「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

越 洋 平成23年11月28日

越 洋 平成23年11月28日

"魂の独立"から20年、学会は世界宗教へと飛翔

「人生の意義を探し求めようとしない者がいるならば、その人間は生きなが
ら死んでいるのだ」――これは文豪・トルストイの言葉である。今から丁度、
110年前の1901年、帝政ロシアの「宗務院(大教院)」はトルストイを
教会から「破門」した。

「いかに生きるべきか」ということを若い頃から思索してきたトルストイは、
天地創造や処女懐胎、キリスト復活などの"非科学的な教義"について「そんな
ことを主張しているようでは、現代の信仰たりえない」と教会を糾弾した。そ
して破門である。しかもその決定は、本人に説明もなく、話し合いもなく、い
きなり発表するという「一方的なもの」であった。その手口は、日顕が学会に
対して行った「破門」と酷似している。

トルストイの教会権力との戦いと、創価学会が日蓮正宗から"魂の独立"を果
たしたことには、類似点があると『第三文明』12月号で早稲田大学名誉教授
の藤沼貴氏は指摘している。「教会や宗門には伝統的な信仰形態があり、それ
を守ることが最重要であって、それに逆らうことを絶対に認めない。かたやト
ルストイ、創価学会にとっては『いかに生きるべきか』という人間としての根
源的な問いかけが信仰の出発点であり、伝統的な形式や宗教的儀式は二の次、
三の次なのだと思います。両者にこうした相違がある以上、袂を分かつことは
必然だったのでしょう」と。そして「もしトルストイがいまの時代に生き、創
価学会が宗門という古い宗教権威を離れ、いっそう世界に飛翔していったことを
知れば、大喝采を送るに違いありません」と結んでいる。

 トルストイが80歳を迎えた時、"宗教の虚偽と戦った"と、オーストラリアの
団体からの祝福の声など世界から称賛の声が数多く寄せられたという。まさに
「破門」は、トルストイの魂を、人間精神の大いなる峰へと飛翔させることに
なった。

同じように、学会は「破門」を契機に「21世紀の世界宗教」の高みへと飛翔
した。その証拠に、池田名誉会長の思想と行動に五大州からの顕彰は、後を絶
たない。知性の宝冠である名誉学術称号は319(11月19日現在)を数え、
国家勲章は23カ国から贈られている。信頼の証である名誉市民称号は717
という前人未到の壮挙である。

「破門」の愚挙から20年、一方、日顕や宗門に世界の識者からの称賛が一
つでもあっただろうか? 答えは皆無。しかも、去る11月10日に最高裁で
は「日蓮正宗」の名称使用について、日顕が相承の証拠を示せないことから敗
訴。今や、広宣流布とは関係ない日顕宗の供養地獄から逃れようと脱講者が後
を絶たない。この現実の姿を見れば、誰の目にも正邪は歴然。火を見るよりも
明らか。
関連記事
  1. 2011/11/28(月) 23:16:02|
  2. 越洋

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。