「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェイク 第1173号(発行=11.02.01)

フェイク 第1173号(発行=11.02.01)
宗祖の教えに違背する箱上泰学
行く先々で悪事を働く日顕宗のビラ坊主
「少欲知足は昔の事、今は贅沢して良い」?


日顕宗法華講が性懲りもなく各地で日寛上人御書写の御本尊を誹謗するビラ
を撒き散らしているが、最近、神戸市・妙本寺の関係者も、連絡先として同寺
の電話番号を記した下手な手書きのビラを配布している。

同寺の坊主は箱上泰学(写真)で、以前、売文屋の内藤国夫(故人)が代表世話人
になっていた「民主政治を考える会」なる怪しげな団体が、学会中傷ビラを約六
千万部も作って広範囲にバラ撒いた時、徳山市の妙頂寺にいた箱上も帽子を深く
かぶってコソコソと配って歩いていた。

このビラ坊主の箱上は、地元の人々から「死の塔婆商人」「衣をつけた餓鬼
坊主」と呼ばれる程の守銭奴。教学の質問をされると逃げ、宗史にも疎いため
「泰学」ではなく「怠学」と改名した方がよいと嘲笑されたこともある。

本名は箱上省吾で、昭和三十六年に得度した。師僧は青山諦量。広島の福王
寺を経て同五十七年に徳山市の妙頂寺に異動、平成十七年に現在の妙本寺に移
って悪事を働いているのだ。

日顕が「C作戦」を強行した平成二年十二月二十七日の二日後、箱上は早速、
総代の家を訪ねた。総代を寺の味方する魂胆だったが、総代の夫人が届いたば
かりの「大白蓮華」新年号を手に糾弾。「学会や池田名誉会長を称賛する『新
年の辞』を寄稿する一方で、総講頭罷免とは、どういうことですか」と追及し
た。

すると箱上は「あの新年の辞は単なる社交辞令だ」と珍弁解。日顕の公の原
稿や発言も、いい加減なものだということになる。

また、箱上は平成三年の御講の席で「少欲知足」について「大聖人の時代は
貧しかったので、僧侶は『少欲知足』の生活だったが、今は時代が違う。生活
も豊かになったから贅沢をしてもいいんだ」と語っていた。

日蓮大聖人は「但(ただし)正直にして少欲知足たらん僧こそ真実の僧なる
べけれ」と仰せである。「時代が変わって豊かになったら贅沢してよい」等と
いう御文はない。

箱上の贅沢の実例が徳山の妙頂寺の大改装だった。

昭和六十二年、箱上は約八千万円を投じて寺の工事を行ったが、費用の大部
分を庫裏に費やした。

本堂は少し広げただけで、平屋だった庫裏を二階建てに新築し、地元の人達
から「妙頂寺は本堂より庫裏のほうが立派だ。あれで信心していると言えるの
か?」と非難の声があがった程だ。

庫裏の新築後の台所は約二十畳の広さでシステム・キッチン、ガスレンジ、
流し台、収納庫も全て二組、業務用の特大冷蔵庫や大型テレビも備えていた。

 最近、配布しているビラには戸田二代会長の指導を無断で引用しているが、そ
の戸田会長は「寺院は坊主の寝床ではない」と指弾されていた。この指導も引
用してはどうだ!

 更に、箱上は「御書根本は増上慢だ」とも発言したことがある。日顕や箱上
らは、所詮、御本尊、御書を独り占めにし、御本尊への仲介料として信徒から
供養を巻き上げようとする商売坊主の魂胆が丸見えだ。

関連記事
  1. 2011/02/01(火) 22:39:49|
  2. フェイク

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (168)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。