「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェイク 第1446号

フェイク 第1446号(発行=14.03.31)
折伏推進委員の醜態に呆れて脱講
妙輪寺・盛岡窮道の愚劣さに講員も失望 ②
「邪義退治」は口先だけ、逃げ出す臆病坊主


 臆病な盛岡窮道という坊主が棲みついている大阪市住吉区・妙輪寺を創価学
会の壮年部員が対話を求めて訪問した際の詳細を前号に引き続き紹介する。

 盛岡が奥に逃げ込んだ後は若い坊主とビラを配るしか能のない愚劣な法華講
員らが壮年部員を取り囲んで押し問答を続け、講員らが次第に興奮してきたの
で壮年部員は身の危険を感じて寺の外に出た。

 後を追ってきた若い坊主や講員と壮年部員は路上でも押し問答。すると、あ
る法華講員が若い坊主に向かって驚くべき建設的な意見を突きつけた。

 「何故、御住職は訪ねて来た人とお話をされないのですか? 私も聞きたい
ので、お話をされてはどうですか?」

 講員は、卑怯な盛岡が出てきて壮年部員と対話するよう望んだのであった。

 慌てた若い坊主は、その講員の話を遮り、口汚く罵倒したうえ、奥に引っ込
んでいるよう命じたので、他の法華講員が、その講員と壮年部員と引き離して
しまった。

 暫くして、その講員が壮年部員に近づいて「私が必ず御住職に取り次ぎます
ので、お話されますか? 是非、お願いします」と再度、提言した。

 その様子を見ていた他の法華講員達が血相を変えて寺から走り出て来て、そ
の講員を捕まえ、口を塞ぎ、羽交い絞めにして寺の中に引きずり込んでしまっ
た。

 盛岡は訪問してきた者には会わないと、厳命しているようだ。面談を実力行
使で阻む法華講員達に失望した壮年部員は妙輪寺を後にしたのであった。

 後日、明らかになったことだが、妙輪寺側は大げさに「不審者が来た」と警
察まで呼んだということだ。

 盛岡という坊主は、日頃は折伏推進委員として指導力、説得力があるかのよ
うに装っているものの、実際には臆病な小心者である。

 こんな卑怯な坊主に洗脳された法華講員らの異様な姿を目の当たりにした前
出の講員は後日、御本尊を寺に返却し、妙輪寺の法華講を目出度く脱講したと
のことである。

 請願達成は夢のまた夢

 盛岡の卑劣な態度、その盛岡に洗脳された法華講員の暴力的な言動などの一
部始終を目撃した、心ある講員が、やむにやまれぬ気持ちから、本紙に詳細を
伝えてきたのが、以上のような「事件」だったのだ。

 この盛岡が昨年十一月に本山で布教講演。そのなかで三毒に触れた盛岡は「
世の中の邪義邪宗の謗法を退治することが大事であります」と語っていた。

 だが、己はどうか。盛岡の言うところの〝邪義〟を信じる人が、わざわざ自
分を訪ねて来ているのに、己は奥に逃げ込んで隠れ、若い坊主や信徒に命じて
門前払いをさせる。こんな卑劣極まる盛岡の行体を知ると、布教講演を聴いた
全国の法華講員は愕然とするだろう。

 「身口意不一致」の臆病坊主の盛岡は懈怠謗法により堕地獄は間違いない。

 こんな堕落坊主を折伏の指導係にしている日顕宗は請願達成など夢のまた夢。

 盛岡を含めて日如、日顕、阿部信彰らに対する宗開両祖の激しいお怒りが目に
見えるようだ。
スポンサーサイト
  1. 2014/03/31(月) 14:36:28|
  2. フェイク

フェイク 第1445号

フェイク 第1445号(発行=14.03.29)
聖教寺で今度は「千円&弁当折伏」
信仰の話はゼロ、貧困に付け込む卑劣な勧誘
女性講員達が「デート折伏」に続き仰天行為


 日顕宗・聖教寺(大阪市)の長坂慈精(写真上)の指揮の下、女性講員達に
よる「デート折伏」を本紙第一四三六号(二月十五日付)で報道して以来、全
国の末寺・講中ではこの話題で持ちきりになっている。「本宗の恥だ」「他寺
の事ながら恥ずかしくてならない」「こんな人達と同じように見られたくない」
等々、法華講員の中ですら大顰蹙を買っている。

 ところが、更なる仰天すべき実態が明らかになった。安住寺の坊主で大阪北
布教区支院長の菅野修道(写真下)と長坂の指導の下、「千円&弁当折伏」と
もいうべき新たな手口で、西成あいりん地区などで野宿して貧困に苦しむ人々
の弱みに付け込む卑劣極まりない行為だ。これも同寺の法華講員が怒りに震え、
本紙編集室に告発してきた。

 それによると「デート折伏」で有名になった三人の女性法華講員を中心に、
今度は、お金(千円)や弁当を〝ダシ〟に西成の男達を寺に誘い込んでいるそ
うだ。

 引っ掛けた男達を車に乗せて一目散に寺に連れ込み、信仰の話などは一切せ
ず、即座に授戒。帰りにはスーパーの安い弁当を買い与えてバイバイ。究極の
「インスタント授戒」である。
こんな恥さらしの行為を日顕宗では「折伏」と呼んでいるようだが、笑止千万。
 数字上、宗務院の目を誤魔化し、阿部信彰らの恫喝を避けるための哀れな保
身行為でしかない。聖教寺の成果は、ほぼ全てがこうしたデタラメな数字であ
る。

 その証拠に実態のない幽霊講員だけが増殖し、御講や登山会の参加者は激減
の一途を辿っている。

 法華講の機関紙「大白法」(三月十六日付)では今年、折伏目標を達成した
末寺と、来年の命題である「五十%増」を達成した末寺を発表しているが、そ
のいずれにも聖教寺は含まれていない。

 ある僧は「デート折伏」「千円&弁当折伏」というデタラメな勧誘を繰り返
している聖教寺でさえ未達成なのだから、既に達成したという他の寺もインチ
キ勧誘で帳尻を合わせているのだろう、と苦笑している。

 ともあれ、全国に宗教法人は十八万以上もあるが、いい加減な騙しの手口で
幽霊信者を増やしているのは日顕宗と顕正会だけだろう。

長坂慈精は宗教界の恥

 多くの神社仏閣では参詣する人々から、相当の拝観料を受け取ってはいるが、
大石寺のように一回の御開扉料が二千円という高額の料金を巻き上げている寺
は少ない。

 しかし、正当な折伏が全くできない聖教寺の場合は全く正反対。金(千円)
や弁当を〝ダシ〟に、貧しい人達を寺に誘い込んで授戒し、後は野となれ山と
なれ。これほど法を下げる行為が、かつてあったであろうか。

 「千円折伏」「弁当折伏」を指揮する菅野修道や長坂慈精は、宗内のみなら
ず、もはや「宗教界の恥」である。

 笑止なのは、聖教寺の告発者によると、話題の三人の婦人をはじめ、同寺の
法華講員の多くが長坂や女房を軽蔑し切っており、陰で悪口の限りを尽くして
いるということである。
  1. 2014/03/29(土) 23:05:29|
  2. フェイク

短信 第574号

短信 第574号  平成26年3月27日(木)
日 顕 宗 の 動 き

1.「中高生合宿」のスタッフ集めが難航

7月26・27の両日、大石寺で行われる「第3回法華講中等部・高等部合
宿」の青年部スタッフが集まらず、日顕宗執行部が苦慮している。今年に入っ
て各末寺にスタッフの推薦を依頼したものの、所定の人数が集まらず、先日、
「再度のお願い」と題する文書を末寺に送り、スタッフの推薦を促した。文書
によると46名もの欠員が出ているという。

法華講員の高齢化に危機感を抱く日顕宗執行部は、一昨年夏から若い世代の育
成を目論んで中等部・高等部の合宿登山を始めたものの、毎回、参加者数は目
標を大きく割り込み、青年部スタッフの担い手にも事欠いている。

あたかも折伏が進んで、信者が増えているかのごとく喧伝している日顕宗だが、
これが悲しい現実なのである。


2.松岡幹夫氏が『平和をつくる宗教』を発刊

 東日本国際大学東洋思想研究所所長、東洋哲学研究所研究員でもある、青年
僧侶改革同盟の松岡幹夫氏が新著『平和をつくる宗教――日蓮仏法と創価学会』
を発刊した。

 同書は「第1章 日蓮仏法は好戦的にあらず」で学会の反戦思想史に触れた後、
「第2章 日蓮にみる反戦平和の思想と実践」「第3章 牧口常三郎の戦争観
とその実践的展開」「第4章 戸田城聖の『見えない反戦』」「第5章 池田
大作の平和アプローチ」と展開。最後の「第6章 創価学会の平和主義とは何
か」では、智慧の倫理に基づく創価学会の平和主義には、①「戦争防止主義」

②「暴力の平和化」③「慈悲の政治の確立」という3つの原則があり、しかも
それは"自分の手で戦争の運命を変えられると信じる日蓮仏法者"ゆえの「自在
な絶対平和主義」であると述べている。仏教的な反戦思想の本質に迫る画期的
良書といえよう。(第三文明社/1,300円<税別>)


3.4月の予定
6日(日) 虫払法要(本山、~7日)
  13日(日) 御講(末寺)
  28日(月) 立宗会(本山)

短信574
  1. 2014/03/27(木) 23:36:01|
  2. 短信

フェイク 第1444号

フェイク 第1444号(発行=14.03.25)
折伏ができない折伏推進委員
妙輪寺・盛岡窮道の愚劣さに講員も失望 ①
面談を望む壮年に怯え奥へ逃げ込む


 早瀬日如が思いつきで打ち出した平成二十七年までに「法華講員五割増」と
いう無謀な目標を目指す日顕宗が苦し紛れに設けたのが布教部で、部長に無能
坊主の阿部信彰を据えた。その下に〝布教督促人〟である折伏推進委員を全国
の坊主から選び、一向に成果の上がらない末寺のテコ入れを図る手はずを整え
たのは平成二十一年十一月だった。

 布教に長けるとされる十五人の坊主を任命したのは「実情に応じたきめ細か
い指導と助言を行うため」(「大白法」平成二十一年十一月十六日号)で、複
数の低迷寺院を担当させて底上げを図るのが目的だった。

 ところが、折伏推進委員になったのは、いい加減な坊主が多い。成果の捏造
が発覚して信徒から愛想を尽かされた坊主、足元の自分の寺で目標を達成でき
なかった坊主、信徒有志と応神天皇陵に参拝して宗内で問題になり、直後に出
張先のホテルで急死した坊主等々、布教の邪魔になる坊主共の実例は枚挙に暇
がない。

 そして大阪にも口先だけで信徒を動かし、己を大きくみせかけることに腐心
する坊主がいる。住吉区・妙輪寺の盛岡窮道(写真)だ。

 盛岡の「言うだけ番長」ぶりに失望した同寺所属の法華講員が匿名で「フェ
イク」編集室に伝えてくれた内容の詳細を紹介する。

 平成二十五年十月、ある創価学会の壮年部員が妙輪寺を訪れた。それは近隣
の公園や駅頭などで法華講員が「正しい信仰を伝えるお寺に、ぜひいらしてく
ださい」「御住職とお話しましょう」とビラを撒いて誘っていたので、それに
従い、興味があって訪問したのだ。

 その壮年部員は寺の受付で堂々と名乗り「御住職にお話を伺いに来ました」
と告げると、受付の女性が「御住職に通します」と言い、受付前で待つよう、
とのことだった。壮年部員は住職が喜んで出てきて話をするものと思って待っ
ていた。

 だが、出てきたのは若い坊主で「何をしに来たのですか? あなた方にお話
することは何もありません。お帰りください」と逃げ腰だった。壮年部員が丁
重に「御住職にお話を伺いたい」と言っても「出て行ってくれ」の一点張り。

 法華講員が公園や駅頭で撒いていた「御住職とお話しましょう」というビラ
を見て訪ねても追い返そうとする。あのビラは一体、何だったのか。

 受付の付近での異様な雰囲気に気付いたのか、ビラを撒くしか能のない法華
講の壮年・婦人の活動家が二階の仏間から降りてきて、壮年部員に罵詈雑言を
浴びせ始めたが、壮年部員は終始、冷静だった。

 法華講員が騒ぐ中、ようやく盛岡が顔を出したものの、開口一番、「あなた
達と話すことは何もないっ! 出て行ってくれ!」と一方的に対話を拒否した。

 壮年部員が対話を拒否する理由を問うても「邪義だから……」と口走るばか
り。「邪義だと思うなら、何故、僧侶のあなたが破折しないのか?」と壮年部
員が糺すと、何かブツブツと呟きながら奥に逃げ込んでしまった。(つづく)
  1. 2014/03/25(火) 23:10:28|
  2. フェイク

フェイク 第1443号

フェイク 第1443号(発行=14.03.15)
顰蹙買う日顕宗の街頭折伏
絶望的な「五十%増」に焦る各末寺の醜態
妙相寺の「路上勧誘」に迷惑する市民


日顕宗の早瀬日如が無謀な大風呂敷を広げて打ち出した「平成二十七年まで
に法華講員の五十%増」まで残り一年を切った現在、各末寺は非常識な勧誘に
血道を上げている。街中で手当たり次第に声を掛ける迷惑な「街頭折伏」、寺
の前で人を寺に誘い込む強引な客引きのような「呼び込み折伏」、更には大阪
市西区の聖教寺(坊主は長坂慈精)のように女性講員が色仕掛けで浮浪者風の
男を寺に連れ込む「デート折伏」(本紙第一四三六号を参照)などである。

 三月に入ってからは樋田一派が長野駅前での無差別な「路上勧誘」を頻繁に
行っており、声をかけられて「迷惑です」との声も聞かれるが、妙相寺(長野
市内)の青年部長を中心に数人の女性信徒がグルになって続けている。

 勧誘の方法は、青年部長が女性信徒と並行して歩きながら「南無妙法蓮華経
が……南無妙法蓮華経……」云々とブツブツ呟きながら駅前を歩き回る。こん
な狂気の異様な光景が街の噂になって顰蹙を買っている。

 来年の春、開業する北陸新幹線の工事が着々と進み、長野駅の整備も進行し
ている中で、このような薄気味悪い集団の行動に長野駅前を訪れた人達は恐怖
を感じながら早足でその場を後にしているということだ。

 実は、この長野駅前での勧誘は、三年ほど前から街宣・ビラ配布という形で
始まっていた。その頃は樋田某も得意気な顔で少し離れた所から監視していた
ようだが、成果は全く上がらなかった。その後、住職の石岡雄哲が導師となり、
塔婆を並べて行った「応神天皇陵参拝」までは虚勢を張っていた樋田も「住
職・石岡の急死」という打撃的な出来事があり、樋田の一味は意気消沈してい
た。

 樋田の商売も行き詰っているようだ、と心配する法華講員もいる。

 石岡の葬儀では、樋田の家族(妻と子ども四人)が参列していたが、樋田自
身は家族と距離をおいていたので、妙相寺の講員は「とても家族とは思えない
様子だった」と語っていた。

 昨年の年の瀬も迫った十二月、家族連れで賑わう夜の長野駅前で「富士山の
近くに登山しませんか?」とナンパまがいの勧誘をしていたことも目撃されて
いる。こんな非常識な迷惑行為を推奨する日如、阿部信彰は狂っているという
他はない。
  1. 2014/03/15(土) 23:13:12|
  2. フェイク
次のページ

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。