「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

短信 第552号

短信 第552号 平成25 年 3 月28 日(木)

日 顕 宗 の 動 き

1.能化人事に見る日如の思惑

このほど、新たに3人が能化に内定した。元海外部長で東京・華王寺住職の前川慈
肇(88)、寺族同心会会長で埼玉・本種寺住職の佐藤公妙(77)、宗会議長で東京・
妙光寺住職の土居崎慈成(76)である。

前川と日顕は「犬猿の仲」であり、日顕は「前川との目通りの後は機嫌が悪くなる」
という。佐藤も日顕と距離を置いている人物。「妙光寺閥」の土居崎も同様である。
このような連中を能化に引き上げる日如の思惑は何か。

平成27年に日顕の息子・阿部信彰に猊座を譲るという密約が、日顕と日如の間で
交わされていると言われていたが、ここにきて日如は「俺は死ぬまで猊座を降りない」

と周囲に語っているという。

現在、能化になっている4名のうち、「日顕派」は、重役・藤本日潤と総監・八木
日照の2人のみ。今回の能化人事で、日如・日顕のパワーバランスが崩れることは必
至である。今後の2人の暗闘の行方に注目が集まる。


2.登山成績の悪い寺に非情な「アンケート」

日顕宗執行部が、登山の参加率が低い末寺に、「アンケート」と称した“始末書”
の提出を求めている。問題の「アンケート」の内容は、“支部総登山の参加人数が目
標の30%を下回っていた。その原因、改善方法を書いて提出せよ”というもの。

日顕宗の末寺では、無理な折伏ノルマが課されるため、いい加減な折伏成果が横行
している。その結果、実態のない折伏成果に基づいて登山ノルマが割り当てられ、そ
の埋め合わせのために法華講活動家が何回も登山させられているのだ。法華講の現場
からは「金も体力ももたない」と悲鳴があがっている。

そもそも、登山の参加率が低い原因は、日顕宗執行部が押しつけている無理なノル
マにあるのだ。所詮、日顕宗の折伏・登山は、坊主の食い扶持を確保するためのもの。

歓喜も功徳も生まれない。疲弊しきった法華講員を救済する正義の対話を行ってまい
りたい。


3.4月の予定
  6日(土) 虫払法要(本山、~7日)
  7日(日) 広布唱題会(本山、末寺)
 14日(日) 御講(末寺)
 28日(日) 立宗会(本山)


関連記事
  1. 2013/03/28(木) 23:14:56|
  2. 短信

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。