「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェイク 第1419号

フェイク 第1419号(発行=13.11.04)

「暴行即信心修業」の狂った僧道
日蓮正宗の坊主による暴力事件特集 ③
殴られ負傷した青年僧に日顕が「修行だ」と放言


凶暴な日顕は、御開扉の際にも法要の席でも坊主たちを怒鳴り付け、殴り倒
す。日顕が子供の頃に〝子守り役〟をしていた日開の弟子の金沢法頂(奈良・
寧楽寺の住職、故人)は、日顕が猊座を盗み取った時、ある人に次のように語
っていた。

「アレ(日顕)が猊下になったら心配だな。あれは気が短くてダメなんだよな。
すぐ怒りよる」と顔を曇らせ、「私はアレの子守番をしていたが、気が短いう
え、我がままで困ったんだ。その頃から瞬間湯沸かし器で、すぐカッとなる。
どうしようもない子供だった」 

この日顕の異常な性格は〝三つ子の魂百まで〟と言われている通り、信心修
行などは何一つしていないため、今も変わっていない。

日顕が上野村の小学校に通っていた頃、女の子の家に上がり込んで、押入れ
の中に身を潜めていた少女を引きずり出して、したたかに殴ったことがあった。

この日顕がニセ法主になると教師の所化に対する暴行を奨励し、暴力が修行
という考え方が定着した。

平成三年八月、本教寺の佐藤慈暢(現・大石寺主任理事)に理由もなく殴られ
て大石寺大坊に避難してきた橋本雄正氏(現・改革同盟)に対して、日顕が内
事部で「酷いことだな。しかし、これも修行だからな。我慢しろ」と、ヘラヘ
ラと薄ら笑いを浮かべていた。

橋本氏は次のように述懐する。「本教寺に在勤する時に前任者から『住職は
酷い人だ。暴力が常軌を逸している。奥さんも酷い』とか『住職が一升瓶を振
り回して追いかけてきた』と聞いていましたので、覚悟して赴任しました。

住職から中啓で叩かれたこともありますし、ある時なんか左顔面を中心に拳
骨で数十発前後の殴打を受けました。また蹴り上げられたり、平気で私の頭を
ガツンと踏みつけるという常軌を逸したこともありました。

大石寺に避難するキッカケになったのは些細なことで奥さんと意見の食い違
いがあったことです。住職が暴力を振るってきて拳骨で思い切り私の顔面、頭
をぶん殴ってきました。腹部や太腿も蹴られました」

暴行を受けた橋本氏は病院で頭部打撲、眼球打撲、左側外傷性鼓膜穿孔と診
断された。負傷させて平然と修行という。この〝暴行即信心修行〟が日顕の僧
道なのである。

橋本氏は裁判に訴え、佐藤が暴行の事実を認めて慰謝料を支払った。

関連記事
  1. 2013/11/04(月) 23:46:10|
  2. フェイク

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。