「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

短信 第525号

短信 第525号  平成24年 1月12日(木)

日 顕 宗 の 動 き

1. 今年も散々・・・日顕宗の新年勤行会

「昨年は今までになく折伏ができた」と騒いでいる日顕宗。しかし、今年の新
年勤行会の結集状況がすべてを物語っている。

 今年の新年勤行会の全国の末寺の結集数は、大雪で多くの末寺が開催を取り
やめた昨年と比べると横ばい、一昨年と比べれば数千人もの減少となっている。
なぜ参加者が増えないのか。理由は二つ。脱講の波が止まらないことと、"イ
ンチキ折伏"が行われていることだ。

 日顕宗では、一昨年から折伏成果の単位を「世帯数」から「人数」に変えた
ため、いい加減な成果報告に拍車がかかった。未入信の家族や親せき、知人ら
が勝手に名前を使われ、入信者に仕立て上げられてきたという。こうした馬鹿
げた手法がいつまで通用するのか。本年はこれまで以上に、学会員が標的にさ
れることが予想されるので、警戒が必要だ。


2. 「消えた」日顕

 年末から年始にかけて、日顕が本山に来ていない。1日の元旦勤行にも、3
・4日の法華講初登山会にも、6日の坊主・寺族の初登山にも顔を出さなかっ
た。

 宗内では「登座以来、正月に本山にいないのは初めてのこと」「心身に何か
不調をきたしたのでは」と言われている。一方で、日如のいつにないリラック
スした表情が印象的だったとの声も。

 6年前に退座した後も、息子の信彰を次の法主にしたいがため、影響力を維
持しようと、教師講習会で講義するなど、さまざまな行事にしゃしゃり出てき
た日顕。今や「目ざわりだ」「いつまでも生きていると、あの狂人じみた息子
が法主になってしまう」といった反発・懸念の声が噴出している。

 機関誌「大日蓮」1月号に、名前の前に「隠居」と冠して挨拶文を載せた日
顕。本当に「隠居」を自覚しているなら、これを機に人前から身を隠すべき。




短信525
関連記事
  1. 2012/01/12(木) 23:30:46|
  2. 短信

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。