「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェイク 第1220号

フェイク 第1220号(発行=11.07.13)

「立正安国論」を金儲けに悪用
「七五〇年」を口実に供養を取り続ける宗門
震災から四カ月、やっと信徒の消息調査に着手


東日本大震災から四カ月が経過した七月十一日になって、日蓮正宗が突然、避難
生活を余儀なくされている信徒を調べ始めた。
宗務院が「所属信徒の【原発事故】による避難軒数報告について」という文書を
全国の末寺の坊主に送りつけたのだ。
これは「東京電力福島第一原子力発電所事故」に伴い、自宅から転居せざるを得ない
状況におかれた信徒の避難軒数を調べるというものである。

早瀬日如は震災の後、坊主とその家族には人的被害がなかったと喜び、信徒について
は犠牲者がいると語っていた。

あれから四ケ月も経って信徒の消息を調べるとは、呆れ果てたものだ。
事情通によると、信徒の安否などはどうでも構わないが、供養を集める準備を進める
段階で、避難した信徒を思い出し、それらの人達からも供養を取ろうという魂胆
なのではないか、と説明してくれた。

その言葉を裏付けるように、去る六日に「立正安国論正義顕揚七百五十年特別
御供養について」という文書を宗門の記念局が各末寺の住職・主管宛てに送付。
その文書には下の図の通り、「平成二十三年特別御供養の納入方法が決定いたし
ました。近日中に法華講連合会から各地方部に立正安国論正義顕揚七百五十年
【平成二十三年特別御供養の納入方法】と題する書類が配付されます」
と書いてある。「立正安国論」を供養集めの口実にする宗派は日蓮正宗しかないだろう。
「立正安国論」は言うまでもなく、日蓮大聖人が時の最高権力者・北条時頼に提出
された国主諫暁の書である。
同書は大聖人御自身が何度も書写されるなど、その御述作の中でも最重要の一書に
挙げられている。大聖人は供養集めのために認められたものではないのだ。

「立正安国」とは「正を立てて国を安んずる」の意味である。大聖人の生涯にわたる
御化導が「立正安国論に始まり、立正安国論に終わる」と言われるように、仏法の
慈悲の精神に根差した生命尊厳の哲学によって国土の安寧、社会の繁栄、民衆の幸福
の実現を目指す大聖人の仏法の根幹である。

池田名誉会長の第三代会長就任は昭和三十五年(一九六〇年)で、日蓮大聖人が
「立正安国論」を提出された文応元年(一二六〇年)から丁度、七百年の佳節であった。

以来、半世紀にわたって「立正安国論」に込められた大聖人の御精神を現代に
蘇らせ、立正安国の行動を世界に広げてきたのが池田名誉会長の実践であった。

この間、宗門がやったことは、第三代会長を勇退に追い込み、更に、信徒除名から
破門という時代錯誤の処分であった。

幾多の迫害の中、社会の繁栄と人類の幸福を願い、立正安国の御精神を実践し、
流布しゆく日蓮仏法正統の団体が創価学会である。

フェイク1220号
関連記事
  1. 2011/07/13(水) 23:19:42|
  2. フェイク

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。