「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

短信 第569号

短信 第569号  平成26年1月9日(木)
日 顕 宗 の 動 き

1.「上げ潮はウソ」を物語る新年勤行会

本年の新年勤行会の参加者は、各地とも前年に比べて微減か横ばいだった。
今年の新春は天候や気温に恵(めぐ)まれた地域が多かった。また、日顕宗の発
表によれば、折伏によって年間4万人前後が増えていることになる。であれば、
新年勤行会の参加者が増える要因はそろっていたはずだった。しかし現実は冒
頭の通りである。ふだんは寺に来ない信者も参加することが多い新年勤行会の、
この体(てい)たらくぶりこそが真実なのである。

 日顕宗では、「(平成21年時点の信者数の)50%増」の期限である平成
27年まで残り1年と迫った本年を、「折伏貫徹の年」と称しているが、末寺
を煽(あお)って帳尻を合わせたところで、またまた明年の新年勤行会が真実を
物語ってくれることだろう。

2.正副支院長が続々と折伏目標未達成

 14支部が目標未達成に終わった昨年の日顕宗の折伏。注目すべきは未達成
の14支部中8支部が、支院長、副支院長、あるいは支院長経験者の寺だった
ことである。
 「全支部達成が当然」の雰囲気の中で、是が非でも達成すべき立場の坊主た
ちが、帳尻合わせに手を染めず、正直に「未達成」の屈辱を選んだことは興味
深い。

 折伏成果をあげればあげるほど増える登山ノルマ。登山のたびに信者からの
供養は本山に吸い上げられ、末寺への実入りは減るばかり。この厳しい現実に
末寺住職たちはウンザリしているという。

 今回の支院長・副支院長クラスの「未達成」は、全国の末寺住職たちの思い
を代弁したものであり、「本山中心主義」を振りかざして末寺を苦しめる日如
執行部への"静かな抵抗"と見る向きもある。

短信569
関連記事
  1. 2014/01/09(木) 23:59:32|
  2. 短信

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。