「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェイク 第1245号

フェイク 第1245号(発行=11.09.30)
宗内に伊勢神宮遥拝を通達
軍部に媚びた宗門、権力と戦った学会 ⑥
宗務院部長、警視庁で学会とは無関係と説明


大戦時の法主・日恭が戦意高揚を目的とした「訓諭」を発したのをはじめ御
観念文の改変、御書の発刊禁止と要文削除など教義の歪曲と改変を強行したの
は、卑屈にも時の権力に迎合した事実を物語る。そのような大謗法を犯したの
みならず、日恭は神道思想を日蓮正宗内に広く浸透させた。

その代表例が伊勢神宮遙拝を「院達」で指示したことである。昭和十七年十
月、伊勢神宮の行事にあたって、宗内の末寺坊主に指定した時間に伊勢神宮を
遙拝するようにと「院達」(下に掲載)で徹底した。

 また、神札の強要は過去に再三、述べた通り、牧口初代会長らに神札を受け
ることを申し渡した。これを拒否した牧口会長、戸田理事長(当時)をはじめ
学会の幹部に対して、登山停止、信徒除名の処分にしたことは宗史に残ってい
る。

 そればかりではない。当時の宗門は、拘留中の牧口会長の留守宅に宗務院庶務
部長らを遣わし、家族にまで牧口会長に退転を促すように説得していたことま
でも明らかになっている。

 軍部権力を恐れた宗門は「信仰」そのものを仏法破壊の「魔」に売り渡してし
まっていた。

 広宣流布は「仏と魔との戦い」と言われるが、宗門は「魔」に食い破られてい
たのである。

 牧口初代会長は「今こそ国家諫暁の秋(とき)である」と叫び、日蓮大聖人の
教えのままに身命を賭して戦いを貫かれた。

 宗門から「神札を受けるように」との指示を拒絶した後も折伏を敢行し、収監
されてからも取り調べ官を強折して、尊い殉教の足跡を残されたのである。

 ここに「日恭上人の御師範」と題した宗内文書がある。それによると、当時
の宗門は、信徒団体の学会を切り捨てようとしていた事実が克明に記されてい
る。

 昭和十八年二月、当時の宗務院の庶務部長が、わざわざ警視庁に出向いて官
房長や第二課長らに面会して次のように説明したと記してある。

「会員のなかに脱線的な分野もあって苛烈(かれつ)な折伏をすることは日蓮
正宗の本山が直接は知らないことであり、また正宗の純信者や末寺には不敬の
行為は絶対にない」

 このように学会員の行動と宗門との関わりを完全に否定している事実が記録さ
れている。

 大聖人の教え通り、謗法厳誡を貫いた牧口会長をはじめとする学会員の純真な
活動を無関係と言った宗門。その卑劣な体質を改めようとしないばかりか、学
会に戦争責任があるかのような悪宣伝を繰り返すとは絶対に看過できない。牧
口会長は立正安国を願い、軍部権力と戦って殉教されたのである。
                          (一旦、終わり)
スポンサーサイト
  1. 2011/09/30(金) 23:59:35|
  2. フェイク

フェイク 第1244号

フェイク 第1244号(発行=11.09.29)
御遺文の重要な十四ケ所を削除
軍部に媚びた宗門、権力と戦った学会 ⑤
御本仏の御宣言を否定する大謗法


 権力の弾圧に怯(おび)えた日蓮正宗は、御観念文の改変、御書全集の発刊禁
止、本地垂迹説の不使用という措置だけでも不十分と考え、その約一カ月後、
御本仏を否定する通達を発した。

 宗門発行の御書要文集の危険字句を削除せよというもので、九月二十九日付
の教学部通達である。

 削除個所は全部で十四ケ所(下の一覧表を参照)。これを要文集から削除し
て、法話、講演などでも引用してはならないと言い渡した。

 この中には次のような重要な御文が含まれていた。

 「日蓮は一閻浮提第一の聖人なり上一人より下万民に至るまで之れを軽毀(
きょうき)して刀杖を加え流罪に処するが故に梵と釈と日月四天と隣国に仰せ
付けて之れを逼責(ひっせき)するなり」(「聖人知三世事」)

 これは日蓮大聖人が末法の一切衆生を救済する御本仏であると宣言された極
めて大事な一節である。

 このように大聖人を否定した宗門は、天照太神を低い位置に置いた御文を削
除した。

 「僅(わずか)の天照太神正八幡なんど申すは此の国には重んずけれども梵
釈日月四天に対すれば小神ぞかし」(「種種御振舞御書」)

 「教主釈尊の御使なれば天照太神正八幡宮も頭(こうべ)を傾け手を合せて
地に伏し給ふべきことなり」(「種種御振舞御書」)

 これら御文の削除の狙いは天照太神への不敬になることを恐れたからである。

 軍部権力のもとに国家挙げて天照太神の信仰へ向かっている時に、宗門は国
家諫暁をしなかったばかりか、弾圧を恐れて日蓮大聖人の正法正義を捨て、謗
法に擦り寄って大謗法に迎合していった。

それぞれの通達が示しているのは、いかに宗門が難を恐れて御本仏・大聖人を
否定し、自ら正法を破壊していたかという点だ。

それに対し、牧口初代会長、戸田第二代会長は敢然と大難に立ち向かい、身を
もって正法を厳護したのである。 (つづく)
  1. 2011/09/29(木) 23:57:22|
  2. フェイク

短信 第519号

短信 第519号  平成23年 9月29日(木)
日 顕 宗 の 動 き

1.塔婆供養激減に焦る執行部

 日顕宗のリーフレット「創価学会員の方へ」シリーズの第6弾が出た。題し
て「創価学会の『塔婆不要論』は誤りです!」。あたかも、"塔婆供養をしな
ければ故人は成仏しない"かのような、大聖人の教えとは全く無縁の与太を書
き並べたお粗末な代物。なぜ今、「塔婆」なのか。ある末寺住職の声だ。

 「塔婆供養をする信者が減っている。今年のお盆も彼岸もサッパリだった」。
確かに日顕宗の墓地では10年ほど前から、一本何千円もする日顕宗の塔婆で
はなく、スーパーで1本100円程度で買える「ミニ塔婆」が目立つようにな
った。日顕宗執行部は塔婆で稼ぎたいのだろうが、無関係な学会員に宣伝する
のはお門違い。信者に「ミニ塔婆ではなく塔婆を立てろ」と指導するのが筋で
ある。


2. 坊主を襲う死魔・病魔

 8月に心臓の大手術をしたばかりの光久日康(東京・妙縁寺)が今度は脳梗
塞で倒れ、入院した。吉田日勇(静岡・妙蓮寺内)は糖尿病の合併症で足を切
断。高野日海(東京・本行寺)は肺気腫のため酸素ボンベが手放せず、小川只
道(本山・理境坊)は膝に水がたまって歩行に支障をきたしている。

 胃がんを患った財務部長・長倉教明(北海道・日正寺)の"激やせ"ぶりも評
判で、公の場に出る機会が減った教学部長・水島公正(埼玉・能安寺)も体調
不良が囁かれている。 この他、がんで闘病中の佐藤正英(神奈川・妙寿寺)、
梶原孝昭(愛知・本覚寺)、脳梗塞で倒れた本間義乗(静岡・本広寺)等、病
魔に冒された坊主は枚挙に暇がない。

 昨年は8人の坊主が死亡。今年も菅野日龍(東京・大宣寺)、秋山日浄(福
岡・法霑寺)ら4人が死んでいる。日顕宗は、まさに死魔・病魔に魅入られて
いると言えよう。


3. 10月の予定

 1日(土) 御会式(各末寺、~11月末)
 2日(日) 広布唱題会(本山、末寺)
 9日(日) 御講(末寺)
  1. 2011/09/29(木) 23:53:22|
  2. 短信

フェイク 第1243号

フェイク 第1243号(発行=11.09.28)
御書全集を「発行禁止」処分に
軍部に媚びた宗門、権力と戦った学会 ④
「本地垂迹説」を取り下げ、不使用を通達


 日蓮正宗は「御観念文の改変」の院達を出した二日後の昭和十六年八月二十
四日、御書の刊行禁止と本地垂迹説の不使用の院達を出した(下の図を参照)。

 御書は現在の私達が唯一、日蓮大聖人の御精神に触れることのできる御遺文
集である。その御書全集を発刊禁止にするという大謗法を宗門は犯したのであ
る。

 通達の内容は以下の通りである。

「一 御書刊行ニ関スル件
 宗祖日蓮大聖人ノ御書ハ 鎌倉時代ノ国情ノ下ニ御述作遊バサレシ為現下ノ
社会ノ状勢ニ於テハ却ツテ宗祖大聖人ノ尊皇護国ノ御精神ヲ誤解スル者アルニ
鑑ミ御書全集ノ刊行ハ今後禁止致シ 本宗依用ノ祖書要典ヲ新ニ発行スルコト」

 通達によると、御書は鎌倉時代という特殊な状況で御述作されたものなので、
その精神が誤解される恐れがある。そのため御書全集の刊行は禁止するという
のである。

 しかし、これは全く禁止の理由にはなっていない。

 もしも、本当に誤解されることを心配していたとすれば、大聖人の意を汲ん
だ正確な解釈をすればよい。

それだけの理由で、わざわざ御書を発刊禁止にする必要はない。

 実は、宗門が、御書を発刊禁止にするほど恐れたのは別のところにあった。

 それは、御本仏・大聖人の一閻浮提の一切衆生を救済する広大無辺の御境界
が、当時の狭い国粋主義と摩擦を生じることになりはしないかという点である。

 その証拠に、国家権力を恐れた宗門は、大聖人の御精神を卑屈にも「尊皇護
国ノ御精神」と歪曲している。

 特に、宗門がひた隠しにしたいのが、本地垂迹説であった。その不使用の通
達は以下の通りである。

「二 垂迹説ニ関スル件
 本地垂迹説ハ一般仏教ノ通途ノ説ニシテ宗祖已来日本国所立ノ仏法トシテ任
ジタル本宗ハ第一義ニ於テ依用セザリシハ勿論ナレドモ 方今世上ノ論議ニ顧
ミ一層此点ニ留意徹底セシムベキコト」

 ここで宗門は、本地垂迹説を第一義的に使用しないよう通達している。

 本地垂迹説とは、仏が本で、神が迹という考えである。この教義は当然、天
照太神を絶対的存在とした当時の国家主義の思想に真っ向から逆らうことにな
る。

 軍部権力の弾圧に怯(おび)えた宗門は、自ら本地垂迹説を取り下げること
により、事実上、権力の前に屈服した。のみならず、信心の根幹である御本仏
・日蓮大聖人まで否定し、七百年来の正法を滅尽させたのである。 (つづく)
  1. 2011/09/28(水) 23:56:14|
  2. フェイク

フェイク 第1242号

フェイク 第1242号(発行=11.09.27)
国家神道一色の御観念文に改変
軍部に媚びた宗門、権力と戦った学会 ③
「謹ミテ皇祖天照大神皇宗神武天皇」と諂う


 日蓮正宗は、大戦時の法主・日恭が率先して戦争に加担し、宗史に永遠に消
えない最悪の汚点を残した。

 思えば、日蓮大聖人は、いかなる難に直面しても、身命を賭して諫暁の大闘
争を貫かれた。それに対し、権力に媚び諂った日恭の謗法行為は、大聖人の御
精神を踏みにじるものであった。

 本紙では、大聖人の御精神を亡失し、弾圧に恐れて軍部権力に擦り寄った当
時の宗門の戦争加担を振り返ることにする。
 
 当時の宗門の戦争協力の証拠を挙げれば枚挙に暇がない。以下、その代表的
な実例を挙げる。

 まず、御観念文の改変である。昭和十六年八月二十二日、宗務院の通達(院
達)で「御観念文制定ニ関スル件」を出し、勤行の御観念文を国家神道一色の
内容に改変したのである。

 初座は次の通りである。 「初座 天拝謹(つつし)ミテ皇祖(こうそ)天照
太神皇宗(こうそう)神武天皇肇国(ちょうこく)以来御代々ノ鴻恩(こうおん
)ヲ謝シ併セテ皇国守護ノ日月天等ノ諸神ニ法味ヲ捧(ささ)ゲ奉ル希(こいねがわ)
クハ哀愍納受(あいみんのうじゅ)ヲ垂(た)レ給ヘ」

 天照太神が御観念文の先頭に位置づけられ、「謹ミテ」という最大の敬意を
示す言葉も冠されているが、他の諸天、及び御本尊、御本仏の大聖人にも使わ
れていない。宗門がどれほど天照太神を大切にしていたかが窺い知れる。

 加えて、梵天、帝釈は削除され、日天、月天、明星天は簡単に「日月天等ノ
諸神」と略された。諸天善神の全てを簡略化するのならともかく、天照太神だ
けを尊崇する偏重ぶりである。

 また「法華守護」という諸天善神の働きは「皇国守護」と置き換えられ「皇
祖」「皇宗」「肇国」の語句が続出。この初座の文面は軍部権力に擦り寄った
内容に改変したことが分かる。

 また、仏法僧の三宝を御祈念する二座、三座で帰命を意味する「南無」は仏
宝のみに付けられ、法宝と僧宝には付けられていない。

 更に、法主を僧宝と言い、日顕の代には「現代の大聖人様」とまで強弁して
いたが、この時の御観念文では三座の僧宝から歴代法主を削除していた。
(つづく)
  1. 2011/09/27(火) 23:55:12|
  2. フェイク
次のページ

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (168)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。