「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

石山だより 平成二十三年七月三日

石山だより 平成二十三年七月三日

一、 六月二十八日、九州の法主と自称していた秋山日淨の四十九日忌満山が行われた。

秋山は晩年、八幡の病院に入退院を繰り返し、糖尿病から来る合併症で癌を併発し失明状態で苦しみ抜いて亡くなった。

秋山は、小心者だが権力志向の強い性格だった。だから、人一倍、声高に威張り散らしていた。日顕のことを「あれは人の言うことを聞く男じゃないわ、ワハハ」と語っていた。

寺の行事があると政治屋を横に置いて、俺も偉いのだと尊大ぶって話していた姿が忘れられない。日顕のマネをして金欲と一族主義だけの生涯だった。享年八十六歳。

一、日顕は、人の見えないところでは、車椅子に乗り、人前では、いかにも歩くのが大変そうにヨチヨチ歩いている。日顕の当面の目標は、九十歳まで生きることだそうだ。

人様がどうなろうが、一族のこれからの安泰だけを願って、給料と供養をもらいたいために満山に、顔を出している。

粥を啜っても…と言ったこんなジィサンのために、この二十年間、日蓮正宗は日顕宗とバカにされてきた。日顕の一体どこが「大御本尊と不二の尊体」なのか?

藤本と八木などは口を開ければゴソンタイ、ゴソンタイと言ってきた。御書にもない戯言だ。いよいよお別れが近くなってきた今だからこそ、亨師や淳師のような人間としても聖僧としても尊敬される日蓮正宗の時代を築いていくべきではないか!
                
(石山の未来を憂える大坊鼠)

石山だより230703
関連記事
  1. 2011/07/03(日) 23:32:49|
  2. 石山だより

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。