「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェイク 第1216号

フェイク 第1216号 (発行=11.06.29)

「神札坊主」に厳しい仏罰の現証
大石寺六二世・日恭の焼死に関する考察 ㊦
当時の管長代務者が語った数々の不運


 死身弘法を貫いた学会の牧口初代会長、保身のために権力に迎合して大謗法を犯した宗門坊主――どちらに日蓮大聖人の精神が脈打っているか、明らかであろう。昭和十九年十一月十八日、牧口会長は一年四カ月間の拘留の末、東京拘置所の獄舎で逝去。大聖人門下としての信念を貫いた崇高な殉教であった。

 これに対し、一宗あげて謗法に染まった日蓮正宗は翌二十年六月十七日、大石寺が紅蓮の炎に包まれ、法主・日恭は書院に祀られた神棚と共に無残にも焼死した。上半身は真っ黒焦げ、下半身は生焼け状態だったと河辺慈篤が語っていた。

 同日午後十時半頃、大坊の対面所から出火した火災は対面所、大奥(管長の寝床)、書院、客殿、六壷等を焼き尽くして十八日午前四時前、ようやく鎮火した。

 この火事で管長の日恭は「逃げ遅れて焼死」(「毎日新聞」昭和二十年六月十九日付)した。

 それは宗門側が弁解しているような「覚悟の死」とか「自決の道を選ばれた」などではなかった。

 無残な日恭の焼死について、当時の宗門高僧も「御罰でなくて何であらう」(当時、霑妙寺住職・渋田慈旭)と述べていたほどだ。

 日恭法主が逃げ遅れた理由は肥満で、足腰も弱かったためであった。堀日亨上人は、日恭について次のように書き残している。

 「(日恭は)酒は一升程も飲んでいたが、酩酊して前後不覚になることはなかった」というから、余程の大酒飲みだったようだ。

 「脂肪は摂取過ぎ」だったとのことだから、肉食を好む生臭坊主だったことが分かる。更に「運動不足の為か老年にはビヤダル(樽)式に腹部が肥満して不格好で不健全の体に見え足弱であった」「阿蘇火山に誘引せし時の先達の愚老が大に迷惑して世話のやけた事夥しかった。山登りばかりで無く、平地の歩行も予が健脚には及ばず」と。

 日恭(写真)の最期は不運の連続であった。焼死した日恭の後を受け、一時、管長代務者を勤めた能化の中島日彰が大火から三カ月後に東京・妙光寺で語った話の記録によると、次のような不運が重なっていた。

①日恭は耳が悪くなり、上井出地区の寿命寺に逗留して、その近くにあった戦車学校の軍医に治療をうけていたが、この日に限ってわざわざ登山した

②有力信徒が登山すると連絡があり、無理を押して登山したが、その信徒は急用で来なかった

③上井出から迎えが来たが、それを断って大奥に泊まった

④大石寺には当時、朝鮮義勇軍の農工隊が駐留していたが、日本人将校は農工兵達に脱走の恐れがあるため、消火に協力させなかった

⑤日本人将校は農工兵達が脱走しないように見張りをして消火活動しなかった

⑥大石寺門前に消防車があったが故障で動かなかった

⑦駆けつけた戦車学校の消防自動車はガソリンを忘れたため役に立たなかった

⑧富士宮消防署は準備を整えたが、署長不在で出動命令が出なかった。

この不運が重なった仏罰を宗門は猛反省するべきだ。

フェイク1216号
スポンサーサイト
  1. 2011/06/29(水) 23:47:05|
  2. フェイク

フェイク 第1215号

フェイク 第1215号 (発行=11.06.28)

治安当局に泣きついた宗門
大石寺六二世・日恭の焼死に関する考察 ㊤
「聖人は横死せず」、横死した大石寺法主


日蓮正宗大石寺六十二世の鈴木日恭が昭和二十年に大石寺の大火で焼死したのは今から六十六年前の今月十七日であった。御書には「聖人は横死せずと申す」と記されている。横死とは広辞苑によると、事故・殺害など思いがけない災難で死ぬことで、日恭のような不慮の死、非業の死を指すのである。

日顕は宗内僧俗に「法主は現代の大聖人様」「大御本尊様と不二の御尊体」等と呼ばせて、増上慢になっているが、時の法主が本当に「聖人」ならば、思いがけない災難で死ぬ筈はない。

六十二世の日恭が悲惨な横死を遂げたということは、大石寺の歴代法主が「現時の大聖人様」ではないという何よりの証明である。

先の大戦中、日本政府は「国家神道」による思想・宗教統制を図り、これを拒んだ教団に対しては「治安維持法」「不敬罪」を適用して弾圧した。

その結果、勤行の観念文の改変、御書の御文十四カ所の削除などに踏み切った日蓮正宗のように、殆どの宗派が大政翼賛体制に組み込まれて、戦争遂行に加担したのであった。

こうした情勢下にあって、軍部権力に抵抗したのが創価教育学会の牧口初代会長、戸田理事長であった。この時、宗門は「学会とは無関係」と治安当局に説明していたことも判明している。

昭和十八年二月、宗務院庶務部長の渡辺慈海は富士地区特高課の旧友から不敬罪容疑で近く大石寺の手入れがあるらしい、との情報を得た。そこで渡辺は急遽、上京して警視庁の最高幹部の一人「青木閣下」に面会。「学会の苛烈な折伏は正宗本山直接不知のこと」云々と泣きつき、神札焼却などの件で、自らに火の粉が降りかかるのを避けたことを渡辺自身が書き記している。

そして宗門は昭和十八年六月二十日、大石寺の書院に神札を祀り、同月二十七日には「神札」受諾に反対してきた牧口会長、戸田理事長ら幹部を大石寺に呼びつけ、法主・日恭が直々に「神札」を受けるよう申し渡した。

神札を拒絶した牧口会長

これに対し、牧口会長は毅然として「承服いたしかねます。神札は絶対に受けません」と拒絶。更に、牧口会長は宗門側に再考を促すため翌二十八日にも日恭に直諌した。だが、日恭は聞き入れなかった。

その後、同年七月六日に牧口会長は地方折伏のために訪れていた伊豆・下田の地で「治安維持法」違反、「不敬罪」の容疑で逮捕され、同日、戸田理事長も東京・白金台の自宅で逮捕された。

取り調べの際も牧口会長は折伏の手を緩めることなく、検事・判事にも敢然と日蓮大聖人の仏法の正義を語り、堂々と自身の信念を貫き通した。

片や宗門は牧口会長らが逮捕されるや、即座に登山停止、信徒除名処分に付し、残された家族の家を回って神札を受け取るよう説得していたのである。

宗門全体が大謗法を犯し、権力と結託して純信の信徒を迫害する側に回った時、大石寺の主な堂宇が全焼し、時の法主・日恭が焼死するという事態を招いた。これを「仏罰」と言わずに、何と言うのか。(つづく)

フェイク1215号
  1. 2011/06/28(火) 23:43:40|
  2. フェイク

フェイク 第1214号

フェイク 第1214号(発行=11.06.25)

日顕に似た信徒蔑視の法盗人
九州の有力寺に栄転した柳坂幹道の悪行
「信者は寺で飼う犬・猫に劣る」と暴言


 法霑寺(北九州市)の秋山日浄が去る五月十五日に死去し、その後任になった
大阪・聖教寺の柳坂幹道が九州に向かったのは六月中旬。その九州に発つ前夜、
かつて聖教寺の地元で活躍していた学会の壮年と青年の二人が、折伏のため
大阪市内の共通の友人宅を訪問する途中、柳坂に遭遇した。

 聖教寺の近くで赤信号を無視して横断歩道を渡っていた坊主が柳坂だった。

 柳坂は昭和三十七年の臨時得度。もともとは九州の男子部員でありながら、
学会を裏切った忘恩の畜生坊主である。

 怒りが彷彿とわいてきた学会の先輩・後輩の二人は、柳坂に追いつき、
「不知恩のエロ坊主!」と一喝した。

 次の瞬間、柳坂の顔が凍りつき、放心状態になった。二人は対話を試みるが、
柳坂は視線を合わせようとはせず、逃げるように歩き出した。

 更に、二人は「柳坂、お前は、大恩ある師匠と同志を裏切った恩知らず、
畜生や! 日顕と同じ大謗法の極悪坊主や!」と言い放つと、柳坂は一目散に
逃げ、夜の街に消えた。

 近所の人によると、柳坂が帰宅したのは深夜二時半頃だったという。

 昭和六十三年に聖教寺に赴任して以来、二十数年も居座った憶病坊主の転院を
喜んでいる法華講員は多い。

 柳坂は本山で「仲居」を勤めた経験もあって、日顕ベッタリの坊主。僧俗差別、
信徒蔑視の悪辣な体質も、日顕に酷似しており、富山にいた頃、こんな暴言を
吐いたことがある。

 「人間には身分の違いがある。一番上が法主、次に住職、次が住職の家族、
 住職の飼っているイヌ・ネコ、そして信徒だ」と。

 法華講員を含めて信徒はイヌ・ネコより劣る、というのが柳坂の本心なのだ。

 この言葉を裏づける出来事があった。

 柳坂が、富山・妙顕寺の住職として五十五年九月に日顕を迎えた時、日顕用の
食器は、おしぼり受けだけでも十数種類も用意し、九谷焼の湯のみ茶碗、輪島塗
のお椀は特注だった。

 その破格の接待を喜んだ日顕が、翌年、柳坂を本山に栄転させた。

 一方、寺には空いた部屋は幾つもあったにもかかわらず、手伝いに来ていた
学会幹部を庭の石畳の上に板を敷き、回りをビニールシートで囲んだ中で待機
させていた。

 聖教寺では柳坂の指導の下、無茶苦茶な折伏が横行していた。訳もわからない
認知症ぎみの人に御本尊を下付し、無理に寺に連れ込んだ人に「巻物として
持っておくように」と御本尊を持たせたこともあった。

 ニセ法主・日如が下手な字で模写した誤字まである「ニセ本尊」の害毒の
バラマキである。

また、柳坂の前妻・千枝子は長年の入院生活の末、平成十三年に死亡。その妻
の入院生活の間、柳坂は女性従業員を単身で寺に寝泊まりさせ、所化は近所の家
に住まわせていたのだ。

前妻が死亡すると、柳坂は幼馴染の不倫相手と言われているみどりと再婚した。

この女房の陰険さに耐え切れず、匿名の手紙で告発した法華講員が出た程だ。

また、柳坂は坊主でありながら勤行の時に居眠りはするし、よく間違う。
坊主の風上にも置けない奴だ。

フェイク1214号
  1. 2011/06/25(土) 23:00:58|
  2. フェイク

フェイク 第1213号

フェイク 第1213号(発行=11.06.24)

「開眼」も説明できない大石寺執事
学会青年部の追及に四苦八苦の小川只道 ㊦
「芸者と遊ぶ写真もあるが、お祝いだから」


理境坊住職・小川只道に対する学会青年の追及を、本紙前号に続いて紹介する。

学会青年 妙観講とビラの樋田は関係ない?

小川 以前は一緒にやったこともあるが、今は一緒にやってない。活動は信者
   が自分の責任でやっていますから……。

青年 要するに黙認ってこと? 活動の方向性や責任は信徒のレベルで判断さ
   せるの?

小川 (暫く沈黙した後)勿論、根幹の指導はするけれども、布教の仕方において
   はビラやったり、或いは家庭訪問したり、いろんなやり方があるわけで……。

青年 日寛上人の御本尊は、なぜダメなのか?

小川 日寛上人の御本尊は本物ですが、開眼をしていない。魂を入れてない
   から……。

青年 法道院で本尊をコピーして、配っていたのではないのか?

小川 法主が魂を入れている御本尊なので、末寺の住職が許可を得て御授戒し
   ていた。

青年 魂って何? 法主が何かを加えるの?

小川 ……。(開眼の意義について説明不能)

青年 前に京橋で配っていたビラなんかも、当代は日如やのに、日如の名前じゃ
   なくて日顕の名前のビラを、なんで未だに使ってんの? 日如を嫌いなん?

小川 代替わりしてから、未だ五年だからね。

青年 日顕の豪遊とか、芸者遊びは?

小川 確かにお酒は好きです。でも、日顕上人は酒を呑んでも、法務は守って
   ますよ。あの、芸者と遊んでる写真とかもあるけれども、あれは古希
  (七十歳)の祝いで、皆さんだってあれでしょ、七十歳になった時や
  結婚式でもそうでしょ、お祝いをするでしょう。

青年 それは開き直り? 言いたいのは供養の金で芸者遊びをしても良いのか? 

小川 確かに信徒の御供養だけど、別に悪いことをしてる訳じゃない。
   住職も一般の人と同じ人間だから、美味しいものを食べる。

青年 一般の人と同じ法主の、何が絶対なのか? 血脈なんて断絶しているの
   では?

小川 稚児貫首もよく言われるが、周りが教育していくから問題ない。


 任用試験に二度も失敗

小川の発言は問題ばかり。このほか、学会青年が五座三座の変遷、御書の刊行
などを論じても、小川は何も知らない。これが大石寺の執事、理事とは唖然と
する。

この小川という坊主は、学会男子部崩れの臨得(臨時得度)で、男子部の頃は
任用試験に二度も落ちて、身代わり受験を頼んだという逸話もある。信仰心は
ないが、食うために頭を丸めたエセ坊主で、宗門の裏の仕事、汚い仕事を専門
にやらされてきた。

平成六年十二月に宗内復帰したペテン師・山崎正友を受け入れたのも理境坊の
妙観講だった。「慧妙」の監修や本山警備会社「清昌」の運営を担当し、身延派
とのパイプ役も任された。

こんな坊主だから墓檀家の指導も満足にできない。

 本山周辺の檀家が本尊と神棚を一緒に祀り、神社に日蓮正宗の本尊を祀るなど、
平気で謗法を犯しているが、何一つ指導もできないのである。 (一旦 終わり)

フェイク1213号
  1. 2011/06/24(金) 00:24:09|
  2. フェイク

フェイク 第1212号

フェイク 第1212号(発行=11.06.23)

日顕 「大草の法道院離籍は謀略」
学会青年部の追及に四苦八苦の小川只道 ㊤
法道院に罵詈雑言を浴びせた妙観講


 日顕が大草一男らの法道院からの離籍について「謀略だ」と語っていた事実
が「河辺メモ」に記されている。昭和六十三年十月五日、河辺慈篤と早瀬義寛
(日如)及びその弟の早瀬義純が面談した際の義寛の発言で、次のような内容
である。

 河辺 顕正新聞に大草(法道院法花講を脱講し、妙観講を作る)の事が出
ている。

 早瀬寛 大草問題の時、現猊下から電話があり「これは謀略だ」と云っていた。
あの時、師匠(早瀬の慈父、法道院主管、重役)に「大草と戦いますか」と
聞いたら、師匠は「争わない」と云ったので、大草のなすがままに任せた。

 今の大草は因果応報、あの時(大草問題)の真相を浅井が代弁している。

◇    ◇
 この法道院からの離籍問題について、妙観講の指導教師・小川只道が昨年末、
大阪府守口市内に現れた際、学会青年部の質問攻めに会って四苦八苦していた。

 まず、学会青年が「妙観講は法道院を何故、離籍したのか?」と問うと、小川
は「当時の住職と、合うとか、合わないとか、色々な問題があったから移動に
なったが、問題はない」と、慌てて逃げようとした。

 小川の説明はウソである。

 当時の住職とは、正確には「法道院主管で日蓮正宗の重役・早瀬日慈」のこと
で、今は小川らが口先では「御法主上人猊下様」と呼んでいる早瀬日如の実父で
ある。

 離籍した当時、妙観講という名称ではなかったが、大草一派は日慈に対して
誹謗中傷の限りを尽くし「法道院の血脈」「法道院の師弟論」等々を指摘して
日慈に泥を塗り、恥辱まみれにして総監辞任に追い込んだのは周知の事実。
その辺りの詳しい経緯は、日慈の長男・日如が熟知している。

 大草が編集兼発行者の小冊子「離籍の真相」では法道院の僧や講中幹部が
語った内容を愚弄する悪口は枚挙に暇がない。「恐るべき事である」
「驚くべき指導」「日蓮正宗信徒としては信じられぬこと」「血迷った師弟論」
「師敵対」「身震いする内容」「背筋の寒くなるのを感ずる」
「とても聞くに耐えぬ」「他の支部とピッタリ調和することのできぬ
『法道院の独自の体質』が浮き彫り」

「あまりの恐ろしさに、何かカン違いをしているのではないかと思った」
「日蓮正宗法華講・法道院支部ならぬ、法道院法華講という団体ができあがって
くる」等と罵詈雑言を浴びせていた。

 そのうえ法道院講中幹部の言葉尻をとらえ「『早瀬一族から次の猊下がでるの
は当然のことだ』など、とても信じられぬ」と早瀬家からの登座も否定していた。

 小川は「問題はない」と開き直っていたが、小川は本当に問題が無かったか、
どうかを、日如に確認したことがあるのか?

 以下、学会青年の小川に対する追及である。

 学会青年 御本尊誹謗のビラは理境坊として撒いているのか?

 小川只道 理境坊支部としては撒いていない。

 青年 妙観講員がビラを持って家に来たり、何回も電話してきて非常識だ。

 小川 あんまりしつこくやって嫌われ、反発を招くようなことは止めた方が
    いいとは思う。(つづく)

フェイク1212号
  1. 2011/06/23(木) 23:17:46|
  2. フェイク
次のページ

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。