「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェイク 第1233号

フェイク 第1233号(発行=11.09.07)
日顕の代に「塔婆商法」が盛んに
「塔婆不要論」は正しい! 異常な日顕宗 ㊦
ペラペラになるまで何度も削って金儲け

 日蓮大聖人の仏法では、故人への追善回向、追善供養はあくまでも遺族・同
志の信行が根本で、その功徳善根を故人に回し向けることが本義とされている。

 それは御書に「自身仏にならずしては父母をだにもすく(救)いがた(難)し」
「いよいよ強盛なるべし、さるほどならば聖霊・仏になり給うべし」等と仰せ
になっている通りである。

 このほか、御書の各所で大聖人は故人を悼み、遺族への慈愛あふれる励まし
を記されているが、その中で唯の一個所も「塔婆供養しなさい」とは仰せにな
ってはいない。故師・道善房のために記された「報恩抄」にも一言も塔婆につ
いて触れられてはいないのだ。

 御本尊根本の正しい信行が根本という大聖人の御精神に背く商売坊主が、人
々の先祖敬愛の情につけ込んで「僧に塔婆供養をしてもらわなければ故人は成
仏できない」「塔婆供養をしなければ地獄に堕ちる」等と説いて塔婆を金儲け
の手段にしているのである。

 これでは信心根本、御本尊根本ではなく「塔婆根本」の邪教と非難されても
仕方あるまい。

 しかも、塔婆を法華講員のみならず、学会の人々にまで強要するのは、仏法
に名を借りた詐欺行為だ。

 第六十六世日達法主は次のように指南していた。

 「御本尊様に向い奉って唱題供養して、そして折伏の行も怠(おこた)りな
く勤めてこそ真の功徳回向となり、自他ともに即身成仏の利益を生ずるのであ
る。……『南無妙法蓮華経とばかり唱へて仏になるべき事尤(もっと)も大切
なり』と、よくよく肝(きも)に銘ずべきである」(「日達上人全集」第一輯
第五巻六〇〇ページ)

 以上のことからも邪宗門の坊主共が「中興入道消息」や「草木成仏口決」の
御文を引いて塔婆供養を強要するのは両抄の趣旨、及び大聖人の御精神に全く
背いた感情論にすぎないことが明白である。

 こんな塔婆のインチキ化儀が宗門で強調されるようになったのは日顕の時代
になってからと言われている。

 改革僧によると「信徒の世帯数の割合と比較して塔婆の本数が少ないと、寺
院等級査定委員会から注意を受けた」という。

 また、日顕は若い頃、息子の信彰を塔婆で殴っていた。これは信彰自身が語
っていたとのことだ。

 塔婆が成仏にとって重要だと言いながら、殴る道具に使い、ペラペラになる
まで何度も削り(写真上)、故人の名前を書いた表面は無残にも削り取り、丸ま
ったまま(写真下)ゴミ箱に投げ捨てる。いかにも食法餓鬼の日顕宗の坊主らし
い。
関連記事
  1. 2011/09/07(水) 23:07:00|
  2. フェイク

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。