「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

短信 第516号

短信 第516号  平成23年 8月11日(木)
日 顕 宗 の 動 き

1. ずさんな工事目立つ本山整備事業

 日顕宗では、「立正安国論750年」の記念整備事業として御影堂の改築な
どの工事を行っているが、そのいい加減さが次々と露呈している。3月に完成
した登山事務所は完成式前夜に天井が崩落し、突貫補修が行われた。耐震工事
を施したはずの各塔中坊では先の地震で内装にひび割れが生じたり、土台部分
に空いたすき間からネズミが侵入するなどしているとも言われている。さらに
は、広布坊の天井が破損し雨漏りが発生。このため、夏期講習会の講義会場が
客殿に変更された。

 これまでも、日顕の代に作られた六壷や、客殿、不開門などで、あちこちに
欠陥が見つかっているが、要するに、業者の見立てができる者が宗内にいない
ということ。供養をせびり取られて尻ぬぐいさせられる信者にしてみれば、た
まったものではない。



2.  法華講新委員長への低い求心力

 本年4月に柳沢喜惣次の後任として法華講連合会委員長となった永井藤蔵だ
が、法華講周辺から「頼りない」との声が上がっている。日顕宗機関紙「大白
法」6月16日号の中で、永井は年末の特別供養について、「今年はそんなに
できないというのであれば、それはしょうがない」と言っている。これについ
て法華講幹部は「ただでさえ『30億円』の目標達成が危ぶまれているのに、
この弱々しさでは厳しい」と漏らす。

 永井はまた、「今、折伏に動いている人々の中で、本当の意味でしっかりし
た折伏ができる人が何割いるか」(「大白法」7月16日号)と、折伏に駆り
立てられる法華講の神経を逆なでする発言も行っている。前任の柳沢は押しつ
けがましくて嫌われていたが、新任の永井は押しが弱くて信頼されていないと
いうわけだ。

「新」委員長とはいえ、永井は今年で79歳。しかもこの評判。法華講の人材
不足は深刻である。
関連記事
  1. 2011/08/11(木) 23:46:54|
  2. 短信

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。