「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェイク 第1350号

フェイク 第1350号(発行=12.12.28)
窮地に立つ日顕と配下の邪義班
逃げ回る日顕に「二度目の敗北」を通告
改革同盟の松岡氏、宗門側の愚問を論破


日顕の九十歳の誕生日であった十二月十九日、青年僧侶改革同盟の松岡幹夫
氏による「阿部日顕の二度目の敗北を通告し、未回答の二五四問を含む二八二
問を示す」との百八十一頁にのぼる糾弾文書が日顕に届けられた。この日、日
顕は都内の一等地に建つ宗門の建物を私物化した豪邸でファミリーや取り巻き
の坊主共を集めて誕生会を開催していた。上機嫌の最中に、これまで松岡氏の
糾弾から逃げ回っていた日顕に届いた厳しい追撃文書に祝賀の気分も吹き飛び、
顔面蒼白になったのではなかろうか。

 同文書は全国の末寺にも順次、送付され、今頃は末寺坊主らが興味深く読ん
でいることであろう。

 松岡氏と日顕側との論争は約八年前に遡る。平成十六年十二月二十日、松岡
氏が「現代の大石寺門流における唯授一人相承の信仰上の意義」という学術論
文を「東洋哲学研究所紀要」第二十号に発表したことに端を発する。それに対
して邪宗門の青年僧侶邪義破折班(以下「邪義班」と記す)が約半年も経ってか
ら小冊子「離脱僧松岡雄茂の本宗の唯授一人相承に対する邪誑の難を粉砕す」
を発行したが、松岡氏は追撃の手を緩めることなく、日顕側を徹底的に追い込
んでいった。

 窮地に立った日顕は遁辞を並べるだけで、まともな反論ができないまま今日
に至っている。

 日顕の敗北を決定的にしたのは、今年八月の教師講習会で松岡氏の質問に回
答できなかったことである。

 松岡氏は日顕の「百六箇抄」講義に関する二十五項目の質問を出し、教師講
習会で回答するよう要求。松岡氏らの質問は日顕の著作の「カタカナ表記」の
必要性や日顕の「己義」などを問うた興味深いものばかりであった。これに対
し日顕は逃げ口上を述べ、邪義班が作成した粗雑な文書を配布して、お茶を濁
したのだ。

 今回は日顕の意を受けた邪義班が「松岡幹夫は正々堂々と返答せよ」という
幼稚な文書を松岡氏宛てに送付すると共に機関誌「大日蓮」十一月号に掲載し
たことに対する松岡氏の反撃文書で、頂門の一針である。

厳しい再質問事項

邪義班には教学部長の水島公正、布教部長の阿部信彰らの役僧も関与してい
るようだが、邪義班文書は、お粗末の極み。松岡氏の追及には何一つ回答でき
ず、論争とは関係のない二十項目の質問の羅列に終始した。

 この点について松岡氏は「この行為は、将棋の対局中に盤をひっくり返すよ
うなものであり、真面目な法論を放棄したに等しい。よってここに、邪義班及
びその主人たる阿部日顕の敗北を、広く宗の内外に通告する」と断じている。

 その上で松岡氏は、日顕の相承に関しても、血脈の内付を受けたという昭和
五十三年四月十五日の時間と大奥の部屋の特定、更にどのように受けたのか具
体的に明らかにするよう迫り、また「日顕」という自分で勝手に付けた日号に
も鋭く言及している。

 更に「再質問事項」として「一般常識の部」「仏法の部」「世法?仏法の部」
「現証の部」に分けた容赦のない質問で日顕を土壇場に追いつめた。日顕には
寿命の縮む思いの贈物である。


スポンサーサイト
  1. 2012/12/28(金) 23:40:57|
  2. フェイク

短信 第546号

短信第546号 平成24年12月20日(木)

日 顕 宗 の 動 き


1. 高野日海が死亡
東京・本行寺住職の高野日海が10日、死亡した。84歳だった。
かねてより、肺気腫を患わずらって療養中と伝えられていた。

高野は、これまで寺族同心会会長などを務めたが、これといった功績らしきものは
なく、“日顕の実父”ともささやかれる父親・高野日深の“七光り”で現在の地位に
昇りつめたと言われていた。

12年前には、横浜に5億円もかけて建てた寺(宣法寺)に実績のない息子・千道
(52)を住職として入れたが、今回、高野の後の本行寺住職には、娘婿で埼玉・
宣行寺住職の村上節道(62)が就くことになった。
宗内からは、“どこまでいっても情実人事じゃないか”との憤まんの声が漏れ聞こえてくる。
本行寺に入る村上の後任として埼玉・宣行寺には大阪・本説寺住職の武安力道(62)が

入る。本説寺には福岡・要言寺住職の濵津治道(51)が、要言寺には徳島・皆妙寺住職
の荒谷正鎮(38)が、皆妙寺には本山・大坊在勤の浦上良忍(32)が入ることになった。

2. 高知・延寿寺が全焼
16日午後4時45分ごろ、高知県南国市の日顕宗寺院、延寿寺(住職・川口盟道)
から火が出て、木造平屋の本堂と住居部分の合わせて約300平方メートルを全焼し、

約3時間後に鎮火した。消火作業に消防車13台が出動し、一時、現場は騒然となった。

住居部分が火元と見られ、警察が原因を調べているが、同寺はかねてより、「漏電」を

指摘されていたとの情報もある。

3. 1月の予定
1日(火) 新年勤行会(本山、末寺。寺によっては2・3日の開催も)
3日(木) 初登山会(~4日)
13日(日) 御講(末寺)
  1. 2012/12/20(木) 23:41:46|
  2. 短信

フェイク 第1349号

フェイク 第1349号(発行=12.12.18)

速報! 高知県の延寿寺で大火
相次ぐ火災 日如が現代の「両火房」を証明
本堂と庫裏を合わせて約三百平米が全焼


 日蓮正宗・延寿寺(高知県南国市内、住職は川口盟道)から十六日午後四時四
十五分頃、出火し、同寺の木造平屋の本堂と庫裏(住居部分)を合わせて約三百
平方メートルを全焼、約三時間後に鎮火した。本堂の板本尊も焼失した模様で
ある。

 南国警察署などによると、出火時には住職の川口盟道は外出しており、参詣
者もおらず、住職の女房が一人で寺にいたが、避難したため怪我はなかったと
いう。火元は住居部分と見られ、同署が原因を調べている。

 同寺は昭和五十年十二月十九日の建立で、川口は平成十年二月、同寺に入っ
た。現在は南四国布教区の副支院長で、出火の責任は重い。ある僧は「日顕の
誕生日に建立された末寺が焼け落ちたことは、不吉なことを暗示しているよう
だ」と意味深長に語っている。

 行く先々で集中豪雨などに見舞われ「雨日顕」「雨坊主」と揶揄された日顕
に相反して、早瀬日如は「火難」が付き纏っている。

 日如が「盗座」した翌年の平成十八年八月十二日の午後四時前、大石寺の奉
安堂の東側に立つ杉の大木に落雷。杉の大木は中央付近から火を噴いて、周辺
には黒煙が立ち込めた。

 この落雷を愚劣な「慧妙」は「功徳だ」と強弁した。これに応えるように、
今の日蓮正宗には火にまつわる〝功徳〟が多発している。

 同二十一年八月二十八日には大石寺の駐車場で乗用車十台が焼ける火災があ
り、またアメリカ・ワシントンDCの妙宣寺(住職・村田雄瑞)が十月十一日(
日本時間十二日)に焼失した。

 次いで、十一月十五日午後には大石寺の境内にある休業中の売店で、建物八
店舗、約二百五十平方メートルが全焼。消防車十数台と地元消防団も駆けつけ
て消火に当たったが、約一時間も燃え続け、一帯は物凄い炎と黒煙に包まれた。

 更に、平成二十二年一月十七日午後七時頃、かつて日如がいた新宿区の大願
寺でボヤ騒ぎがあったことも記憶に新しい。

 「王舎城事」には「両火房と申す謗法の聖人・鎌倉中の上下の師なり、一火
は身に留りて極楽寺焼て地獄寺となりぬ、又一火は鎌倉にはなちて御所やけ候
ぬ、又一火は現世の国をやきぬる上に日本国の師弟ともに無間地獄に堕ちて阿
鼻の炎にもえ候べき先表なり、愚癡の法師等が智慧ある者の申す事を用い候は
ぬは是体に候なり」とある。

 良観の極楽寺が火事で焼失し、良観が庇護を受けていた鎌倉幕府の御所でも
火災が起こったことから日蓮大聖人は「りょうかん」をもじって「両火房」と
揶揄された。日如は現代の「両火房」である事を証明した。

  1. 2012/12/18(火) 23:14:48|
  2. フェイク

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (168)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。