「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェイク 第1417号

フェイク 第1417号(発行=13.10.30)

真言宗の暴力僧より悪辣な日顕
日蓮正宗の坊主による暴力事件特集 ①
暴行の後、何食わぬ顔で御開扉の導師


真言宗の開祖・空海の生誕地にある香川県の善通寺(写真)で修行中の二十
三歳の青年僧が指導役の僧から二十日間にわたって殴る蹴るの暴力を受け、肋
骨の骨折、打撲などの怪我をしていた暴行事件が二十九日に表面化して警察が
捜査を進め、指導役の僧は解雇された。

神聖な宗教施設であるべき寺院内で修行僧を殴るとは僧としてあるまじき行
為だが、このニュースを見た複数の改革僧が「日蓮正宗の宗内での暴力行為は、
こんな真言宗の比ではない。もっと激しくて凄まじい」と告白して日顕・日如
のニセ法主から平坊主、所化に至るまでの暴力沙汰の具体例を語っていた。そ
の要旨を列記して紹介する。
◇    ◇
お年玉ビンタ事件

大石寺では毎年の正月、全塔中・山内教師が一人ずつ日顕の前に進み出て「
お年玉」を受け取るのが恒例になっていた。平成十二年の年賀の儀で一人の年
配の山内教師が進み出た時、日顕がいきなり「バシッ」と強烈なビンタを見舞
ったから居合わせた僧たちの表情は一瞬、凍りついたように硬直し、顔面蒼白
になった。

その老僧は病気のため手が不自由になっていたので、片手を差し出したのだ
が、それが日顕には「無礼者」と映ったのだろう。

日顕は「何だ、キサマ、両手で受けろッ!」と罵声を浴びせ、激しく張り倒
したのだ。

老僧の眼鏡が飛び散った。こんな暴虐の限りを尽くすのが日顕である。
◇    ◇
御開扉の直前に暴行

昭和五十七年当時、日顕は正本堂番をしていた石田説道の伏せ拝の仕方に難
癖をつけて、御開扉の直前だというのに物凄い形相で襲い掛かった。

実にバカバカしいことだが、本来は床に平伏(ひれふ)す「伏せ拝」で日顕を
迎えるところを、石田は膝を曲げて屈(かが)む「端座合掌」の姿勢であった。

日顕は、その石田の姿をひと目見た瞬間、癇癪玉を爆発させた。「何でお前
は他の者と同じことができないんだッ!」

罵声を浴びせたかと思うと石田の首根っこをムンズと捕まえて、自分の傍に
引き寄せた。そして「ゴツン」「ボコッ」「ボコッ」「ビシッ」と無抵抗の石
田に肘打ち、膝蹴り等々、立て続けに激しく暴行を加え続けた。日顕は散々、
暴行を働いた後、何食わぬ顔で御開扉の導師をしていた。
◇    ◇
大御本尊の間近でも

暴行魔の日顕は平成六年十月二日、解体前の正本堂内で凄まじい「ビンタ事
件」を起こした。支部登山で目通りした敦賀・若法寺の住職に対して日顕が突
然、強烈なビンタを浴びせた。

 大御本尊の間近で、御開扉の直前の暴行だ。

これは殴られた住職が大宣寺の菅野慈雲(故人・日龍)に悩みを相談し、それ
が日顕の逆鱗に触れたのが原因で、そのため、日顕は殴った瞬間、「キサマ、
誰の弟子だ」「ワシの弟子だろうがッ」と声を荒げていた。

この時、強烈なビンタを食らった宮田雄大氏は、その後、還俗した。(つづく)
スポンサーサイト
  1. 2013/10/30(水) 23:24:56|
  2. フェイク

短信 第565号

短信 第565号  平成25年10月24日(木)
日 顕 宗 の 動 き


1.初登山の日程変更に末寺住職が悲鳴

 明年の日顕宗の初登山の日程が変更になった。例年、信者の初登山は1月3
日・4日に行われてきたが、明年から2日・3日に行われることになったのだ。

 機関紙「大白法」10月16日号は「初登山は年間を通じて最初の大切な行事」
「今回の日程変更を契機とし、家族挙(こぞ)って初登山に参加する習慣を定着
してまいりましょう」と煽(あお)っている。

 とばっちりを食らうのは末寺である。新年は末寺の書き入れ時であり、1月
1日に続いて2日も新年勤行会を開催している寺は全体の半数近くあるが、2
日から初登山が行われれば、末寺への参詣者数や供養の金額が減ることは必至
である。そうでなくても、支部登山等への参加強要等で末寺への実入りは減っ
ており、今や全体の約3分の1が援助寺院に成り果てている。

 新年から心もとないスタートを切らされる末寺は哀れ極まりない。


2.宗内人事

 末寺の住職人事が発表になった。先月死亡した福岡・霑妙寺住職、内藤壽学
の後任に、岐阜・本玄寺の諏訪涼道(63)が、本玄寺には岐阜・経行寺の中
尾歴道(60)が、経行寺には霑妙寺の副住職だった太田信道(55)が入っ
た。

 また、今月9日に急死した長野・妙相寺住職、石岡雄哲の後任には、長野・
信盛寺の落合尊福(57)が、信盛寺にはハワイ・本誓寺住職を辞めて帰国し
ていた後藤史道(55)が、本誓寺には本山・大坊から木村正嘉(39)が入
ることになった。


3.11月の予定

 3日(日) 広布唱題会(本山、末寺)
10日(日) 御講(末寺)
19日(火) 御影堂改修法要(本山)
20日(水) 御大会(本山 ~21日)
23日(土) 御影堂改修法要登山(本山 ~12月20日)

短信565
  1. 2013/10/24(木) 23:37:40|
  2. 短信

短信 第564号

短信 第564号  平成25年10月10日(木)

日 顕 宗 の 動 き


1.折伏推進委員の坊主が派遣先で急死

 日顕宗の折伏推進委員を務める長野・妙相寺住職の石岡雄哲が、派遣先で急
死した。57歳だった。

 石岡は8日夜に高知県内で行われた南四国布教区の広布推進会に出た後、ホ
テルに戻ったが、翌9日、チェックアウトの時間になっても出てこなかったた
め、ホテルの従業員が部屋を確認したところ、変わり果てた姿で発見された。
高血圧の持病があった石岡は、多忙を言い訳にして通院治療を行っていなかっ
たとの情報もある。

 石岡は生前、樋(とよ)田(だ)某ら寺の信者にインターネットを使った脱会者
づくりをそそのかし、まことしやかな現証論を持ち出して「地獄に堕(お)ちる」
などと吹聴していたが、かえって自身が厳しい現証をさらすことになった。

 日顕宗の末寺住職たちは皆、身も心もボロボロである。「折伏ノルマ」「登
山ノルマ」「寺の財政の逼迫(ひっぱく)」のためにストレスを溜(た)め込んで
おり、体調を崩して住職を辞める者が続出している。

 ちまたでは、従業員に過酷な労働を強いて搾取(さくしゅ)する「ブラック企
業」が話題になっているが、「死ぬ気でやれ!」と住職たちを恫喝(どうかつ)
した結果、本当に死人を出してしまった日顕宗はまさに「ブラック教団」とし
ての不動の地位を確立したと言えよう。


2.布教活動に寺を使わぬ法華講

 法華講が各地の公共施設を借りて勧誘を行っている。配布チラシには「法華
経研究会」とあるだけで「日蓮正宗」とは書かれていない。うっかり参加する
と学会への誹謗中傷を延々と聞かされ、「日蓮正宗に入信しないと地獄に堕(
お)ちる」と脅される。

 本来、公共施設では宗教の勧誘を行ってはならない場合が多い。にもかかわ
らず、実態を隠してこそこそと勧誘する法華講員たち。「学会員」と偽(いつ
わ)って家に上がり込んで御本尊を持ち去っていく詐欺(さぎ)師まがいの連中
なら平気でやりそうなインチキ行為である。このようなルール違反を見つけた
ら、ただちに関係各所に通報すべきであろう。

 わざわざ公共施設を使わなくても、寺があるではないか。機関紙「大白法」
も「寺院の意義」について「僧侶が居住して布教活動を行う場所」(平成15
年6月16日号)と。なぜ、法華講は寺を使わず、わざわざ公共施設を借りる
のか。この事実こそ、日顕宗の寺が単なる"坊主の寝床"であり"無用の長物"で
あることを物語っていると言えよう。

  1. 2013/10/10(木) 23:13:23|
  2. 短信

フェイク 第1413号

フェイク 第1413号(発行=13.10.03)
「強要での家宅捜索は憲法違反」?
 顕正会の九月度総幹部会で警視庁を非難
 浅井の邪義が蔓延っても広宣流布ではない


邪教・顕正会は九月二十五日、大宮市内で総幹部会を開き、会長の浅井昭衛
が警視庁公安部による東京会館など五カ所の家宅捜索を厚顔無恥にも「憲法違
反だ」「謀略だ」と息巻いていた。

浅井の見当違いの妄言は、警視庁公安部が去る九月十一日、顕正会(本部・
さいたま市)の本部、東京会館、神奈川会館、及び二人の顕正会員宅を暴力行
為法違反と強要の疑いで家宅捜索(本紙第一四一一号で詳報)した事を指してい
る。

浅井は無知な会員を扇動して入会強要や脅迫に走らせておきながら、警察の
捜査を非難する卑劣な男で、オウム真理教の麻原彰晃に似て社会に害毒を流す
陰湿な〝狂祖〟と言える。

浅井は幹部会の席で警視庁による家宅捜索の目的を「顕正会の社会的信用を
失墜させる」ためだと語り、更に「国家権力がかかる行為をすることは信教の
自由に対する侵害、憲法違反ではないか」等と開き直っていた。

だが、もともと顕正会には社会的信用など全くないし、不法行為を警察が取
り締まることは、憲法に何ら違反するものではない。

狡猾な浅井は警察の背後に某宗教団体があるかのように事件の本質を誤魔化
し、更なる勧誘を煽っていた。

また、浅井は「国家権力が顕正会を憎み妨害すれば、もう広宣流布は近い」
「誰人が妨害しようとも、広宣流布を止めることは絶対にできない」「顕正会
は、日蓮大聖人の御遺命たる国立戒壇を堅持する唯一の団体である」とも豪語
していた。

これらの浅井の発言は、悉く的外れである。浅井は終末思想、地震予知など
で恐怖心を煽っているが、たとえ、浅井の邪義が世間に蔓延(はびこ)ろうとも、
それは広宣流布ではない。

 しかも、国立戒壇は日蓮大聖人の御遺命ではなく、国柱会・田中智学の妄想の
産物に過ぎないのだ。

浅井は、これまで地震、隣国からの核攻撃、人類の絶滅、経済危機、大旱魃、
疫病、国家破産など「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」とばかり、数多くの予言
を続けて全て外れた。肝心な東日本大震災、巨大津波、福島の原発事故につい
ては一度も予言していない。

浅井昭衛が悪の根源

昭和四十七年六月には、「一元之宮」という関西の新興宗教の教祖が、大地
震の発生を予言して外れた責任を感じて割腹自殺を図ったことがあった。この
教祖に比べると、浅井には信仰者としての信念、責任感、良心のカケラもない。

もし、あると言うならば、潔く割腹して会員に詫びるべきだろう。

浅井にしてみれば、顕正会員に危機感を植え付けて教勢拡大に暴走させるの
が狙いだから〝予言〟が当たろうと、外れようと構わないのかも知れないが、
浅井の腹黒い魂胆も知らず、その戯言を涙ながらに聞いて勧誘に狂奔させられ
る愚かな会員が哀れである。

平成十一年九月度の幹部会でも、今は失脚している浅井克衛(当時の男子部長
)が神奈川県警に会員が逮捕され、会館が家宅捜索されたことを恨んで「神奈
川県警に大罰下る」等と悪口を言ったことがある。顕正会に浅井が君臨する限
り悪辣な体質は変わらない。

  1. 2013/10/03(木) 23:26:54|
  2. フェイク

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。