「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

短信 第530号

短信 第530号  平成24 年 3 月29 日(木)
日顕宗の動き

1. 春季登山会の参加者が大幅目標割れ

 24・25の両日、法華講春季総登山会が行われた。3万人の結集目標に対し、集ま
ったのは約2万5千人。大幅な目標割れだ。

「登山」が法華講員にとって大きな負担になっている。「全講員が登山」というノル
マを満たすために、“幽霊講員”の分まで何回も登山させられるからだ。本山の売店関
係者がこぼす。「登山する人はいるのに、店に人が来ない。商売にならない」「登山者は
交通費、供養を出すのがやっと。土産を買ったり、食堂に入る余裕はないのだろう」。

 最近では、寺として支部登山用のバスをチャーターしたものの、参加者が集まらず、キ
ャンセルするケースが増えているという。

 春季総登山会の初日に行われた法華講講頭会では、執行部から「御講の参加者が少な
いので増やせ」との指示があった。所詮、法華講員は「金づる」でしかないのだ。

2. 無用の研さん機関設立にブーイング

 日顕宗ではこのほど、「教学研鑽所」なる機関を設立し、教学部で暇をもてあそんで
いた坊主たちをあてがうという。「法主絶対論」「御書部分論」等、大聖人とは無縁の邪
義を振りかざす日顕宗だが、日顕の肝いりで作られるというこの「教学研鑽所」も、所
詮は「邪義研鑽所」にほかならない。

 宗内からも「そんなものをつくるより、まずは、毎年億単位の経費がかかる『富士学
林大学科』(1988年<昭和63年>に日顕が開設。別名「法教院」。小僧の教育機関
だが、「用をなしていない」と批判されて久しい)を閉鎖して、末寺への援助金に回すべ
きだ。どれだけの困窮寺院が救われることか」といった不満の声があがっている。

 壊すのは正本堂、大客殿等、重要なものばかり、作るのは無駄なものばかりのお粗末
な日顕宗である。

IMG_20120403190059.jpg
関連記事
  1. 2012/03/29(木) 23:41:14|
  2. 短信

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。