「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェイク 第1187号(発行=11.03.31)

フェイク 第1187号(発行=11.03.31)
「字画」を「写真」と誤読する「慧妙」
「慧妙」の間違いと我見を完全に粉砕!
 河辺自身が意図的に流出させたメモ


東日本大震災の影響のためか、遅れに遅れて届いた「慧妙」三月十六日付に
は、被災者を気遣う記事は全くない。その上、今の非常事態の時にも身勝手な
我見を羅列した「慧妙」の間違い記事など読む気もしないが、一瞥すると「河
辺メモ」に関して、本紙への反論として珍妙な愚論を載せている。

まず「河辺メモ」について「慧妙」は「何者かによって河辺尊師の手元から
盗み取られ……」と書いているが、見当違いも甚だしい。

また、無知な「慧妙」は、河辺の「大御本尊偽物発言」のメモ中の二カ所の
「写」と「字画判定」の「字」が似ているところから「字画判定」ではなく「
写真判定」だとバカな誤読をしている(左の図を参照)。黒を白と言い張る幼稚
な主張で物笑いの種である。河辺メモには「写真」の文字が何回も出てくるが、
右の文字がその「写真」である。「慧妙」が主張している「写真判定」の「写」
は、やや似ているが「与」の部分の書き方が違う。また「真」の文字は全然違
う。

河辺の書いた日顕の「大御本尊偽物発言」のメモの中の二カ所の「写」と「
字画判定」の「字」が似ているところから「慧妙」は「字画判定」を「写真判
定」だと誤読して赤っ恥を晒しているから滑稽の極みだ。

河辺の文字は癖があって、たとえば「学」の字と「写」や「字」とも細かい
違いはあっても、比較的よく似ている。所詮、私的なメモに厳密な規則性など
なく、また、そうする必要もない。

走り書きのメモゆえ、かりに河辺が「字」を「写」と書き間違えても、放置
したに違いない。個人の覚書きだから、誤字も自分がわかれば訂正せずに済む
話だ。

ともかく、「画判定」は明らかなので、かりに「写画判定」と読めたとして
も、「これは字画判定のことだな」と、誰にでもわかる。

資料も持たない「慧妙」は知らないだろうから教えてあげると、下の字は宗
門として富士学林大学科を設立したいとの日顕の話を聞いた際、河辺が記録し
ていた「宗学大学」である。ここに二つの「学」の字があるが、「学」と「字」
の違いが「慧妙」編集部は分かるか?

「慧妙」は愚かにも「字画判定」を「写真判定」だと誤読したうえ「それ以
外に妥当な読み方はありえない」と書いているから笑いが止まらない。

詳しくは後述するが、河辺は意図的にメモを流出させて、しかも、決定的な
ことは、河辺本人が「これは字画判定だ」と言っていたということである。

いかに「慧妙」が屁理屈を並べようとも、河辺が書いたのは「字画判定」で
あって、「写真判定」ではない。

次ぎに「河辺メモ」流出についてだが、これは誰かが盗み出したものではな
いのだ。日顕は「盗座」してからは思い上がって河辺の言うことを聞かなくな
った。

そこで河辺は日顕を脅迫するために意図的に流出させたメモなのである。

当時、河辺は還俗をも覚悟のうえで日顕との対決を決意していたことは「大
御本尊偽物発言」のメモの後に第二弾のメモ(現物の写しを下に掲載)を流出さ
せたことで明白である。

この第二弾のメモとは、僅かに三行の簡潔な内容である。メモの表題は「メ
モの件」となっているが、これは日顕の「大御本尊偽物発言」を記した河辺の
直筆メモの件である。

◇    ◇
 「メモの件
1、 当局の云う通りやるか
2、 還俗を決意して思い通りでるか
3、 相談の結論とするか
7/9
自坊tel
   宗務院より『河辺の感違い』とのFAX(宗内一般)」

   ◇    ◇
この七月九日(平成十一年)の日付の入った第二弾のメモは、翌十日の謝罪文
を書くに至るまでの河辺の心の動きが伝わってくるようだ。

このメモに「7/9 自坊tel」と記してあるが、これは「七月九日に自
坊、つまり日正寺に電話を入れた」ということである。このことから分かる通
り、この日、河辺は寺にいなかった。宗門関係者によると、九州のホテルに滞
在していたという。

そして、この夜、折から福岡・開信寺の法華講対策のために来ていた総監の
藤本日潤、庶務部長の早瀬義寛(現在の日如)、同副部長の阿部信彰の三人に会
って、翌十日付で出すことになる「通達」について密談したとのことである。

この第二弾のメモは河辺が、藤本や早瀬らとの密談に臨むに当たって、その
後の身の処し方について思索していたことを物語っているようだ。

このうち第一の「当局の云う通りやるか」は日顕や藤本ら宗務当局が河辺に
懇願する通りにやるか、との意味である。

日顕や藤本らの懇願とは、河辺に全責任を被(かぶ)せ、謝罪させて決着を
つけることであったと思われる。

第二の「還俗を決意して思い通りでるか」とは、日顕らの依頼を蹴って、還
俗を覚悟の上で日顕と全面対決し、自分の思い通りにやるか、という意味だ。

第三の「相談の結論とするか」とは藤本ら宗務当局と話し合ったうえで結論
を出すということであろう。

結局、河辺が選択したのは第三の道であった。「慧妙」は、メモは盗まれた
もの云々と聞き捨てならない戯言を述べているが、河辺がメモを流出させた意
気込みが強く感じられる。

フェイク1187号ー1
フェイク1187号ー2
スポンサーサイト
  1. 2011/03/31(木) 23:44:16|
  2. フェイク

フェイク 第1186号 (発行=11.03.26)

フェイク 第1186号 (発行=11.03.26)
全日仏が画策、評論家らが捏造
「学会は香典を持ち去る」とのデマの真相
死の間際に告白、「根拠はなかった」と謝罪


 過日、都内での葬儀に行った知人が、参列者の一人から「学会は香典を持っ
て行くのだろう」と言われて、きっぱり否定したが、仰天したと語っていた。

 カビの生えた古臭いデマだが、こんな荒唐無稽な話を未だに信じていた人がい
るとは驚いた。これは学会の大発展に嫉妬した坊主共が結託して言論人に依頼
し、根も葉も茎もないデマを捏造して垂れ流したものだ。「一億総白痴化」「
口コミ」「駅弁大学」などの造語で知られた毒舌の評論家・大宅壮一氏(写真)
が死の間際に語った秘話で明白だ。このデマの捏造については月刊誌「潮」の
平成十九年四月号に掲載された。ここでは、その主要部分を紹介する。

 昭和四十五年十月下旬、大宅氏は息苦しさを訴えて、新宿区内の東京女子医
大病院に緊急入院した。この大宅氏が、見舞いに来た「潮」の当時の編集者に、
封印していた過去を静かに振り返って語り始めた。

 「私は『潮』との付き合いを通して創価学会を知った。今になって思えば、
大変にすまないことをしたと思うことがある」と言い、天井を見上げながら、
苦い記憶を絞り出すように言葉を継いだ。

 「昭和三十年代半ばのことです。全日仏(全日本仏教会)の幹部が泣きつい
てきた。『最近、創価学会という宗教が勢いを増して我々の信徒がゴボウ抜き
のように取られている。このままじゃ、たまったもんじゃない。創価学会は、
こんな嫌らしい宗教だ、と言えるような話はないだろうか』と」

 大宅氏が「若い衆」と呼んでいた若手ジャーナリスト達に相談した。

  その結果「『創価学会は葬式で香典を持って行く』『位牌や仏壇を壊す』
というのはどうか、となりましてね。根拠は何もなかったんだが……。これが
全日仏を通して、一斉に全国に広がってしまったのです。言論人として、本当
に申し訳なかった」

 大宅氏は、このように告白して詫び、翌月に他界。「デマの火元」が判明し
た。

 昭和三十年代といえば、学会が旭日の勢いで大発展を続けていた時期である。

 戸田第二代会長の誓願であった「七十五万世帯の達成」(昭和三十二年)から
「池田第三代会長の就任」(昭和三十五年)、「三百万世帯の達成」(昭和三
十七年)というように大興隆を続ける学会の姿に他宗の坊主は怯えた。やがて、
自分の寺の檀徒を取られ、収入が無くなると恐れたからだ。

当然、学会が「香典を持ち去った」等という確証は昔も今も一切ない。選挙の
時に学会員が住民票を移すという事実無根のデマと同じ類の卑劣な「作り話」
なのである。

 「親族に葬儀があると学会が香典を持ち去る」などと報じた「茨城新聞」
(当時「いはらき」昭和三十七年四月一日付)に対し学会側が厳重抗議すると、
同紙は「事実の確証はなかった」として同月十七日付一面に訂正記事を掲載。

「報道の誤りを認め、学会関係方面にご迷惑をおかけしたことを遺憾に存じま
す」と謝罪したのであった。

フェイク1186号
  1. 2011/03/26(土) 22:22:58|
  2. フェイク

フェイク 第1185号(発行=11.03.23)

フェイク 第1185号(発行=11.03.23)
御書を切り文で悪用する日顕宗
愚劣な日如一派の誤魔化しを粉砕する
「日蓮大聖人は塔婆を奨励されていない」


 さる十一日の東日本大震災で亡くなられた人を悼むと共に、復興を祈る儀式
・法要が創価学会をはじめ国内の各宗派のみならず、海外でも厳粛に行なわれ
ている。ところが、日顕宗では法華講機関紙「大白法」の最新号(十六日付)で
も犠牲者を悼む記事さえ載せていないことを本紙前号で指摘した。すると、慌
てた邪宗門は所化小僧に唱題会を行なうよう指示。未曾有の大災害に際し、信
仰の違いを超えて救援に全力を挙げるべき時に、祈ることもしなかった邪宗門
は、現政権と同様、後手、後手の対応だ。

 また、本紙前号では日顕宗の悪辣な塔婆商法を指弾して「日蓮大聖人は門下
のために塔婆を書かれたことなど一度もない」と記した。

 これを読んだ日顕宗の愚かな連中が「去ぬる幼子のむすめ御前の十三年に丈
六のそとば(率塔婆)をたてて其の面に南無妙法蓮華経の七字を顕はして・をは
しませば(中略)法華経の題目を顕はし給へ」とか「此の子そとば(率塔婆)に此
の木をつくり父の供養のためにた(立)ててむけりと見へたり。日蓮も又かくの
如くあるべきか」の御文を挙げて、大聖人が塔婆を書き、或いは奨励されたと
吹聴しているという。

 しかし、これらは大聖人が塔婆を認められたという文証ではない。

 まず、前の御文は、在家の中興入道が娘の十三回忌に南無妙法蓮華経の七字
を認めた塔婆を立てたと報告したことに対する大聖人のお返事である。

 当時は、念仏を書いた塔婆が横行していたが、中興入道は、法華経の題目を
塔婆に認めたと報告したから、大聖人は、その「南無妙法蓮華経の七字を根本
にした信心」を称賛されているのである。決して塔婆を讃嘆されたものではな
い。

 また、後の御文の「此の子そとば(率塔婆)に……日蓮も又かくの如くあるべ
きか」についても、御書を読めない日如の一派らしく、無知ぶりを晒している。

 邪宗への供養は堕獄の因

 この御文は延暦寺の第十五世座主・延昌に関する故事を通して、報恩につい
て述べられたものである。

 延昌は子供の頃、怠けていたので父親に槻(つぎ)の木で打たれて叱咤された。

 その時は憎く思ったが学問が進み、高僧になると、父親の恩を感じて槻(つ
ぎ)の木で卒塔婆を作って供養したとの逸話である。

 ここで「日蓮も又かくの如くあるべきか」で切り、大聖人も卒塔婆を立てる
と言われているかのように、御書を切り文で悪用しているが言語道断。この後
に続く御文を拝すべきである。

 「日蓮仏果をえむに争かせうぼう(少輔房)が恩をすつべきや、何に況や法華
経の御恩の杖をや、かくの如く思ひつづけ候へば感涙をさへがたし」(御書1
557頁)と仰せられている。

 少輔房の打擲(ちょうちゃく)は勧持品を身読させてくれたことに他ならず、
大聖人が末法の御本仏であることを証明するものであった。だから報恩につい
て述べられていて、このように思い続けていると、感涙をおさえられない旨、
記されているのである。

 大聖人が塔婆を書かれたとか、塔婆が成仏に不可欠とは真っ赤なウソ。邪宗
への供養は堕地獄の因になる。

  1. 2011/03/23(水) 21:47:56|
  2. フェイク

フェイク 第1184号(発行=11.03.16)

フェイク 第1184号(発行=11.03.16)
日顕の正本堂解体の理由は大ウソ
日蓮正宗は大震災の犠牲者を悼む心情なし
大石寺で華やかに慶祝行事、ライトアップも


東日本の大震災で犠牲になられた方々に心から哀悼の意を表すると共に、被
災者のご家族、皆様に心からお見舞いを申し上げます。
◇    ◇
日顕宗・法華講連合会の機関紙「大白法」の最新号(三月十六日付)を見て、
唖然とした。「千年に一度」と言われる十一日の巨大地震・大津波で亡くなら
れた人々を悼む記事がないからだ。大震災から新聞の発行日までは五日間、お
悔やみの記事を掲載しようと思えば時間は十分、あった筈だ。

 また、巨大地震が発生した十一日、富士宮全域は停電したが、大石寺だけは自
家発電で山内の至る所に水銀灯を点灯させて、三門を煌々とライトアップした。

真っ暗闇で不安な夜を過ごす地元住民を尻目に無神経にも程がある。

世界の国々からは救援隊が続々と被災地に到着して献身的な救助活動を展開。

 そんな折、大石寺では十五日、日如や日顕も顔を出し、強引に集めた供養で新
たに建てた常来坊と登山事務所の落慶行事を催し、華やかにテープカットも行
っていた。犠牲者の冥福を祈る追善法要なら話は分かるが、慶祝法要とは言語
道断!

そればかりではない。「大白法」の一面には今月末は「総登山だ」「総会だ」
「彼岸だから寺に来て塔婆を立てよ」「折伏を早期に達成せよ」と檄を飛ばし、
地域行事・学校行事を謗法と決めつけるなど身勝手な駄文を書き散らしている。

今月二十一日は「春分の日」で、この前後の計七日間が「春の彼岸」にあた
る。

日蓮正宗は彼岸には寺で塔婆を立てないと追善回向できない、故人が成仏し
ない等々と邪義を唱えて供養を集める魂胆なのである。

そもそも経典や御書に説かれる塔婆とは、仏塔、或いは仏教の建造物のこと
である。しかも、日蓮大聖人は門下のために塔婆を書かれたことなど一度もな
い。

御義口伝には次のように教えられている。「今日蓮等の類い聖霊を訪う時法
華経を読誦し南無妙法蓮華経と唱え奉る時・題目の光無間に至りて即身成仏せ
しむ、廻向の文此れより事起る」

ところが、日蓮正宗の場合、坊主が立てる塔婆こそが成仏のためには必要だ
との邪義を主張。近年、彼岸やお盆の時、大石寺の墓地にはミニ塔婆が林立す
るが、これは寺の収入にならないので「謗法」と非難し、寺での塔婆供養を強
要して金儲けを狙っている。悪辣な手口に騙されてはならない。

富士宮で「震度6強」

なお、十五日午後十時三十一分頃、富士宮市だけが「震度6強」を記録した
局地的に激しい地震があった。

大石寺では大講堂4階のガラスが割れ、坊主たちがあわてて塔の原グランド
に避難し、冷え込む屋外で恐怖に震えていた。

被害は軽微と胸をなで下ろす者がいる一方、「御隠尊の言った『阪神大震災
並みの地震が来れば、危ないから大客殿・正本堂を取り壊す』というのが大ウ
ソだったことがよくわかった。

それよりも古い大講堂が今回、大丈夫だったんだから…」といった声も上が
ったという。当地の被災者の方々には心からお見舞い申し上げるが、この夜の
地震は日顕の大謗法、大ウソを暴く諸天の鉄槌である。

  1. 2011/03/16(水) 21:55:59|
  2. フェイク

越 洋  平成23年3月7日

越 洋  平成23年3月7日

世界は大きく変わろうとしている。昨年暮れに始まった、チュニジアにおけ
る長期政権を倒したジャスミン革命に触発されるかのように、エジプトをはじ
め中東における民主化の波は世界に波及し、止まるところを知らない。若者を
中心とする高い失業率、穀物高騰による食糧品値上げで、貧困層の経済状況の
悪化などがその要因とされる。それを見た老僧が、自分はさておいて、"
最近の宗内の露骨な派閥人事や、いまの末寺の経済状況をみて、若い連中の中
にはデモでも起こす熱い奴はいないのかね"と嘆いていた。

大宣寺住職の菅野日龍の後に、達師の三男・細井玉道が入り、細井の後の千
葉・鎌谷寺には菅野の息子・道渉が入った。また、菅野に続いて死亡した静岡
・寿量寺の上田慈一の後任には、静岡・正説寺から日如の親戚で、以前御本尊
を焼失したことのある早瀬義久が異動。正説寺には日顕の元奥番、佐藤道幸が
入り、上田の息子で寿量寺の副住職だった元道は、後輩の佐藤がいた格下の岐
阜・得浄寺にはじき出された。誰が見ても露骨なファミリー優遇人事である。
ファミリーかコネでも無い限り、一生、田舎の末寺での冷や飯を食い続ける事
になる。今の宗門は、夢も希望もない。どんなに努力しても生涯報われること
はない。無任所の諸君、君たちの未来は厳しいよ!

20年前の平成3年1月6日、末寺住職を前に涙を流しながら「流浪の身と
なって、粥を啜っても」と語ったが、その裏で秘かに進めていたのが、東京都
目黒区八雲の20億円のプールつき豪邸の建築との驚くべき計画だった。この
豪邸は表向きは寺院とされていたが、地上2階建て、地下にプールとトレーニ
ングルームつきで床面積合計190.87坪。そんな広大な施設にもかかわら
ず、仏間はたった十畳しかなく、そのかわり茶室が十二畳と仏間より大きいと
んだ寺院である。しかも手伝いの部屋が六畳で仏間と同じくらいの大きさであ
る。ほとんどが日顕の私的生活のための間取りとなっていた。その後、宗務院
が"大石寺出張所である"と慌てて弁明したが、3月18日付の内事部通達で建設
計画の「取り止め」を発表した。しかし、その後も世田谷区等々力、渋谷区松
濤と、狂ったように次々と豪邸を漁ったのである。自分と政子そして、ファミ
リーの安穏しか考えない日顕の醜い魂胆が丸見えだ。「真実」は時間の経過と
共に「証明」される。日顕の悪行を世界中の民衆は全て知っているのである。
 
越洋 平成23年3月7日
  1. 2011/03/07(月) 23:22:53|
  2. 越洋
次のページ

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (168)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。