「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

越 洋 平成23年11月28日

越 洋 平成23年11月28日

"魂の独立"から20年、学会は世界宗教へと飛翔

「人生の意義を探し求めようとしない者がいるならば、その人間は生きなが
ら死んでいるのだ」――これは文豪・トルストイの言葉である。今から丁度、
110年前の1901年、帝政ロシアの「宗務院(大教院)」はトルストイを
教会から「破門」した。

「いかに生きるべきか」ということを若い頃から思索してきたトルストイは、
天地創造や処女懐胎、キリスト復活などの"非科学的な教義"について「そんな
ことを主張しているようでは、現代の信仰たりえない」と教会を糾弾した。そ
して破門である。しかもその決定は、本人に説明もなく、話し合いもなく、い
きなり発表するという「一方的なもの」であった。その手口は、日顕が学会に
対して行った「破門」と酷似している。

トルストイの教会権力との戦いと、創価学会が日蓮正宗から"魂の独立"を果
たしたことには、類似点があると『第三文明』12月号で早稲田大学名誉教授
の藤沼貴氏は指摘している。「教会や宗門には伝統的な信仰形態があり、それ
を守ることが最重要であって、それに逆らうことを絶対に認めない。かたやト
ルストイ、創価学会にとっては『いかに生きるべきか』という人間としての根
源的な問いかけが信仰の出発点であり、伝統的な形式や宗教的儀式は二の次、
三の次なのだと思います。両者にこうした相違がある以上、袂を分かつことは
必然だったのでしょう」と。そして「もしトルストイがいまの時代に生き、創
価学会が宗門という古い宗教権威を離れ、いっそう世界に飛翔していったことを
知れば、大喝采を送るに違いありません」と結んでいる。

 トルストイが80歳を迎えた時、"宗教の虚偽と戦った"と、オーストラリアの
団体からの祝福の声など世界から称賛の声が数多く寄せられたという。まさに
「破門」は、トルストイの魂を、人間精神の大いなる峰へと飛翔させることに
なった。

同じように、学会は「破門」を契機に「21世紀の世界宗教」の高みへと飛翔
した。その証拠に、池田名誉会長の思想と行動に五大州からの顕彰は、後を絶
たない。知性の宝冠である名誉学術称号は319(11月19日現在)を数え、
国家勲章は23カ国から贈られている。信頼の証である名誉市民称号は717
という前人未到の壮挙である。

「破門」の愚挙から20年、一方、日顕や宗門に世界の識者からの称賛が一
つでもあっただろうか? 答えは皆無。しかも、去る11月10日に最高裁で
は「日蓮正宗」の名称使用について、日顕が相承の証拠を示せないことから敗
訴。今や、広宣流布とは関係ない日顕宗の供養地獄から逃れようと脱講者が後
を絶たない。この現実の姿を見れば、誰の目にも正邪は歴然。火を見るよりも
明らか。
スポンサーサイト
  1. 2011/11/28(月) 23:16:02|
  2. 越洋

短信 第523号

短信 第523号  平成23年 11月24日(木)
日 顕 宗 の 動 き

1. 「魂の独立」20周年――「大白法」がむなしい"遠吠え"

 28日で「魂の独立」から20年。日顕宗機関紙「大白法」が、「創価学会
破門から20年」と題した特集紙面を作ったが、これが全くお粗末な代物。十
年一日の悪口雑言をむなしく吠えたてている。

 では日顕宗は、この20年間でどのような軌跡をたどったのか。往時の2%
まで信者数は激減。信者は"供養地獄"にあえぎ、登山者は相変わらず"チョボ
チョボ"。本山には約250人の無任所教師がひしめき合っているというのに、
寺は一向に増えない。一方、学会は20年間で世界115カ国・地域から19
2カ国・地域に1千万の正義の連帯を拡大。青年を先頭に晴れやかに勝利の前
進を行っている。どう足掻こうと日顕宗の"敗北の20年"は歴然だ。


2. 正信会を訴えた裁判で完全敗訴

 正信会寺院が寺の看板などに「日蓮正宗」の名称を使用していることから、
日顕宗が名称使用の差し止め等を求めて起こした裁判で、最高裁は10日、1
・2審判決を支持し、日顕宗の訴えを棄却した。

 1審判決は、正信会側の「原告代表の早瀬日如は、詐称法主である阿部日顕
から選定された者で原告の管長ではないゆえ、本件訴えは訴訟要件を欠く」と
の主張を受け、「早瀬日如が原告の代表役員の地位にあるか否かを判断するに
は、同人が宗祖以来の唯授一人の血脈を相承したということができるか否かを
審理しなければならないことになる」として、信仰の教義や内容に立ち入って
審理することが避けられないため、訴え自体を斥けていた。

 学会を相手に争った裁判では最高裁で8度も敗北している日顕宗だが、また
しても赤っ恥をかくことになった。


3. 12月の予定

4日(日) 広布唱題会(本山、末寺)
11日(日) 御講(末寺)
  1. 2011/11/24(木) 23:13:27|
  2. 短信

越 洋 平成23年11月3日

越 洋 平成23年11月3日

 「革命とは、人類の覚醒(かくせい)である」とは、中国革命の父・孫文の
有名な言葉である。彼はまた「人びとが、自分を救えるものは自分しかいない
と自覚して立ち上がれば、大きな力が生まれる。この目覚めた人民の大きな力
があれば、いかに巨大な抵抗勢力があっても、打ち破り、勝つことができる」
と。

 およそ110年前の11月3日「文化の日」。牧口会長は東京・北区の王子・滝
野川(たきのがわ)方面に足を運ばれていた。北海道から東京に出られて数年、
女性の通信教育に先駆的に尽力された牧口会長は、「観楓会(かんふうかい)」
と銘打ち、受講生たちと共に有意義な文化の催しを行っていた。何処までも青
年を大切にされていた牧口会長。女性を対象に通信教育を行ったことは、当時
としては画期的なことだった。

 古代ローマの公衆浴場には、素晴らしい美術品が数多く飾ってあった。ある
とき、皇帝が、気に入った彫像を皇宮に移動させた。"どうせ庶民には、この
傑作は理解できないだろう"――と。すると、入浴客からの猛抗議が殺到。元
の場所に戻さざるを得なくなったという。芸術は「単なる装飾品」でもなけれ
ば「金持ちの贅沢品」でもない。万人に開かれたものでなければならない。そ
もそも美術館の誕生自体、特権階級の独占物であった美術品を、万人が楽しめ
るようにした、民主闘争の賜である。

美術品といえば、高価な美術品や骨董品を信徒の浄財で収集し、自らの権威
づけに使ってきたのが日顕はじめ現宗門のトップの連中である。地方の貧乏寺
の若手を尻目に、本山に集まれば自分の集めた古美術品や絵画を自慢しあう役
僧たち。日顕の"金庫番"だった石井信量(現妙證寺住職)もその筆頭で、大の"
古美術の収集家"であった。

以前、大石寺塔中の蓮成坊住職時代、僧侶であるのに小型の紙幣計算機を風
呂敷に包んで本山内を歩いていたことは有名な話である。日顕や政子が、伊豆
などで温泉豪遊する時や京都での超高級品買いあさりなど、巨額な散財をする
時には、いつもこの男の影があった。

陶器や茶器、美術品など億を超す骨董コレクションを持つており、さらに温
泉豪遊する時や女性との不倫・遊びなど、金を湯水のように使っているのであ
る。日顕はじめ役僧たちは年金生活の法華講員から供養を収奪し、自分たちは
豪勢な生活と豪遊、そして骨董の収集をしている。

まさしく食法餓鬼そのものである。「難」を一度も受けず、遊び戯れて来た
日顕と異なり、学会は、池田名誉会長の死身弘法の瞬時も休まぬ連続闘争によ
り、世界192カ国・地域まで広布を拡大したのである。各国、あの地にも、
この地にも人材が雲集しSGIの発展は目覚ましい。
  1. 2011/11/03(木) 23:55:23|
  2. 越洋

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

10 | 2011/11 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (168)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。