「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェイク 第1413号

フェイク 第1413号(発行=13.10.03)
「強要での家宅捜索は憲法違反」?
 顕正会の九月度総幹部会で警視庁を非難
 浅井の邪義が蔓延っても広宣流布ではない


邪教・顕正会は九月二十五日、大宮市内で総幹部会を開き、会長の浅井昭衛
が警視庁公安部による東京会館など五カ所の家宅捜索を厚顔無恥にも「憲法違
反だ」「謀略だ」と息巻いていた。

浅井の見当違いの妄言は、警視庁公安部が去る九月十一日、顕正会(本部・
さいたま市)の本部、東京会館、神奈川会館、及び二人の顕正会員宅を暴力行
為法違反と強要の疑いで家宅捜索(本紙第一四一一号で詳報)した事を指してい
る。

浅井は無知な会員を扇動して入会強要や脅迫に走らせておきながら、警察の
捜査を非難する卑劣な男で、オウム真理教の麻原彰晃に似て社会に害毒を流す
陰湿な〝狂祖〟と言える。

浅井は幹部会の席で警視庁による家宅捜索の目的を「顕正会の社会的信用を
失墜させる」ためだと語り、更に「国家権力がかかる行為をすることは信教の
自由に対する侵害、憲法違反ではないか」等と開き直っていた。

だが、もともと顕正会には社会的信用など全くないし、不法行為を警察が取
り締まることは、憲法に何ら違反するものではない。

狡猾な浅井は警察の背後に某宗教団体があるかのように事件の本質を誤魔化
し、更なる勧誘を煽っていた。

また、浅井は「国家権力が顕正会を憎み妨害すれば、もう広宣流布は近い」
「誰人が妨害しようとも、広宣流布を止めることは絶対にできない」「顕正会
は、日蓮大聖人の御遺命たる国立戒壇を堅持する唯一の団体である」とも豪語
していた。

これらの浅井の発言は、悉く的外れである。浅井は終末思想、地震予知など
で恐怖心を煽っているが、たとえ、浅井の邪義が世間に蔓延(はびこ)ろうとも、
それは広宣流布ではない。

 しかも、国立戒壇は日蓮大聖人の御遺命ではなく、国柱会・田中智学の妄想の
産物に過ぎないのだ。

浅井は、これまで地震、隣国からの核攻撃、人類の絶滅、経済危機、大旱魃、
疫病、国家破産など「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」とばかり、数多くの予言
を続けて全て外れた。肝心な東日本大震災、巨大津波、福島の原発事故につい
ては一度も予言していない。

浅井昭衛が悪の根源

昭和四十七年六月には、「一元之宮」という関西の新興宗教の教祖が、大地
震の発生を予言して外れた責任を感じて割腹自殺を図ったことがあった。この
教祖に比べると、浅井には信仰者としての信念、責任感、良心のカケラもない。

もし、あると言うならば、潔く割腹して会員に詫びるべきだろう。

浅井にしてみれば、顕正会員に危機感を植え付けて教勢拡大に暴走させるの
が狙いだから〝予言〟が当たろうと、外れようと構わないのかも知れないが、
浅井の腹黒い魂胆も知らず、その戯言を涙ながらに聞いて勧誘に狂奔させられ
る愚かな会員が哀れである。

平成十一年九月度の幹部会でも、今は失脚している浅井克衛(当時の男子部長
)が神奈川県警に会員が逮捕され、会館が家宅捜索されたことを恨んで「神奈
川県警に大罰下る」等と悪口を言ったことがある。顕正会に浅井が君臨する限
り悪辣な体質は変わらない。

関連記事
  1. 2013/10/03(木) 23:26:54|
  2. フェイク

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。