「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

短信 第564号

短信 第564号  平成25年10月10日(木)

日 顕 宗 の 動 き


1.折伏推進委員の坊主が派遣先で急死

 日顕宗の折伏推進委員を務める長野・妙相寺住職の石岡雄哲が、派遣先で急
死した。57歳だった。

 石岡は8日夜に高知県内で行われた南四国布教区の広布推進会に出た後、ホ
テルに戻ったが、翌9日、チェックアウトの時間になっても出てこなかったた
め、ホテルの従業員が部屋を確認したところ、変わり果てた姿で発見された。
高血圧の持病があった石岡は、多忙を言い訳にして通院治療を行っていなかっ
たとの情報もある。

 石岡は生前、樋(とよ)田(だ)某ら寺の信者にインターネットを使った脱会者
づくりをそそのかし、まことしやかな現証論を持ち出して「地獄に堕(お)ちる」
などと吹聴していたが、かえって自身が厳しい現証をさらすことになった。

 日顕宗の末寺住職たちは皆、身も心もボロボロである。「折伏ノルマ」「登
山ノルマ」「寺の財政の逼迫(ひっぱく)」のためにストレスを溜(た)め込んで
おり、体調を崩して住職を辞める者が続出している。

 ちまたでは、従業員に過酷な労働を強いて搾取(さくしゅ)する「ブラック企
業」が話題になっているが、「死ぬ気でやれ!」と住職たちを恫喝(どうかつ)
した結果、本当に死人を出してしまった日顕宗はまさに「ブラック教団」とし
ての不動の地位を確立したと言えよう。


2.布教活動に寺を使わぬ法華講

 法華講が各地の公共施設を借りて勧誘を行っている。配布チラシには「法華
経研究会」とあるだけで「日蓮正宗」とは書かれていない。うっかり参加する
と学会への誹謗中傷を延々と聞かされ、「日蓮正宗に入信しないと地獄に堕(
お)ちる」と脅される。

 本来、公共施設では宗教の勧誘を行ってはならない場合が多い。にもかかわ
らず、実態を隠してこそこそと勧誘する法華講員たち。「学会員」と偽(いつ
わ)って家に上がり込んで御本尊を持ち去っていく詐欺(さぎ)師まがいの連中
なら平気でやりそうなインチキ行為である。このようなルール違反を見つけた
ら、ただちに関係各所に通報すべきであろう。

 わざわざ公共施設を使わなくても、寺があるではないか。機関紙「大白法」
も「寺院の意義」について「僧侶が居住して布教活動を行う場所」(平成15
年6月16日号)と。なぜ、法華講は寺を使わず、わざわざ公共施設を借りる
のか。この事実こそ、日顕宗の寺が単なる"坊主の寝床"であり"無用の長物"で
あることを物語っていると言えよう。

関連記事
  1. 2013/10/10(木) 23:13:23|
  2. 短信

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。