「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェイク 第1421号

フェイク 第1421号(発行=13.11.06)

浅井昭衛こそ第六天の魔王だ
大失敗だった邪教・顕正会の女子部大会 ㊦
国立戒壇は国柱会・田中智学の造語


 顕正会が女子部大会を開いた四日の天気予報は晴で、午前中は曇り空だった。
そのため傘を持っていない参加者が多かったが、開会と同時にポツリ、ポツリ
と雨が降り始め、狂祖の浅井昭衛が話し始めた途端、土砂降りになり、下手な
話が終わりに近づいた頃、さいたま市に「大雨警報」が発令されて、諸天が怒
っていることが伺えた。

 諸天が起こった浅井の話は、国立戒壇を捨てた学会は第六天の魔王だという
愚にもつかない批判であった。ここで浅井の戯言を明快に一刀両断する。

 国立戒壇とは国柱会・田中智学の造語であり、御書にはない。智学は日本の
国体と仏法が一致するという邪義を考え、その見地から国立戒壇を提唱した。
この用語は、もともと日蓮仏法を歪曲するものだ。

 宗門は戦前、国家権力に迎合しようと智学の国立戒壇論を取り入れた。学会
は外護団体として宗門の国立戒壇論に従ってきたが、戸田会長は明確に国教化
を否定していた。つまり、国柱会や宗門と同じ意味で国立戒壇を唱えていたわ
けではない。戸田会長は事の戒壇の本義を「広宣流布の象徴」とみていた。

 かつて池田名誉会長が述べたように、戸田会長は民衆の幸福を最大の目的に
掲げ、事の戒壇の建立は豆腐のオカラのようなものと考えていた。

 大聖人の時代と今は社会状況が違う。戒壇建立は古代・中世の日本仏教で重
視されたが、現代の仏教界では関心の的ではない。

 戒壇建立は化儀だから、時代に応じて考え方を変えても良い。化儀も変える
べきでないというなら、浅井はまず、今の宗門坊主が宗開両祖の禁じた肉食妻
帯を平気で行っているのを、どうして怒らないのか?

 どうして戒壇建立だけにこだわり、他の化儀の変化を問題にしないのか?

 御書も知らず、仏法に無知な顕正会員は浅井に騙されているが、顕正会の邪
義が広まっても広宣流布ではない。そればかりか、洗脳された顕正会員は広宣
流布を妨害しており、浅井こそが第六天の魔王と断ずる。

 浅井が戯言を述べていた時、体調不良を訴える人が続出し、救急車が何度も
出入りしていた。

 六十代の壮年は「わざわざ水戸から来たが、こんな顕正会の会合なんて来る
価値が全然ない」と激怒していた。

 終了すると、大雨の中、一度に全員を退場させたため新都心駅では入場が制
限され、一般の乗客が怒りを爆発させていた。

 参加者が帰った後、雨が上がり、空は晴れてきた。

1421
関連記事
  1. 2013/11/06(水) 23:31:38|
  2. フェイク

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。