「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェイク 第1285号

フェイク 第1285号 (発行=12.03.30)


顕正会の浅井が捜査機関を愚弄!
浅井昭衛一派の悪質な暴力体質を糾弾 ㊦
「大震災を機に信者を増やそうと邪悪な活動」


 顕正会は入会を拒否する良識の人々に対して拉致・監禁、殴る蹴るの暴力を働き、ケガを負わせて逮捕されると「不当逮捕だ」等と騒いで反省の様子は微塵もない。顕正会の反社会体質に触れた「治安フォーラム」平成二十三年十月号でも事件を起こした会員に罪悪感が乏しいと述べ、会員が執拗、強引な勧誘等を行って逮捕されると不当逮捕とか、正当な宗教活動に対する不当弾圧、事件性のないものを事件にでっち上げた等々と、捜査機関を痛烈に批判するだけで反省の姿勢がない、と鋭く指摘している。
この無反省、居直り、厚顔無恥が会長・浅井昭衛の体質なのである。


 たとえば、平成十一年九月二十七日の総幹部会の席上、会員が反社会活動を続けている事実を棚に上げ、約三千五百人の参加者を前に、警察を逆恨みして悪口雑言。更に、長男の克衛にも神奈川県警の悪口を言わせていた。克衛は「顕正会弾圧の神奈川県警に大罰下る」と題し、妥当な捜査を行った同県警に罵詈雑言を浴びせていた。


 克衛は顕正会員に対する不当な逮捕・拘留、また家宅捜索を行なった神奈川県警の不祥事が突如として噴出したと前置きして「県警トップの本部長辞任という深刻な事態にまで発展いたしました」「神奈川県警は悪徳警官の見本市であり、暴力団さえも舌を巻く病的な腐敗」等と力説した。


 そして「(神奈川県警は)あたかも顕正会が暴力集団であるかの如きイメージを与えた」と述べ、まるで顕正会が暴力集団ではないかのような発言をしていた。


 これを受けた会長の浅井昭衛は、臆面も無く「神奈川県警の大罰もそうですね。県警の本部長などといえば、一般庶民から見れば権力の象徴そのものです。
しかし、ひとたび諸天の責めを受けるや、あっという間に辞任という事態に追い込まれてしまう」「『オウムのような団体』などといって弾圧したから、このような大罰が下ったのである」と神奈川県警を愚弄し、蔑ろにしたのである。


 だが、大聖人の仏法を悪用して人々を騙す顕正会こそが仏罰必定と知るべきだ。


 昭衛の長男・克衛は己の不倫問題で今では会合にも機関紙にも登場していない。


 冒頭にあげた「治安フォーラム」平成二十三年十月号が、顕正会を次のように指弾していたので紹介する。

 東日本大震災が発生して以降、各自治体や各種団体、宗教法人が救援活動に取り組み、義援金の拠出、現地でのボランティア活動、被災(避難)された方々への救援物資の配布等に取り組んでいる反面、大震災を機に信者を無理矢理に増やそうと、邪(よこしま)な活動を続ける団体があり、それは特に顕正会だと指摘。東北の顕正会員で犠牲になった人がいない等々と偽って入会を勧誘している実例を挙げて、不安感・恐怖心を煽る浅井らの独善的な主張を列記している。


 そして顕正会員で犠牲になった人がいないというのは事実を故意に伏せているか、逆にアピールが真実とした場合、会員数は同会が発表している人数より遥かに少ないと指摘している。


 確かに会員は公称百五十万、実数は約五万人、入会させられても不快な思いをして皆、去っていく。
(終り)

フェイク1285



「治安フォーラム」立花書房の紹介ページ
顕正会1
「治安フォーラム」2011年10月号・目次
カルト・宗教関係/治安フォーラム項目別索引
スポンサーサイト
  1. 2012/03/30(金) 23:25:54|
  2. フェイク

短信 第530号

短信 第530号  平成24 年 3 月29 日(木)
日顕宗の動き

1. 春季登山会の参加者が大幅目標割れ

 24・25の両日、法華講春季総登山会が行われた。3万人の結集目標に対し、集ま
ったのは約2万5千人。大幅な目標割れだ。

「登山」が法華講員にとって大きな負担になっている。「全講員が登山」というノル
マを満たすために、“幽霊講員”の分まで何回も登山させられるからだ。本山の売店関
係者がこぼす。「登山する人はいるのに、店に人が来ない。商売にならない」「登山者は
交通費、供養を出すのがやっと。土産を買ったり、食堂に入る余裕はないのだろう」。

 最近では、寺として支部登山用のバスをチャーターしたものの、参加者が集まらず、キ
ャンセルするケースが増えているという。

 春季総登山会の初日に行われた法華講講頭会では、執行部から「御講の参加者が少な
いので増やせ」との指示があった。所詮、法華講員は「金づる」でしかないのだ。

2. 無用の研さん機関設立にブーイング

 日顕宗ではこのほど、「教学研鑽所」なる機関を設立し、教学部で暇をもてあそんで
いた坊主たちをあてがうという。「法主絶対論」「御書部分論」等、大聖人とは無縁の邪
義を振りかざす日顕宗だが、日顕の肝いりで作られるというこの「教学研鑽所」も、所
詮は「邪義研鑽所」にほかならない。

 宗内からも「そんなものをつくるより、まずは、毎年億単位の経費がかかる『富士学
林大学科』(1988年<昭和63年>に日顕が開設。別名「法教院」。小僧の教育機関
だが、「用をなしていない」と批判されて久しい)を閉鎖して、末寺への援助金に回すべ
きだ。どれだけの困窮寺院が救われることか」といった不満の声があがっている。

 壊すのは正本堂、大客殿等、重要なものばかり、作るのは無駄なものばかりのお粗末
な日顕宗である。

IMG_20120403190059.jpg
  1. 2012/03/29(木) 23:41:14|
  2. 短信

フェイク 第1284号

フェイク 第1284号 (発行=12.03.29)

新潟地裁、顕正会の請求を棄却
浅井昭衛一派の悪質な暴力体質を糾弾 ㊤
首を絞めた暴行会員の逮捕は妥当


 邪教の顕正会(本部・さいたま市、会長は浅井昭衛)が新潟で裁判に敗北した。新潟日報によると、宗教法人「顕正会」から脱会しようとした男性にケガを負わせた傷害の疑いで新潟県警に逮捕されたのは不当だとして、逮捕された長岡市の元少年(当時十八歳)と顕正会が新潟県に計一千万円の損害賠償を求めていた訴訟で、新潟地裁(草野真人裁判官)は二十七日、原告の請求を棄却した。

 判決では、男性への暴行は脱会をめぐるトラブルではないとする原告の主張を認めず、逮捕や捜索も不当ではないとした。

 新潟日報では事件の詳細を報じていないが、この顕正会員による障害事件とは平成二十一年一月二十日、長岡市の十八歳の専門学校生の顕正会員が傷害容疑で新潟県警に逮捕され、同会の会館などが家宅捜索を受けた事件を指すと思われる。

 未成年のこの男性会員は同二十年十二月十六日午後、新潟市中央区米山の路上で、同市東区の男性(二十歳)の首を絞めるなどしてケガを負わせた。二十歳の男性は、入会はしたものの、顕正会が邪教と気付いて退会の意向を伝えたところ暴行を加えられたのである。

 最近は、警察沙汰になるのを警戒して巧妙な手口で勧誘を続けているが、数年前までは浅井昭衛(写真)に扇動された顕正会員による暴力行為、障害事件、器物破損などの凶悪な犯罪が全国的に後を絶たなかった。

 新潟県警によると、この未成年だった男性会員が逮捕された平成二十年だけでも顕正会を巡る勧誘、退会に関するトラブルの相談が同県警に約二百件も寄せられ、県内の高校生や知的障害者などに強引な勧誘を繰り返し、学校側や障害者施設とトラブルを続発させていたという。新潟市内にある障害者施設の関係者の話では、顕正会員による知的障害者への勧誘は平成十六年頃から激しくなっていたとのことである。

 また、駅周辺や繁華街では女性会員が通行人などに声を掛け、顕正会への勧誘という目的を告げず言葉巧みに会館に連れ込み、入会させるケースも多かったようである。悩める人を救う宗教の役割を捨て、甘言を弄して入会させ、その頭数を競わせるという悪質な手口を使うのが顕正会である。

 特に、平成二十年には新潟市中央区の障害福祉サービス施設の利用者の会員を介して、同施設を利用する知的障害者全員が入会させられ、利用者の家族からの苦情で、施設を閉鎖せざるを得ない事態にまで追い込まれたこともあったという。目的の為には手段を選ばない露骨さである。

 顕正会本部は「知的障害者らをターゲットにした勧誘はしていない。本人の同意を得て入会してもらっている」といい加減な説明を繰り返し、当時十八歳だった男性会員の逮捕も「事実無根で不当逮捕だ」と居直っていた。厚顔無恥にも新潟県に損害賠償を求めて訴訟を起こしてはみたが、敗訴したうえ、邪な教団の実態を白日の下に晒すことになった。こんな教団を看過してはならない。
(つづく)

フェイク1284
  1. 2012/03/29(木) 23:23:16|
  2. フェイク

フェイク 第1282号

フェイク 第1282号(発行=12.03.13)
日顕宗は宗祖に背く邪義邪宗
日如の学会誹謗は的外れ、反省懺悔せよ
学会員の純真な信仰に日達師は落涙し合掌


 学会批判を繰り返す早瀬日如は二月二十二日の立正安国論七五〇年記念局委
員会で、宗門が犯した三宝破壊などの大謗法を棚に上げ、打ち続く震災は、学
会などの「邪義邪宗」のせいだと誹謗。最近のテレビ報道などでは大地震を予
測し、その対策などが論議されていると述べたあと「そういった混乱のすべて
の原因は邪義邪宗の害毒にあるのですから、これら邪義邪宗の害毒を徹底的に
破折していくことが大切であります。創価学会をはじめ、あらゆる邪義邪宗は、
私達が破折しなければ絶対に滅びないのです」と言いながら、日如自身は信仰
心もなく、折伏もできない。御書も読めず、本尊も満足に書写できない。

 こんな似非坊主が、仏意仏勅の広宣流布の団体を誹謗すること自体、一切の
混乱の根本原因であると知るべきだ。

 信・行・学の全てにわたって日々、真面目に実践している学会員と宗門の坊
主、寺族を比較すれば、どちらが大聖人の御心に適っているか。行躰(ぎょう
たい)即信心である。学会を誹謗する前に、日顕、日如をはじめ坊主共は自己
の信心を反省懺悔するべきである。

 日如は記念局委員会の席で「『立正安国論』の御正意をしっかりと体して」
とも語っていた。

 だが、宗門は「立正安国論」を口実に毎年、特別供養と称して多額の金を集
めては建物の破壊と新築、改築を繰り返し、また浄財を生活費のみならず、遊
興費にも流用しては贅沢三昧に耽っている。

 題目は同じでも、大聖人の御精神に適うか否かで結果は歴然とする。

 学会が大発展し、宗門は衰亡の一途を辿る。それは広宣流布を願う信心の一
念の違いによるのである。

 純真な学会員は日頃から自分の今いる地域、職場で仏法理解の輪を広げよう
と苦心し、努力している。まさに行住坐臥(ぎょうじゅうざが)に不惜身命の
闘いを続けている。

 更に、学会員は毎日の勤行・唱題はもとより、悩める友の幸せを願って、我
が身を顧(かえり)みず深夜まで唱題し、御書を拝して励ましあっている。

 この崇高な民衆救済の実践は、池田名誉会長が身をもって示してきた学会精
神の発露である。

 このような学会員の健気な姿を、かつてテレビの報道番組で目にした日達法
主が、涙を流して合掌したという話も伝わっている。

 現在の宗門は坊主でありながら、学会員のような真剣な信仰活動をしている
者は、おそらく皆無であろう。「大聖人の直系」などと自称しながら、実態は
大聖人の教えに背く邪義を唱えて憚らない。

 邪義の元凶である日顕は「『大聖人直結』などという、そういう考え方、そ
の言葉自体が狂っておる」(平成四年年八月二十四日)、「御書直結という語
自体が大聖人の御聖意に反している」(同年八月二十八日)と発言し、自らニ
セ法主であることを露呈した。

 御書よりもニセ法主の指南の方が絶対という「法主本仏論」なる邪義邪説で
日蓮大聖人を蔑ろにし、居丈高に信徒に振る舞う行為も許し難い。仏勅の広宣
流布を妨害する日顕宗こそ「現代の一凶」と言うべき最悪の邪教である。
  1. 2012/03/13(火) 23:07:39|
  2. フェイク

フェイク 第1281号

フェイク 第1281号(発行=12.03.08)
偽書を金儲けに利用する日顕宗
宝塚・妙久寺で毎月、「十王讃歎抄」を学習
機関紙に連載、塔婆商人の米田法秀が講義


日顕宗・妙久寺(宝塚市)の法華講支部機関紙「妙智」は昨年七月以来、毎
号「今月の拝読御書」として「十王讃歎抄」を連載し、坊主の米田法秀(写真)
が御講で連続して講義している。

その狙いは塔婆を強要し、供養を搾り取るためである。同寺の講員有志から
は「日蓮大聖人の御真筆かどうか疑わしい御書を毎月、機関紙に載せて、住職
が講義するのは、どう考えてもおかしい」との疑問の声も上がっている。

過去には宗門の坊主共が、この「十王讃歎抄」を「回向功徳抄」と合わせて
塔婆で荒稼ぎするため金科玉条のように利用していた。

特に、昭和五十九年五月、妙久寺に入った米田には、以前から塔婆に関する
苦情が多かった。ある人が、塔婆の冥加料を受付にいた米田の女房に手渡すと
「先生(米田)への御供養も必要です」と要求した。

その人が「先生への御供養じゃないでしょ。御本尊への御供養でしょ」と諭
すと、女房は「つべこべ言わないで」と怒鳴ったという。

妙久寺の「塔婆願い」の用紙には法要に「参加」「不参加」を記入する欄が
あって「不参加」と書いた人が、たまたま参加したら塔婆が立っていなかった。

要するに、寺へ来ない人の分は供養だけ取って塔婆を書かずに済ますのが常
套手段だった。不審に思って問い糺すと「あっ! 忘れていた」と白を切る。

 更に悪質なのは、一万円出して申し込んだ塔婆がなかったため、抗議した人に
は、さすがに「忘れていた」と言えなかったのか、米田は「そんな筈はない。
申し込んでいないんだろう」と最後まで譲らなかった。こんな悪辣な塔婆商人
が米田である。

また埼玉・正興寺の木村礼道も「故人は十人の王に一週間毎に裁かれるから、
四十九日まで毎日、塔婆を建てることが大事だ」と説教していた。これを聞い
た信徒の中には四十九日間、毎日、塔婆を建て、その後も愚直に月命日には十
本ずつ建て続けて、一年半で計百八十本を数えたという。

東京・宝浄寺の大村日統(故人)に至っては年間十五万本という塔婆の荒稼
ぎで、預金は約十二億円にも上っていた事が判明した。

大聖人の仏法とは無縁の邪義・邪説で金儲けをするとは、某邪教の壺などを
使った「霊感商法」と同じ悪徳商法である。

こんな塔婆商法の根拠となっているのが「十王讃歎抄」「回向功徳抄」であ
るが、平成六年七月に大石寺が発刊した「平成新編 日蓮大聖人御書」(以下、
「平成新編」と呼ぶ)には、この両書は収録されていない。「平成新編」には
偽書の三十二書と真偽未決の十七書を収録していないのだ。

「十王讃歎抄」「回向功徳抄」は明らかに偽書との見方が強いが、今、偽書
と断定しては、過去に塔婆商法の根拠にしてきた手前、都合が悪いので真偽未
決書としているようだ。

いずれにせよ、偽書の疑いが濃厚なため「平成新編」に未収録の書を機関紙
に連載し、講義を続けている米田の魂胆を宗務院教学部は、どう弁明するのだ
ろうか。
  1. 2012/03/08(木) 23:13:03|
  2. フェイク

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (168)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。