「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェイク 第1247号

フェイク 第1247号(発行=11.10.12)
動物虐殺の大石寺が「動物供養塔」
鳩を一網打尽に殺し、犬や猫なども惨殺
塔婆が激減のため新たな金儲け狙う


 大石寺が大納骨堂北側に「動物供養塔」(写真)を作ったことを「大日蓮」十
月号で報じている。それによると、かねて檀信徒から強い要望が寄せられてい
た、とのことだが、実は金儲けが狙いである。お盆や彼岸でも大石寺の墓地に
墓参に来る人も少なく、塔婆供養が激減した今、犬や猫をはじめペットの死を
供養集めに利用する魂胆なのである。

 日顕宗の末寺では以前、「ペット塔婆」が流行っていた。例えば、青山聴瑩
が広島・興福寺にいた頃、ペットの位牌も作って「飼猫ミーヤ」「愛猫ニャン
吉」「飼猫グレ子」「愛犬ルビー」などの戒名を付けていたことが知られてお
り、中国方面では、この青山の金儲けの手口を他の寺も真似していたようだ。

 また、大型犬からカメやハムスターなどの葬儀・法要を行う「ペット霊園」
に出向いて導師を務め、供養を貰っていた坊主もいたという。やがて、大石寺
の「動物供養塔」に「愛猫ニャン吉」「愛犬ワン公」などの塔婆が立つのだろ
うか?

 もともと、大石寺には動物愛護の精神などカケラもないことは過去の虐待の
実態を見れば明白だ。特に、大石寺で生き物を大量殺戮したことをジャーナリ
ストの内藤国夫が、ある雑誌で暴露したことがあった。

 大石寺では昭和五十七年四月、鳩を皆殺しすることになった。理由は日顕が
ノドのポリープを順天堂病院で手術したが、鳩の糞が乾いて大気中に飛散した
のを吸うと再発するかも知れないからというものだった。

 鳩対策に困っている各宗派の寺院では「殺生戒」を犯すことなく、空砲で脅
したり、金網を張ったり、避妊用の餌をまいて繁殖を防いでいる。これが寺院
における鳩対策の常識である。

 だが、大石寺では鳩の殲滅(せんめつ)を決めた。

 当時、大石寺には「鳥博士」を自称する野村慈尊(今は千葉・清涼寺)がい
た。

 日顕から鳩殺しの担当を命じられた野村は境内のあちこちに霞網(かすみあ
み)を張り、鳩を一網打尽にした。霞網というのは、目に見えない程の細かい
糸で作られ、垂直に高く張って鳥を捕らえる。

 鳥は網には気づかず、猛スピードで突っ込み、網目に首が引っ掛かり絞首刑
のようになって死んでしまう。

 余りにも惨(むご)いため現在では使用を禁止されている。この時、殺され
た鳩は五百羽にも上った。

 大石寺で残酷な取り扱いを受けたのは犬や猫も同じ。日顕の「盗座」後、大
石寺にいた元従業員は語る。

 「当時、大石寺の境内に立ち入る動物は犬も猫も殺すよう内事部から命じら
れていました」「犬の場合は、ソーセージなどを餌におびき寄せて捕まえ、睡
眠薬を飲ませてフラフラにして、境内の人目につかない場所に生き埋めにし、
ネコいらずを入れたソーセージを食べさせ、その場で殺してしまうこともあっ
た」という。

 多くの仲間が虐殺された大石寺境内に「供養塔」を作っても犬猫などペット
の方が嫌がることだろう。
関連記事
  1. 2011/10/12(水) 23:13:44|
  2. フェイク

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。