「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェイク 第1292号

フェイク 第1292号 (発行=12.04.29)


「日顕の提灯持ち、一足先に逝く」
法華講連合会の前委員長・柳沢喜惣次が死去
約六十年間、日顕の手先で供養収奪に狂奔



 日顕宗法華講連合会の前委員長・柳沢喜惣次が風邪をこじらせて肺炎になり、去る二十七日午前十時十七分、死去した。柳沢は大正十二年十一月十九日生まれの八十八歳。一昨年には本山で転倒して骨折し、治癒が遅れて歩行も困難になり、両脇を抱えられて、やっと動けるような有り様だった。

 晩年には法華講の会合などで登壇しても意味不明の発言が目立つようになり、最近は認知症の症状も顕著になっていたという。

 通夜は立宗記念日の二十八日午後七時から、告別式は二十九日午前十時前から東京都墨田区の本行寺(坊主は高野日海)で行われた。

 葬儀には日如、日顕らも姿を見せ、一般参列者は約千百人、外で整列させられたまま待たされ、疲れて座り込む年配者が目立った。

 柳沢と日顕との関係は、六十年以上も続いた。

 終戦直後からの長年にわたる二人の親密な間柄を知っている宗門関係者は「柳沢さんは、御隠尊猊下より一つ年下だけど、露払いとして一足先に逝かれたのだろう」と語っていた。

 昭和二十二年五月、日顕(当時は阿部信雄)が本行寺の住職になった頃から、柳沢は日顕の供養集めの片棒を担ぐようになった。「提灯持ち」と陰口を叩かれながらも、日顕の顔色を窺いながらゴマを擦る以外には何一つ取り柄のない無能な男であった。

 特に、平成四年三月に連合会委員長になって以来、それまで宗門外護に徹してきた学会に対して罵詈雑言を浴びせるなど日顕の広布破壊のお先棒を担いできた。

 なかでも悩乱した日顕が大客殿、正本堂を解体するや、その意を受けて客殿・奉安堂建設の供養収奪に狂奔した。

 その「ご褒美」として平成十年三月二十五日には、分不相応の総講頭の任命を受けたのである。

 その後、阿部信彰らと各地を回って、自分達は何もしないが法華講員らに対しては折伏、それに結集大会、夏期講習会などの結集、登山の強要のため大声を張り上げて発破をかけ、更には御影堂の修復工事などと理由をつけて特別供養を搾り続ける宗門のお先棒を担いでいた。

 講頭会等で「もう供養するお金がないんです」「本山だけではなく、自分達のお寺だって補強する必要がある」「経済的に大変に厳しい」「年に何度も登山するのは苦しい」等々の苦情には一顧だにせず、一喝しては供養を集め、法華講員を苦しめてきた柳沢の言動は本紙で再三、報じてきた通りである。

 この柳沢が昨年四月十五日に総講頭・連合会委員長の辞表を提出すると、あっさり受理され、その後任には早瀬日如系の永井藤蔵という茨城地方部長が連合会委員長になった。総講頭は未だ空席のままである。

 柳沢は正法に出会いながら日顕の手先として供養と称する金集めと信徒苛めで生涯を閉じた。今の宗門が日蓮大聖人の仏法とは全く無縁の邪教に転落した一因を作った事は紛れも無い。

F1292
関連記事
  1. 2012/04/29(日) 23:26:47|
  2. フェイク

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。