「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

短信 第497号  平成22年 10月28日(木)

短信 第497号  平成22年 10月28日(木)

日 顕 宗 の 動 き

1.細井珪道の死で日顕宗の勢力図が変化

 先月30日に死亡した細井珪道(東京・常在寺、享年71)に与えられた「
法号」(=戒名の最後に付く称号)をめぐって、宗内がざわめいている。細井
に送られた法号は一般の坊主が死んだ時に与えられる「大徳」。しかし、宗会
議長や大支院長などを歴任し、法主(日達)の子息でもある細井には、格上の
「贈上人」が相当ではないか、と囁かれているのだ。宗内関係者が語る。「今
回の法号は猊下(=日如)ではなく、隠尊(=日顕)が決めた。日達上人と妙
観会(日達法主の弟子のグループ)へのあからさまな嫌がらせだ」

 正本堂、大客殿、六壺など、本山内の日達法主の事績をことごとく破壊して
きた日顕。その動機は、自分を次期法主に指名せずに亡くなった日達法主への
逆恨みであり、今回の日達法主の息子の「法号問題」も同様だという。さらに、
いつまで立っても相承箱を引き渡そうとしない、日達法主の娘婿・菅野日龍(
東京・大宣寺)へのいらだちも背景にあるという。

 ともあれ、細井珪道の死亡によって、日達法主の系譜を引く勢力は一気に衰
退し、日顕・日如の二頭体制へと勢力図が大きく変化するだろうとの見方が大
勢を占めている。


2. 11月の予定

7日(日) 広布唱題会(本山)
14日(日) 御講(末寺)
15日(月) 目師会(本山)
20日(土)、21日(日)
       御大会(本山)

スポンサーサイト
  1. 2010/10/28(木) 22:33:34|
  2. 短信

越 洋 平成22年10月26日

越 洋 平成22年10月26日

 国民の平和と幸福のためではなく、目先の政権運営と次の選挙のことしか考
えない民主党政権になって1年、社会の閉塞感から政治への不信感が蔓延して
いる。マニフェストも何一つ満足に実現していない。

NHKの大河ドラマ「龍馬伝」の影響もあり、幕末の志士たちの活躍が注目され
ている。10月26日は、初代内閣総理大臣を勤めて、4度も総理大臣を経験
した伊藤博文が1909年ハルピン駅で暗殺の凶弾に倒れてより101年目に
あたる。

伊藤博文といえば、高杉晋作、久坂玄瑞、山県有朋、品川弥二郎などと並ぶ
松下村塾の塾生で、吉田松陰の遺志を継ぐ幕末の志士であった。維新という革
命の原動力になった松陰の「草莽崛起(そうもうくっき)」すなわち「民衆よ
立ち上がれ」との言葉は、多くの弟子たちを奮い立たせた。"身分など問わな
い、民衆の力を結集する"ここに松陰の構想の偉大さがあった。伊藤は、最も
貧しい足軽の出身で、松陰亡き後、師の遺骸を引き取り、明治政府建設に尽力
した。

 第二代戸田会長は、この山口を舞台とした明治維新の「夜明け前」のドラマ
を、青年によく語ってくださったそうである。"断じて屈するな。我が弟子よ、
頼むぞ"との松陰の言葉は、戸田会長の門下への思いに通じた。大聖人の御遺
命である世界広宣流布の願業を戸田会長より受け継いだのが第三代池田会長で
ある。

師弟不二の命懸けの実践により、創価学会は、世界192カ国地域へと陣容
を広げ、「平和・文化・教育」の運動を通して大発展を続ける中、大いなる創
立80周年を迎える。それに比べ、未来に何の展望も持てないのが今の宗門で
ある。

今、話題になっているのが花野充道氏の論文だ。特に約160㌻にわたる長
文の「あとがき」では痛烈な日顕批判を展開し、今までの鬱憤を晴らさんがご
とき内容は宗内外の注目を集めている。花野氏は「大将が自ら戦わないで……
口では僧侶主導の広宣流布と言いながら、宗門僧侶全体が自ら破邪顕正の手本
を示さないで、信徒に『やれ、やれ』と言っても無理」と指摘。特に、閉鎖的
で時代遅れの寺子屋教育を続けていると「寺院住職の世襲制、墓檀家的な信徒
の増加、財政逼迫による末寺の廃合、得度者の減少、僧侶の知的レベルの低下、
僧侶全員が高校卒という教団になる」と憂慮している。

的を射た指摘である。今の宗門の間違った僧俗差別義と法主本仏論が、現在
の疲弊を招いただけでなく、大切な人材を失っている。今こそ改革の手始めと
して、日顕の自己満足で作った有害無益の"法凶院(法教院)"を即刻、廃止す
べきである。

  1. 2010/10/26(火) 22:34:55|
  2. 越洋

フェイク 第1149号(発行=10.10.18)

フェイク 第1149号(発行=10.10.18)
虚偽記事の「慧妙」を廃刊せよ
花野充道著「天台本覚思想と日蓮教学」 ⑤
「国法を犯した出版物の存続は広布の妨げ」


花野充道氏が平成十六年七月七日発行の同人誌「道心」に書いた「僧侶主導
の広宣流布を考える」について、宗務当局から「読者に誤った認識を植え付け、
宗内秩序を紊乱(びんらん)した」とのことで是正措置命令を受けた。そして「
道心」は廃刊に追い込まれた。

この度、発刊された「天台本覚思想と日蓮教学」の「あとがき」の中で花野
氏は、日顕の肝煎りで創刊した「慧妙」こそが宗内秩序を紊乱したと指摘し、
廃刊すべきだと述べている。少し長くなるが、引用する。
◇    ◇
「慧妙」は総本山大石寺の内事部や日蓮正宗の宗務院にも置かれている、日
蓮正宗の準機関紙とも言うべきものです。宗門の公式見解はどうあれ、少なく
とも多くの法華講員はそのように思っています。

その「慧妙」に、「日顕上人猊下はこのような柄のハカマはお持ちになって
いない……これは首をすげ替えた合成写真なのである」(第一号)という記事が
載ったことがありました。御承知の通り、創価学会の芸者写真誹謗報道に対す
る反論として掲載されたものです。私はその記事を真に受けて、創価学会員に
対応したところ、恥をかいた経験があります。私は「慧妙」がこのような虚偽
の記事を載せることは、まさに宗内秩序を紊乱するものに当たると思い、教学
部に責任の所在をはっきりさせるように抗議の電話をかけました。すると、よ
く調べて追って電話するという返事があり、しばらくたって(教学部の役職員
でもない、「慧妙」紙とどのような関係にあるのか、全くわからない)阿部信
彰師より電話がありました。(中略)日蓮正宗の準機関紙とも言うべき「慧妙」
の虚偽記事は、宗内秩序を紊乱したと私は思っています。

「慧妙」の虚偽記事は、それだけではありません。平成十年には「売僧の『
正本堂解体』騒ぎを嗤う」「宝物館(旧奉安殿)拡張は御影堂改修の準備」とい
う(意図的な)虚偽記事が載りました(一二一号)。……(当然)廃刊にすべきだと
思っています。(途中省略)

「慧妙」は最高裁で原告者への賠償が確定したにもかかわらず、どのような
お咎めがあったのでしょうか。いくら「不当判決である」とかばったところで、
宗門が、国法の下で布教している以上、国法を犯した出版物を存続させること
は、広宣流布の妨げであると確信するものであります。

「慧妙」にたずさわっている二十数名の僧俗の名前は闇の中であり、その内
容に誰が責任を持っているのか。(以下省略)
◇    ◇
以上が「慧妙」に関する花野博士の記述の抜粋である。同博士の指摘通り、
「慧妙」の記事は真っ赤なウソ。「慧妙」は妙観講の呉服屋やカメラマンを登
場させて嘘の証言をさせていたのだ。芸者衆に囲まれて鼻の下を長くして写っ
ていたのは、紛れもなく日顕であった。

このほか花野博士は宝物館(旧奉安殿)の拡張は御影堂改修の準備との虚報、
最高裁での断罪を例に挙げているが、「慧妙」の虚偽記事は他にも枚挙に暇が
ない。

花野論文をもっと詳しく紹介したいが、後は話題の新刊書「天台本覚思想と
日蓮教学」を手にして読んで頂きたい。(この項 終わり)

  1. 2010/10/18(月) 04:36:10|
  2. フェイク

フェイク 第1148号(発行=10.10.15)

フェイク 第1148号(発行=10.10.15)
日顕は御書を誤読し反対に解釈
花野充道著「天台本覚思想と日蓮教学」 ④
「智者は世間の法より他に仏法を行ず」?


花野充道博士が主張していたのは「宗務行政の民主化」「情報の公開」「オ
ープンな議論」の三本柱である。だが、情報が非公開の現状を憂いている同博
士は「我々は怪文書の情報をもとに真相を推測するしかない」と慨嘆している。

加えて、今のような閉鎖的で時代遅れの寺子屋教育を続けていると「寺院住
職の世襲制、墓檀家的な信徒の増加、財政逼迫による末寺の廃合、得度者の減
少、僧侶の知的レベルの低下、僧侶全員が高校卒という教団になる」旨、前途
は真っ暗闇だと指摘しているのである。

そして「自分の感情をコントロールできるようなリーダーでなければ、広宣
流布の進展は望めません」と強調。「スターリンや毛沢東の死後、過度の個人
崇拝や反対勢力への粛清が批判され、再評価が進んだように、日顕上人もまた
死後、その時代錯誤の学事政策が、『宗門を衰微せしめた』として、必ずや批
判されるであろう」と切り捨てている。

また、社会学者・西山茂氏が日蓮正宗の教学を指して「板本尊と血脈とを楯
にとった印籠教学である」と指摘したのは本紙第一一四五号で触れたが、これ
に関して花野博士は次のように記している。

世界にも今の日本にも通用しない「印籠教学」

少々、長くなるが日顕にとっては痛いところを鋭く突いているので引用させ
て頂くことにする。
◇    ◇
水戸黄門の印籠の威力が通じるのは、江戸時代の日本の国だけである。アメ
リカに行って、それを見せても「ファット・イズ・ジス?」と言われるのが落
ちである。

また現代の日本でそれを見せても、骨董品としての価値があるだけで、誰も
平伏する人はいない。法主の印籠が通用するのは、日蓮正宗という教団の中だ
けであって、一歩外に出れば、法主の「人格」か、「行動」か、「学識」か、
何かが具わっていなければ、世間の人が尊敬することはないであろう。

日亨上人は法主になられた方であるから、法主であったということだけで、
自門の僧俗から無条件で尊敬されることは言うまでもないが、日亨上人にはさ
らに教団外の人も一目置く「学識」が具わっていたから、たとえば歴史学者と
して高名な宮崎英修氏や高木豊氏からも尊敬されていた。
◇    ◇
「人格」も「行動」も「学識」も欠けた日顕

ここで花野博士が言いたいのは日顕には「人格」も「行動」も「学識」など
も何一つも具わっていないから教団外の人からは尊敬されないということだ。
因みに、平成三年に筆者は宮崎英修博士と面談。ここでは詳しい内容は述べな
いが、日蓮正宗の役僧に関する同博士の批評は、花野氏の記述通りであったこ
とを念のために付記しておく。

世間からは全く評価されていない「内弁慶教団」の日蓮正宗では広宣流布な
ど出来るわけがない。

では、何故、日顕は宗門の所化達を世の中から隔絶し、世間の大学・大学院
で学ぶのを妨害するのか?

それは自分が立正大学を繰り上げ卒業で軍隊に入ったという学歴コンプレッ
クスのためでもあるが、何よりも御書を読み違えて、反対の解釈をしているか
らである。

「減劫御書」には「智者とは世間の法より外に仏法を行はず」と指南されて
いる。これは当初、「行ず」となっていたが、その後、御真筆を詳しく調べた
結果、「行はず」が正しいということが判明している。

当初の「行ず」では「行(おこなわ)ず」とも「行(ぎょう)ず」とも読め
たが、唯、前後の文脈から「行(ぎょう)ず」では大聖人の教えとは反対の意
味になるので、学会は送り仮名やルビが無くても「行(おこなわ)ず」と正し
く読んでいたのである。

ところが、「行(ぎょう)ず」と誤読していたのが、ほかでもない日顕自身
であった。日顕は論文の中で、次のように書いている。

 「減劫御書に『智者とは世間の法より外に仏法を行(ぎょう)ず、世間の治
世の法を能く能く心へて候を智者とは申すなり……』との仰せがある。(中略
)したがって、智者というのは、世間の法よりほかに仏法を行じているのであ
る。『世間の法より外に』ということは、世間の法は世間の法として行じ、そ
の根底に仏法を行じているということである」(下の資料を参照)

このように日顕は「世間の法よりほかに仏法を行じている」と反対の解釈を
していたのである。だから、世間から遊離して「井の中の蛙」になるのだ。

 大聖人は「智者(法華経の行者)は、世間から遊離した教団の殻の中に閉じこ
もっていないで、世間で仏法を行じていくのである」と教えられているのであ
る。

日顕の解釈は全く正反対であった。日顕は本尊を書けば誤写、御書は誤読だ
が、そればかりではない。

平成十九年暮れに発刊した「百六箇種脱対見拝述記」は十九行もの文が欠落
していたし、加えて今年八月の教師講習会では「不変・随縁」の語を天台が用
いたと間違って「ついうっかり」と弁解していた。日顕には「講義する資格は
ない」という宗内の声もある。

日顕よ、天台本覚思想研究の第一人者と言われている花野博士に土下座して
潔く謝罪し、教えを乞うてはどうか。(つづく)

  1. 2010/10/15(金) 22:39:52|
  2. フェイク

短信 第496号  平成22年10月14日(木)

短信 第496号  平成22年10月14日(木)
日 顕 宗 の 動 き

1.「遺骨預かり」エサに脱会そそのかす

 折伏ノルマに追い立てられる日顕宗末寺は、成果のためにあの手この手を使
っている。墓をもたず、遺骨の保管場所に困っている学会員に目をつけ、遺骨
を預かることと引き替えに、寺への所属をそそのかしているのだ。ある寺では、
「宗旨は違いますが遺骨を預かります」と猫なで声で学会員に近づいてきて、
ひとたび遺骨を預かるや、「故人の成仏のためには、遺族が寺の信徒になるこ
とが最善」などと入信の書類を出してきた。また、ある寺では、以前から遺骨
を預けている会員に対して、「今後も預かるので、寺に所属するように」と言
ってきた。

 これまで、預かった遺骨を紛失したり、取り違えたり、粗末に扱ったりして、
裁判で度々断罪されてきた日顕宗だが、故人を偲ぶ心をもてあそぶやり口は、
卑劣この上ない。

2. 折伏のみならず登山でも締め上げ

 日顕宗執行部は、折伏のみならず、登山でも末寺を締め上げている。

 先月、各末寺は、明年の支部登山の計画書を提出させられた。所定の用紙に
は、支部登山の実施回数、月日に加え、現在の講員数、参加目標人数等、細か
く項目が設けられており、目標値が低い寺は再提出を命じられる。

 また、登山者が少ない寺の坊主には、布教部部長の阿部信彰らが本山に呼び
つけたり、電話をかけて恫喝しているという。

 日如はふだんから「入信した者は3カ月以内に登山させろ」と繰り返し、かつ
て年1回と決まっていた支部登山を、年2回、3回と複数回行うよう促してい
る。折伏に加えて、「登山、登山、登山」の号令である。

 信者が登山すれば潤う本山。一方で実入りが減って先細る末寺。日如ら上層
部は、「広宣流布」だの「一切衆生の幸福」だのと、もっともらしい言葉を並
べているが、露骨なファミリー優遇人事に象徴されるように、その頭の中にあ
るのは、"我が身の繁栄"だけである。

 宗門では古来より、本山が"親"、末寺が"子"にたとえられてきたが、これで
は、子の生き血を吸って生き長らえていく異様な"鬼親"の姿そのものではない
か。

  1. 2010/10/14(木) 22:40:52|
  2. 短信
次のページ

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。