「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

短信 第520号

短信 第520号  平成23年 10月13日(木)

日 顕 宗 の 動 き

1.御(お)会(え)式(しき)への勧誘に注意を

 日顕宗の各末寺では今月初旬から11月末にかけて御会式が行われる。御会
式とは、大聖人御入滅の日(10月13日)にちなみ、"御本仏の滅・不滅を
祝う"とする、末寺で行われる最も重要な年中行事とされている。

 最近の宗内文書も、"御会式を足がかりにして僧俗の総力を結集し、全
支部が折伏目標達成を"と呼び掛け、機関紙「大白法」9月16日号も「御会
式に挙(こぞ)って参詣しよう」と題する記事を載せ、折伏推進のテコにしよう
と目論んでいる。

例年、「お花(御会式で飾る造花)を作りに来ませんか」などと、高齢の学会
員が言葉巧みに誘われるケースがあるので、注意を促したい。


2. 松岡幹夫氏の新著が日顕宗を痛撃

青年僧侶改革同盟の松岡幹夫氏が『公開問答10の破折 破(は)綻(たん)した
阿部日顕の教学』を発刊した(第三文明社、1,300円<税別>)。

   同書で松岡氏は、20年にわたる日顕一派との問答の要旨を公開し、正
統教学、仏教思想、学術性の観点から法主絶対論などの邪義をことごとく論破
している。

 歴代法主の絶対的な立場を歴代法主の文言によって正当化しようとする
「循環論法」の矛盾や、日寛上人の「三宝論」を法主絶対化のために悪用して
いる日顕宗の誤りを鋭く指摘。日顕宗が必要性を説く"法主による本尊の開眼"
についても、そもそも「本尊開眼の儀式」なるものが大石寺門流の重要な伝統
ではなかったことを明快に暴いている。

この『公開問答10の破折 破綻した阿部日顕の教学』、時代錯誤と論理性無
視の日顕宗を痛烈に斬り捨てる「勝利宣言の書」であるといえよう。
関連記事
  1. 2011/10/13(木) 23:08:54|
  2. 短信

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。