「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェイク 第1159号(発行=10.11.30)

フェイク 第1159号(発行=10.11.30)
「池田思想」は世界に誇る仏教の正統
斬新な『日蓮仏法と池田大作の思想』が発刊
 反人間主義の日顕宗、逆恨みの福本潤一


魔僧日顕による創価学会の謀略破門から十数年も経って突然、日顕宗に寝返
った「遅すぎる変節漢」こと福本潤一の駄言を本紙では、徹底的に論破した。
福本が、どんな屁理屈を並べようと、所詮、党公認を得られなかったのを逆恨
みし、学会に罵詈雑言を浴びせているのであり、筋違いも甚だしい。
今まで縁もゆかりもなかった妙観講の走狗になった恥知らずな男だ。グチと恨
みをまき散らして、自分を正当化する醜態には、日顕宗坊主も辟易している。

 福本は、東大卒(農学部)の肩書を鼻にかける曲学阿世の三流学者で、海外
の諸大学からの数々の名誉学術称号より、自分の農学博士の方が上と自慢タラ
タラで、みっともない限りだ。

池田名誉会長への世界の大学・学術機関からの三百番目となる「知性の宝冠」
が過日、マサチューセッツ大学ボストン校から贈られた。広布史に燦然と輝く
八十周年の佳節を刻んだ創価学会の師弟勝利を寿ぐ栄誉であり、魂の独立記念
日(十一月二十八日)を飾る慶事であった。

 池田名誉会長が、かくも世界の学識者から尊敬され、称賛されるのは、その
哲学が世界最高峰のレベルだからに他ならない。この点を詳しく論じた池田思
想研究の学術書が、このほど第三文明社から刊行された。

書名は『日蓮仏法と池田大作の思想』で、著者は『日蓮正宗の神話』『法華経
の社会哲学』等の秀作で知られる青年僧侶改革同盟の松岡幹夫(雄茂)氏である。

 これまで池田名誉会長の思想は、宗教指導者・作家・詩人・平和主義者・社
会活動家・教育者など、様々な角度から論じられてきた。

だが、日蓮仏法という根本の立場から「池田思想」の哲学性を現代的に解明し
たのは同書が初めてとなる。

 ざっと構成を紹介すると、「序」で創価思想における池田思想の意義が述べ
られ、第一章では池田思想が現代の混迷を解決する五つの特徴を備える点が示
される。

従来の批判を鋭く粉砕

 次に第二章は日顕宗の坊主も目を見開いて読むべきだ。折伏、学会組織、政
治参加、師弟の道、仏法と世法の関係などをテーマに、池田名誉会長に対する
従来の様々な批判を鋭く切り返している。邪宗門と戦いながら研究を続ける松
岡氏ならではの、理知的な破折態度が興味を引く。

第三章は一転して、池田思想が仏教哲学の正統であることを真正面から論じて
いる。大乗仏教の「空」の思想を、戸田第二代会長は「生命」と読み直した。
それを池田会長は「大我」論として展開し、「自由自在の主体性」に立った新
しい人間観を唱えて世界に衝撃を与えたのだと言う。

第四章では、ダライ・ラマや鈴木大拙等の著名な仏教家と比較しつつ、創価学
会が旧来の仏教の静かなイメージを打ち破る、躍動的な「活用の仏教」である
ことを明らかにしている。

そして第五章で、池田思想の「人間主義」とは何かについて縦横に論じられ、
日顕宗の「反人間主義」との戦いの意義にも言及している。これで名誉会長の
存在の世界的意義が一層鮮明になった。同書(定価1200円)は、各会館の
出版コーナーでも購入できる。



【送料無料】日蓮仏法と池田大作の思想

【送料無料】日蓮仏法と池田大作の思想
価格:1,260円(税込、送料別)

スポンサーサイト
  1. 2010/11/30(火) 23:52:04|
  2. フェイク

越 洋 平成22年11月28日

越 洋 平成22年11月28日

 11月21日世界の大学から300番目となる名誉学術称号が池田名誉会長
に授与された。学会は創立80周年を見事に勝ち飾り、19年目の"魂の独立
記念日"である11月28日を迎える。

まさにこの日は、「宗教」があって「人間」があるのではなく、「人間」が
あってこそ「宗教」があることを証明した日となった。破門の理由も、宗祖の
御聖訓に依らず、日顕の醜い嫉妬が因となりC作戦という創価学会を分離させ
ることが目的だったのである。学会を破門する教義上の根拠も示さず「学会が
宗門に服従しないから」という権威的・感情的な主張が繰り返された。宗教は、
個人に幸福をもたらすと同時に、社会の平和と繁栄を築くものでなければなら
ない。にもかかわらず宗門はその社会的責任を放棄し、再三の話し合いの呼び
かけを拒否して、宗教的権威をもって学会を一方的に破門にすることで、仏教
史上最大の汚点を残してしまった。

近代の宗門の大学匠であられた総本山第五十九世日亨上人は、昭和二十六年
六月ある僧侶に、こう厳しく仰せになった。「現在の宗門で、学会以外に、取
るものがあるかね。学会を排除する宗門は、忌むべきである」と。学会を深く
理解され、期待を寄せられていた堀上人は、宗門や僧侶の実情について、当時
から厳しく見ておられたが、宗門は本当に"忌むべき"存在になってしまった。

世界に目を向けると、あのキリスト教でさえ、聖職者の逸脱を信徒が歯止め
をかけるシステムが確立している。カトリックには、信徒評議会や信徒団とい
うシステムがあり、教団運営にも参画している。評議会内では、聖職者は、議
決権を持たない"顧問"のような立場であり、最終的には信徒の発言と議決によ
って物事が決定される。世界の趨勢は、"対話"なのである。

宗門は、日顕が法主になってから、法主に権限を集中させる体制を作り、"登
山、折伏、供養"とノルマを課し、かえって信徒を抑圧してきた。ヨーロッパ
の十六世紀に始まる宗教改革は、当時の堕落した旧教(カトリック)から分離
独立した新教(プロテスタント)が、人間の救済は、儀式などの形式にあるの
ではなく、個人の内面の信仰と変革にあるとしたのである。

葬儀、法事、戒名、塔婆などの化儀を悪用し、金儲けの道具にしてきた日顕
宗の来年の年間方針は、「実践行動の年」。年間実践テーマは「勤行・唱題で
広布へ前進」「折伏実践で御命題達成」「全講員で支部総登山」である。これ
を見た法華講員は、来年の年間方針は、マンネリで夢も希望も発展もない"と
嘆いていた。それもそのはず、いくら年間方針を決めても、本年の折伏目標を
達成した寺は全体の3割程度。模範を示すべき支院長の寺でも47カ寺中、達
成したのはたったの9カ寺という体たらくである。平成27年に50%増、平
成33年に80万達成と目標を打ち出しているが誰一人として実現できると思
っている者はいない。結局、学会を破門した事によって、学会こそが大聖人の
御遺命を実現している唯一の団体であることを更に証明する事になった。
  1. 2010/11/28(日) 23:08:45|
  2. 越洋

短信 第499号  平成22年 11月25日(木)

短信 第499号  平成22年 11月25日(木)
日 顕 宗 の 動 き

1.横浜・久遠寺、木村真昭の「僧階問題」

横浜・久遠寺住職、木村真昭(73)の「僧階問題」が宗内に波紋を呼んで
いる。

 日顕宗の僧階は、法主および法主経験者の「大僧正」以下、「権大僧正」「僧
正」「権僧正」「大僧都」「権大僧都」「僧都」「権僧都」「大講師」「講師」
と続くが、先ごろ改訂された「寺院名簿」の僧階表を見ると、2年前に上から
5番目の「大僧都」だった木村は、7番目の「僧都」に2階級も降格されてい
るのだ。

約40年にわたって大寺院の住職を務めてきた木村に、いったい何があった
のか。ちなみに、同じ寺に在勤する長男・道昭(46)は父親より1階級上の
権大僧都、次男で岡山・妙種寺住職の信久(43)は父親と同級の僧都である。
一説によれば、木村は億単位の金銭不祥事を起こし、本来は坊主をクビになる
ところを、降級だけで済んだという。

ここ2、3年のうちにも、坊主の不祥事は後を絶たないが、処分内容には一
貫性がない。飲酒運転で逮捕された熊本・法観寺の山田雄勉は住職をクビに(
平成21年)。信者とトラブルを起こした富山・妙顕寺の長町享道(同19年
)、寺でボヤ騒ぎを起こした静岡・蓮成寺の高松趣道もクビに(同22年)。

 一方、金銭不祥事の元仲居・駒井専道は寺の異動で許され(同21年)、北海
道・得成寺の里内信徳に暴力をふるってケガをさせ、告訴された阿部信彰はお
咎め無し。反対に被害者の里内は住職を辞めさせられ、揚げ句に擯斥になった
(同21年)。また、暴力事件を起こして裁判で賠償命令(同20年)を受け
た長野・本立寺の瀬戸義恭は、処分を受けなかっただけでなく、いまだに支院
長を続けている。(※クビになった坊主の寺名は当時のもの)

不公平な日顕宗の懲戒制度。多額の供養が出せる坊主や、人脈を持つ坊主は
悪いようにはされない。所詮、"地獄の沙汰"も"カネ"や"コネ"次第というわけ
だ。

2. 宗内人事

先ごろ死亡した鳥取・専修寺の秋山義道(享年73)の後任に、島根・法久
院の角石永道(54)が入った。法久院には本山・大坊より、川田正実(36
)が異動した。また、9月に死亡した細井珪道の後任として東京・常在寺に阿
部信彰が入ったが、その息子で本山・大坊の正教(37)も在勤者として異動
となった。布教部長の信彰が寺を空けることが多く、「実質的には副住職待遇」
(宗内関係者)と言われている。相変わらずの露骨なファミリー優遇人事であ
る。

3. 12月の予定

5日(日) 広布唱題会(本山、末寺)
12日(日) 御講(末寺)
  1. 2010/11/25(木) 23:11:50|
  2. 短信

フェイク 第1158号(発行=10.11.23)

フェイク 第1158号(発行=10.11.23)
お会式は形式仏教の典型だ
大石寺の「御大会」は邪宗寺院のサル真似
謗法坊主の日精が整えた現在の形態


日顕宗大石寺では十一月二十・二十一日の両日、恒例の「お会式」を行なっ
た。これを宗門では「御大会」と称して、宗祖日蓮大聖人の滅不滅を祝う儀式
だと説明しているが、仏法上の意義などはない。真の狙いは全国から法華講員
を集めて供養を取ることである。

その起源も定かではなく、徳川三代将軍家光の頃の寛永九年(一六三二年)
二月、造像読誦論者の日精が登座して以降、現在の儀式としての様式が出来あ
がったと言われている。

所詮、謗法坊主の日精が京都・要法寺から持ち込んだ行事のサル真似で形骸
化した仏教の典型である。

二十日の御逮夜では午後六時過ぎ、ニセ法主の日如を中心に役僧、坊主、総
代らが大書院から御影堂に向かって練り歩いた。これを「お練り」と称してい
るが、単なる坊主共の行列で、昭和初期の頃までは稚児行列などもあったよう
だ。

因みに、日蓮大聖人御入滅の地の池上本門寺では、全国各地から集まった数
多くの万灯が池上の地を深夜まで練り歩いて大賑わいになるが、大石寺での行
列は御影堂前を西に入り、仮御影堂(奉安殿)にコソコソと入った。こんな行列
を見て騙された法華講員の中には、大石寺は歴史が古いだけあって「歴史的な
絵巻」「伝統の美」等と感心している愚か者もいる。汚らわしい生臭坊主らの
行列など広宣流布とは何の関係もない。

仮御影堂(奉安殿)では、高座に登った日如が寿量品について説法した。

これは多分、富士学林図書館長の永栄義親あたりが下書きしたものであろう。

 参列していた講員は「説法の内容は全然、分からなかった」と苦笑していた。
説法する日如自身が法華経も御書も理解していないから、聞く側が分からない
のは無理もない。

日如(写真)は大願寺住職、法道院主管の頃も満足な講義ができないため、当
時、教学部長だった大村寿顕に頼んでいたほどだ。御書講義もできないうえ、
本尊を模写すれば誤字という情けない坊主が、ニセ法主になって御大会を営ん
でも、宗祖が喜ばれる筈はない。

小憩の後、三三九度の盃の儀に移って御逮夜は終った。飲み足りなかった日
顕や日如は、この後、部屋に戻って存分に「盃の儀」を楽しんだのではなかろ
うか。

二日目の行事は二十一日午前二時半から日如の導師で勤行衆会を安普請の客
殿で行なっていた。勤行衆会とはニセ法主の元祖・日顕が頻繁にサボっていた
丑寅勤行のことである。

午前九時からは仮御影堂(奉安殿)で日如による献膳、方便・寿量品の読経に
続いて総監の八木日照が日有上人の申し状を棒読。その後、日如が「立正安国
論」を棒読し、引き続いて日蓮大聖人、日興上人、日目上人、日道・日行の申
し状を棒読して、自我偈・引き題目で終了した。

昼食を挟んで午後一時からは、お花くずし、更に、二人の坊主が布教講演会
を行なったが、僧籍を離れた花野充道博士が指摘していた通り、こんな場で講
演しても布教にはならない。

全く意味のない二日間にわたっての形式的な「三文芝居」であった。
  1. 2010/11/23(火) 23:12:50|
  2. フェイク

フェイク 第1157号(発行=10.11.20)

フェイク 第1157号(発行=10.11.20)
「やはり学会が正しい、宗門は誤り」
「青年文化総会」に感動、脱講した人々の声
「寺に強い不信感、学会は温かく歓喜がある」


法華講を脱講した人々が創価学会創立八十周年を慶祝する「青年文化総会」
の衛星中継を見た感動と喜びを次のように語っていた。

「やっぱり創価学会の方が正しい。宗門は絶対に間違っている。学会は世界の
宗教になりましたね。池田先生のご健康、ご長寿を心から祈ります」「中継行
事に誘って貰って本当に良かった。驚きました。亡き母にも素晴らしい文化総
会を見せたかった。母の遺影を持ってくれば良かった」

「本当に感動しました。素晴らしい。学会のあまりの大発展ぶりを目の当たり
にして驚きと感激で胸がいっぱいです」――日顕宗の法華講を脱講した人達の
率直な感想である。

このような歓喜と感動の声は全国各地で聞かれる。

文化総会では仏教史に輝く創価三代の師弟、無名の民衆による仏法運動の八
十年の勝利の軌跡が歌と映像で見る人の心に迫った。

牧口・戸田会長の権力悪との闘争、池田SGI会長の世界の指導者との対話
と世界五十四カ国・地域を駆け巡っての平和旅。更に、五大州に信頼・友情の
橋を懸けた偉業を讃える国家勲章、名誉学術称号、名誉市民称号をはじめとす
る四千二百を超える顕彰。百九十二カ国・地域へと広がったSGIの平和の連
帯。完全勝利の実証である。

創価グロリア吹奏楽団の見事な演奏、歓喜の笑顔で歌声を響かせる青年部、
富士少年希望少女合唱団、音楽隊、鼓笛隊のメンバーの躍動の姿に目を見張り、
牧口初代会長から戸田第二代会長、そして池田第三代会長へと継承された尊い
師弟のバトンが、今まさに青年に受け継がれているという感動が参加者の胸に
迫ってきたようだ。

 このうち大阪・堺総県では学会創立八十周年に因んで八十人の脱講したメン
バーが中継行事に喜々として参加した。法華講では供養、登山、折伏、御講へ
の参加などのノルマに苦しめられ、信仰の喜びなど感じなかったが、文化総会
を見て信心の真の在り方を実感したようだった。なかには中継行事で感動し、
自らすすんで聖教新聞の購読を申し出た人もいた。

一人を大切にする学会

また、泉州総県の和泉市の中継会場には法華講員も参加していたが、中継終
了後、即座に脱講を決意した。

この人は、四年前に脱講したYさんに誘われて中継行事に来ていたHさんで
ある。このHさんは次のように語っていた。

「寺に行っても、挨拶する人もなく、誰もが恐い顔をしていたり、淋しそう
な表情で笑顔は見られない。そして知らない顔を見たら学会のスパイちゃうか、
というように睨んで冷たい空気が張り詰めている。講中は派閥だらけです。そ
の上、寺では学会員から取り上げてきた御本尊をバケツの中に投げ捨てている
のを見て、強い不信感を抱いていました。友人のYさんから衛星中継に誘われ
て一時は悩みましたが、参加して本当に良かった。感動しました。学会では悩
みも聞いてくれる。希望も喜びもあって本当に温かい。一人を大切にする学会
の真心に強く感銘しました」

青年文化総会は歓喜と希望の波紋を広げている。
  1. 2010/11/20(土) 23:14:23|
  2. フェイク
次のページ

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。