「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

越 洋 平成23年2月1日

越 洋 
平成23年2月1日

創価学会第二代戸田会長の推戴式が昭和26年5月3日、向島・常泉寺で行
われた。その時、戸田会長は、ご自身の存命中に75万世帯の達成を宣言され
た。その場に集ったメンバーは"戸田先生は随分、長生きされるのだ"と思った
そうだ。それ程、誰もが遠い未来のことだと感じた。戸田会長は法華講に対し
ても「学会と同じように法華講も大折伏をしてはどうか」と提案。

だが、宗門も法華講も馬耳東風。あれから60年も経った今頃になって、「
80万達成」の誓願などと焦っているが、掛け声だけに終わることは自明の理
だ。暴力を振るうしか能がない無慈悲の布教部長ら坊主どもや自分では折伏し
ない法華講幹部らが、檄を飛ばすだけでは、千年待っても達成できない。

池田名誉会長の指揮と不惜身命の戦いがあってこそ、75万の達成も、今日、
1千万を越える192カ国・地域への拡大も実現でき得たことは歴史が物語っ
ている。

『勝海舟』の原作者としても知られる、時代小説家の子母沢(しもざわか
ん)氏が生誕して、きょうで119年を迎える。子母沢寛氏は明治25年(18
92年)2月1日、厚田で生まれた。厚田村といえば、第二代戸田会長と同郷で
ある。少年期よりの知己で、親交が深かった。後に子母沢氏の出版を戸田会長
の会社が受け持ち、相当数の著作を発刊している。

戸田会長は「子母沢先生は、茶目っけもあり、楽天的な人柄です。つねに、
そう振る舞えるのは、腹がすわっているからです」と語っている。その子母沢
氏の人柄が、作風としてにじみ出ている代表作といえば『勝海舟』である。

初代牧口会長は「海国」の資質をもった人物として、幕末・明治期の勝海舟
(1823~99年)を挙げられている。明治維新の際、西郷隆盛と会見して江戸城
の無血開城を実現し、八百八町を戦火の危機から救ったことは有名である。

勝海舟は「(島国の人間は)とにかくその日のことよりほかは目につかなく
って、5年10年さきはまるで暗やみ同様だ。それも畢竟(ひっきょう)度量
(こころ)が狭くって、思慮(おもい)に余裕がないからのことだよ」(勝部
真長編『氷川清話』、角川文庫)と語ったという。

時代に逆行して尊大ぶった日顕はじめ宗門の人間らは、勇気もなく、卑怯に
も、対話を拒否して、逃げ回っていた。折伏・弘教を怠(おこた)り、遊興に
ふけり、本尊と寺院を私物化し、揚げ句の果てには、大聖人の仰せ通りに折伏
・弘教に励む信徒を破門するなど言語道断である。

昭和31年(1956年)の年頭に第65世日淳上人は「これを思うにつけても
創価学会の出現によって、もって起(おこ)った仏縁に唯(ただ)ならないも
のがあると思います」と学会を讃歎されていた。先師に違背する五逆罪の破和
合僧・日顕とその一派は滅び去るのみである。

関連記事
  1. 2011/02/01(火) 22:41:35|
  2. 越洋

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。