「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

越 洋 平成23年1月21日

越 洋 
平成23年1月21日

歌舞伎が好きな方はご存知かも知れないが、「粥(かゆ)を啜(すす)って
も芝翫(しかん)」という言葉がある。これは中村芝翫(なかむらしかん)と
いう歌舞伎の名跡で、江戸末期から明治にかけて活躍した4代目中村芝翫が美
男子で名優だったことから「普通だったらあまり見栄えの良くない粥を啜る姿
も、芝翫ならばカッコよく見えてしまう」という意味でもちいられたようであ
る。

このことを知ってか知らずか「粥」と言えば、日顕が"粥をすすっても"学会
と戦うんだと宗内の僧侶に発破をかけた三文芝居は、この当時の流行語大賞に
なるかの勢いで宗内でも有名な言葉となった。20年前の平成3年1月6日日顕
は、教師指導会で「『日本国を流浪すべき身にて候』、私はもうこの御文を拝
した時に涙がですね……(嗚咽)……しかし、私もまた、その覚悟はもってお
ります……(嗚咽)」と涙ながらに訴え、その後"粥をすすってもこの難局を
乗り切る"と涙ながらに語っていた。

さながら日顕の三文芝居では、多くの諸師の心をつかむことは出来なかった。
それもそのはず、その直後、東京・目黒の八雲に「大石寺出張所」の名を借り
た20億円のプール付き大豪邸の建設計画の発覚。更に伊豆や地方での放蕩・豪
遊が報道されると、自分の事は棚に上げ、宗内に綱紀自粛・緊縮財政を強要。
平成4年4月には奥湯河原の高級温泉旅館でのファミリー挙げての豪遊が発覚な
ど、貧乏寺院を尻目に豪遊に明け暮れる日顕に宗内の諸師は怒り心頭であった。

しかも平成2年11月16日に行なわれた創価学会の本部幹部会で池田名誉
会長が法主や宗門僧侶を批判する発言をしたとして、学会を排除しようとする
理由を書いた『お尋ね文書』は、名誉会長の話のテープの反訳ミスなどがあっ
たとして、平成3年1月12日には謝罪と撤回をした。要するに総講頭罷免の
根拠すらなくなるという大失策だった。

末寺住職は踏んだり蹴ったりである。誰のためにこんな苦労をしているのか、
学会を破門にして5年程は生活も出来たが、それ以降は20年経ち、末寺住職
の苦労は塗炭の苦しみを増すばかりである。そして今年、傷口に塩を塗るよう
に、30億の供養を募るという発表である。

仏法では、無間地獄の苦しみを受ける因として「五逆罪」が説かれ、その最
も重い罪が「破和合僧」である。日達上人も「和合僧というのは、どこまでも
正法を信仰する団体、それを破す、これが一番悪いことなんですね。正法を信
心することは皆一同に成仏する。それを妨害することですから、世間の罪より
も余程重いのである」(昭和40年4月18日)と述べられているが、この大
罪の業果をこの20年でイヤと思い知らされたことだろう。大村日統、尾林日
至、佐々木慈啓、川瀬慈証らの最後を見よ! 与同罪恐るべし! まずは、全
ての一凶日顕を破門、除歴すべきである。

関連記事
  1. 2011/01/21(金) 22:33:02|
  2. 越洋

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。