕著
今年の折伏目標を2月末の時点で達成している寺院が発表になった。その数
は「5」。昨年同時期は「15」、一昨年は「9」だった。

 平成21年夏に法主の日如が「平成27年までに信者を50%増」「平成33
年までに80万構築」なる目標を打ち出してからというもの、日顕宗の各末寺
は毎年、折伏成果の計上に苦しみ、いい加減な数を報告してその場をしのいで
きた。

しかし、最初の目標である「平成27年(までに信者を50%増)」まで残り
1年を切った今、各末寺からは「もう限界だ」との悲鳴があがっている。焦(
あせ)りを募らせる日顕宗執行部は、末寺に「街頭折伏」なるものを盛んに勧(
すす)めているが、その繁華街の強引な客引きのごとき勧誘行為が世間の顰蹙(
ひんしゅく)を買わないはずがない。

 このような状況下、すっかり嫌(いや)気(け)がさして、寺に足を運ばなくなっ
ている信者が増えている。今こそ、法華講救済の取り組みに力を入れてまいり
たい。


2.「3.11」を忘れた日顕宗

 東日本大震災の発生から3年を迎えた11日。各地で「3.11」の記憶を
風化させてはならないと、被災地の復興を願う集いが開催された。

 日顕宗ではどうだったか。犠牲者を追善(ついぜん)する法要等を行ったとの話
は伝わってこない。

震災後、法主の日如や前法主の日顕は被災地を訪れることはなかった。日顕に
至っては震災の3カ月後、栃木県の高級温泉旅館に泊まって豪遊した後、原発
事故に苦しむ隣の福島県に背を向けてそそくさと帰っていった。

「一切衆生の救済の為」などともっともらしいご託(たく)を並べて折伏を煽(
あお)る日顕宗だが、坊主たちは「人々の幸福」など考えていない。考えてい
ることは「いかにして供養を持ってくる人々を増やすか」である。

「C作戦」発動直後、日顕が言い放ったこの言葉。"(信者たちが)信心が嫌
になろうが、そんなことは関係ない"。ここに日顕宗の冷酷な本質が表れてい
る。

短信573
関連記事
  1. 2014/03/13(木) 23:33:16|
  2. 短信

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。