「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

越 洋 平成23年9月12日

越 洋 平成23年9月12日

古代ギリシャの悲劇作家・エウリピデスの言葉に、嫉妬は「人間の罹(かか)
るあらゆる病の中で最も大きな病」とある。第2代戸田会長は「嫉妬は女ばか
りと思ったら大間違いだ。男にも嫉妬がある。嫉妬という字に、男偏があって
もいいんだ」「男の嫉妬は世の中を誤らせる場合が多い」と語られていた。

『竜の口の法難』から今年で740年を迎えた。法難を振り返ったとき、大
聖人に向けられた悪侶たちの「嫉妬」は、日本の国中をも狂わせていったとい
ってよい。大迫害の背後に「黒幕」がいたことを大聖人は明かしている。『妙
法比丘尼御返事』に「大僧等の訴なり」とある。幕府と結託した諸宗の高僧た
ちが、大聖人を陥(おとしい)れるために、ありもしないことを訴えたのだ。結
局、その根底にあったのは「妬(ねた)み」である。彼らは、大聖人の正しさが
人々に認められることが怖かったのだ。そして常に自分だけが尊敬されたかっ
ただけである。この法難の構図は、740年経った今も全く変わらない。

9月11日付の『聖教新聞』に宮城学院女子大学元学長の山形孝夫氏の示唆
に富んだ特別インタビュー記事が掲載されていた。今回の「東日本大震災」で
仙台市にて被災された山形氏は、震災を振り返り宗教のもつ役割が重要になっ
てきたと語っている。特に"宗教の本質的な課題は3点ある"とし、第1に『「
無一物(むいちぶつ)」の共有』、第2に『「悲しみ」の共有』、第3に『宗派性
・党派制を超える』との3点をあげられた。"聖職者は本来、自分たちが得た
浄財を貧しい人、困った人に分かち合い「何も持たない」のが宗教の原点であ
る。聖職者は宗派性・党派制を超え、他者の「悲しみ」をどれだけ感じ取り、
受け止めていくことができるかが重要である"と語っている。そして今回の震
災を通して「この3点の課題に最も熱心に取り組んだ宗教は創価学会だった」
と称賛している。

信徒の浄財を蓄え、袈裟衣の権威で学会に圧力を加え、「破門」という暴挙
にでた日顕。その根底には700年間、宗門において、誰人も成しえなかった
世界広布への道を死身弘法の実践で堂々と開いてきた池田名誉会長に対する醜
(みにく)い男の嫉妬がある。名誉会長の偉大な業績に焼き餅をやくばかりで、
自分は遊興にふけり贅沢三昧、一族だけの栄華に溺れる姿には、宗教者の資格
すらないのだ。

「竜の口の法難」後、大聖人は依智に御滞在中、四条金吾に宛てられたお手
紙に「十二日の難のとき貴辺(きへん)たつ(竜)のくち(口)まで・つれさ
せ給い、しかのみならず腹を切らんと仰せられし事こそ不思議とも申すばかり
なけれ」と記された。信徒の不惜の姿を賛嘆された大聖人。それに対し、信徒
の労に感謝どころか嫉妬する日顕は第六天の魔王である。
関連記事
  1. 2011/09/12(月) 23:35:21|
  2. 越洋

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。