「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェイク 第1432号

フェイク 第1432号(発行=14.01.07)
今年も減った日顕宗の参拝者
低調な新年行事で "折伏詐欺 "が浮き彫り
日顕が目通りで長話、遅れた御開扉


日顕宗の初登山の日程が変更になり、これまで法華講員の初登山は三日と四
日に行われてきたが、今年からは二日と三日になった。

その結果、とばっちりを受けたのは末寺であった。昨年までは元日に引き続
いて二日にも新年勤行会を実施してきた末寺が全体の約半数近くあったが、今
年は二日には開催できなかった寺が多く、講員から供養を巻き上げるチャンス
を失った末寺坊主は「実入りが減った」と嘆いていた。

全国の末寺五百八十七ケ寺のうち、昨年の折伏ノルマを達成できなかったの
は十二ケ寺のみで、他の寺は一応、完遂したということになっている。

それならば四万人前後も信徒が増加している筈だが、元日の勤行会に集まっ
た法華講員数は昨年に比べて増えていない。寺によっては微増の所もあるが、
全体的には減少している。

つまり、増えていない勤行会の参加者数からすると、各末寺とも帳尻合わせ
の成果で誤魔化し、実態の伴わない折伏成果であることが浮き彫りになるから
面白い。

折伏のノルマに追われて数合わせのインチキ勧誘に狂奔したのは村上節道の
本行寺(東京・墨田区)だけではないということだ。

佐賀県武雄市・深遠寺の役野純道は廃止になっている「直属信徒」と称する
水増し成果を講頭から指弾され、兵庫布教区では折伏成果の貸し借りが発覚し
たが、これらの不正は氷山の一角に過ぎないことが分かる。

日如や布教部長の阿部信彰が無謀な折伏の檄を飛ばし続ける限り、日顕宗で
は〝折伏詐欺〟が横行して幽霊講員を増産するだろう。

本山大石寺での元朝勤行の参加者も昨年並みで、身延派の久遠寺、池上本門
寺、中山法華経寺などに比べても桁違いに少ない。

こんな大石寺での一連の低調な新年の行事に隠居した日顕が虚ろな眼差しで、
背中が曲がり、覚束ない足取りで、しぶとく顔を出していた。

日如と日顕の勢力争いが激化の雲行き!

なかでも四日の坊主・寺族の初登山では午前九時からの目通りの際、己の存
在を誇示しようと下手の長話で、日如よりも長々と話をしていた。そのため御
開扉の開始が定刻よりも遅れて、参拝者に迷惑をかける結果になった。

宗門の関係者によると、この日顕の話は、意図的に長く引き伸ばしたという
ことのようだ。それは日如の後釜に出来の悪い息子の信彰を据えたい腹積もり
の日顕が〝日如よりも俺の方が中心者だ〟という素振りを見せていたことから
窺い知ることができたという。

日如にすれば自分の後任には海外部長の漆畑行雄あたりを考えているような
ので、今後は日顕・信彰×日如・漆畑の勢力争いが激しくなるのではなかろう
か、と見る向きもある。

 日如の話は相も変わらず、折伏の号令をかけるばかりで、平成二十一年から
始めた「法華講員五十%増」の達成の期限を来年の平成二十七年三月八日の日
興上人の誕生日であると明言していた。

この講員五十%増も帳尻合わせのデタラメな数字で、お茶を濁すことになる
のは目に見えている。

フェイク1432
関連記事
  1. 2014/01/07(火) 23:02:58|
  2. フェイク

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。