「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

短信 第608号

短信 第608号 平成27年9月24日(木)
日顕宗の動き

1.末寺住職が相次ぎ病死

 埼玉・春日部市の正興寺住職、木村礼道が11日に病死した。74歳だった。ま
た同日、新潟・柏崎市の一道寺住職、生田正烈が宿泊先のホテルで急死した。

 41歳の若さで、こちらも病死とのこと。これで、この1年間で6人の住職が死
亡したことになる(他に兵庫・大鹿由道、静岡・阪口義馨、大阪・豊田広栄、
大阪・早川勤道)。ちなみに、法主の日如は、木村の葬儀で導師を務めたもの
の、生田の葬儀には顔を見せなかったといい、「現役住職が亡くなったという
のに、なぜ」と訝る声があがっている。

 有無を言わせぬ過酷な折伏・登山ノルマの押しつけで、住職たちはストレス
を溜め込んでおり、体調を崩している者も少なくない。「ホテルで死亡」とい
えば、一昨年、折伏推進委員だった石岡雄哲(当時、長野・妙相寺住職)も、派
遣先のホテルで死んでいるのが発見された。

 早々と住職を辞めて隠居したいが、先立つものがないために続けざるを得な
いという者が大半。気楽で贅沢な暮らしが保証されているのは、ノルマとは無
縁の前法主・日顕と現法主・日如ぐらいのものである。


2.「御会式」への勧誘に注意を

 先月行われた教師指導会で日如ら執行部が、集まった全国の住職たちに対し、
「いい加減な折伏をするな」と釘を刺した。その一方で、「毎年1割ずつ信者
を増やせ」との過酷なノルマに変更はない。

 これまで、街頭や公園などで無差別勧誘に狂奔してきた末寺住職と法華講員
は、ここにきて、学会員に狙いを定めていると言う。

 10月から11月にかけて、全国の末寺で「御会式」が開かれる。御会式とは、
日蓮大聖人の御入滅の日である10月13日を荘厳する、宗門が最重要の一つとし
ている行事。「(仏前に飾る)お花作りを一緒にしませんか」等と言葉巧みに勧
誘してくるので気をつけてまいりたい。

 3. 10月の予定

 4日(日)広布唱題会(本山、末寺)
11日(日)御講(末寺)
スポンサーサイト
  1. 2015/09/24(木) 23:23:12|
  2. 短信

短信 第607号

短信 第607号  平成27年9月10日(木)
日 顕 宗 の 動 き

1.教師指導会でインチキ折伏が浮き彫りに

 日顕宗の教師指導会が、先月26日に大石寺で行われた。
全国から集められた坊主らを前に、法主の日如、布教部長・阿部、教学部長・
水島らが登壇してご託(たく)を並べたが、そこであらためて浮(う)き彫(ぼ)り
になったのは、折伏のいい加減な実態だった。水島いわく「折伏や御授戒(じ
ゅかい)のやり方がずさんになっている」。阿部いわく「書類上だけの折伏で
はだめだ」と。日如は「いい加減な折伏をするな」「折伏しても『勤行しない』
『御講にも来ない』『登山もしない』では、その罪障(ざいしょう)を指導教師
が背負うことになる」とまで言い放ったという。

 指導会の後、各末寺にあらためて徹底文書が送付されたが、そこには次のよ
うに書かれてあった。「新入信者が日蓮正宗の信徒になったことを、必ず伝え
ること」「謗法(ほうぼう)厳(げん)誡(かい)の上から他宗教を信仰してはなら
ないこと、一日も早く御本尊を自宅にお迎えすべき旨(むね)を、しっかりと教
えること」。これを見れば、いかにいい加減な折伏がはびこっているか、一目
瞭然(いちもくりょうぜん)である。

 「我々の行う折伏は、慈悲(じひ)行(ぎょう)であります」(日如、6月7日
)とは口先ばかり。連中の「折伏」なるものは、思いつきの無謀なノルマに急
(せ)き立てられた数合わせに過ぎない。

 今月23日を中心に大石寺や各末寺で彼岸法要が予定されており、それにか
こつけての勧誘が激しさを増してくると予想されるので、警戒してまいりたい。


2.問題がらみの住職人事

 青森布教区副支院長で青森・三沢市の速成寺住職、日高正広(43歳)が北
海道・江差町の興正寺へ移る。日高のこの異動人事については、女性信徒との
不適切な関係を暴(あば)いた投書が原因とされる。速成寺の後任には北海道・
長万部町の本久寺、廣川央道(55歳)が、本久寺には興正寺の佐藤法倫(7
0歳)が入る。

 また、京都市・妙清寺の長谷川章道(65歳)が住職を辞めて隠居すること
に。他宗の僧侶と結婚した娘に生活費を援助していたことが発覚して、解任さ
れたのではないかと言われている。

 長谷川は、東中国布教区の副支院長をしていた平成8年、支院長の失言を本
山に密告して自分がその座に取って代わり、その後、実入(みい)りのある大寺
院に滑(すべ)り込んだ野心家坊主。6年前、寺の会計問題の詰(つ)め腹(ばら)
を切らされる格好で支院長を解任され、現在の寺に"左遷"されたが、ついに住
職の座も手放すことになった。宗内の坊主たちは「いい気味だ」と囁(ささや)
き合っているという。

 妙清寺の後任には、本山・大坊から吉村正賢(43歳)が入る。
  1. 2015/09/10(木) 23:25:30|
  2. 短信

フェイク 第1493号

フェイク 第1493号(発行=15.09.08)
顕正会員が中高生を道端で勧誘
大雨の中、顕正会が姫路会館の入仏式
近隣から「迷惑だ」「気味が悪い」等の声


 邪教・顕正会では六日、豪雨のなか〝狂祖〟の異名をもつ会長の浅井昭衛が
来て、姫路会館の入仏式を行なった。同会館は姫路市船丘町に新築したものだ
が、二階建てで延べ352平方㍍と小さく、礼拝室は僅か60畳の狭くて貧弱
な建物である。

 自己顕示欲が強く独善的で増上慢の浅井は「日本一の名城・姫路城がすぐそ
ばにある。顕正会の会館は三大秘法の道場、広宣流布の法城だから、私は、姫
路城のそばに会館があるのではない、会館のそばに姫路城があるのだと思って
おります」(平成二十六年十一月度の幹部会)と豪語していた。

 姫路城は国宝で、しかも日本で初の世界文化遺産になっている。その名城と
近隣から嫌われる顕正会の粗末な会館を並べて論ずること自体、笑止千万だ!

 この姫路城も普段なら駅から良く見えるが、会館の入仏式当日は、土砂降り
の雨に隠れて見えなかった。

 入仏式に先立ち午前十時五十分からと十一時二十分からの二回の勤行会に参
加するため、朝八時頃から顕正会員が集い始めた。

周辺の喫茶店やファーストフード店には現在、分裂騒ぎの渦中にある山口組の
組員と見まがうばかりの黒のスーツを着た会員達で埋め尽くされていた。

 あるファーストフード店では、会員達かコーヒーを飲んでいた若者達に早速、
勧誘し始めて顰蹙を買っていて店員や客からも「本当に迷惑なことだ!」「気
味が悪い!」「怖い!」等々の声が聞かれた。

 午前十一時過ぎに浅井と息子の城衛(総男子部長)が姫路駅に到着。出迎えた
同会幹部が腰を九十度に曲げ、深々と頭を下げて傘を差し出していた。普段の
会合でも、浅井が入場する時には、参加者は伏せ拝をしたまま数分間も拍手を
して迎えているが、この日の駅での出迎えも異様な光景だった。

 入仏式は正午からで、浅井の話は、いつものような自慢めいた与太話だった
が、洗脳された哀れな会員達は涙と拍手で応えていた。

 浅井は入仏式のあと、車で出て行った。会場が狭いため入仏式に入れなかっ
た会員達は、ビデオ放映で浅井の戯言を聴かされた。

 夕方、ビデオ放映を終えた男性会員達は、クラブ活動から帰る中学生、高校
生を相手に道端で勧誘していた。こんな非常識な光景を警察官も目撃していた
ので、今後、警察が厳しく対応し警戒することになるだろう。
  1. 2015/09/08(火) 22:30:04|
  2. フェイク

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (168)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。