「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新改革通信 115号

新改革通信 115号 平成23年10月25日
発行:日蓮正宗改革同盟

本山よりも財力のあった東京の末寺が御本尊を印刷
大石寺が本山らしくなったのは創価学会のおかげ


●東京の末寺の方が財力があり、影響力もあったので御本尊を印刷

創価学会が誕生する前は、大石寺は財政的に窮乏していた。ところが、東京の
寺院はある程度の檀家がいて、収入が安定していた。
東京の末寺は財力があったから、御本尊を印刷できたのである。

だから、多くの住職は、田舎の本山に赴任するよりも、東京の末寺の住職にな
ることが夢であった。

財力があったということは宗内に対する影響力も強く、本山は東京の末寺がす
ることに対して、いちいち口をだすことはなかった。

そして、品川の妙光寺は五十五世日布法主、豊島区の法道院は五十六世日応法
主、同じく豊島区の常在寺は五十七世日正法主と、それぞれ有縁の法主の御形
木本尊を印刷して、信徒に授与していた。

当時の様子を「さながら群雄割拠の感があった」とある老僧が語っていた。

●末寺得度から本山得度へ

昔は、本尊のことだけでなく、宗内の様々なことが末寺中心であった。葬儀の
やり方など様々な化儀はその寺の住職によって異なり、後年、化儀を統一する
ために『教師必携』が作られた。

その背景にあったのは、末寺での得度制度であった。今、本山で行われている
年分得度制度(十二歳からの得度)が出来たのは、日達法主の時代で、それ以
前は末寺の住職のもとで出家する末寺得度であった。

ここから、自然に有力寺院を中心とした派閥が出来上がり、多くの弟子を持つ
東京の寺院は影響力を持つようになったのである。

ところが創価学会が誕生し、信徒の急激な増加により、僧侶を増やす必要が出
てきた。そこで、日達法主の時代より、本山で一括して得度する年分得度制度
が出来上がった。

この年分得度制度により、僧侶はすべて当代の法主の弟子となり、末寺の派閥
が解消されていったのだ。

●本山の窮乏を救うために始まった登山会

 戦後、財政的に窮乏していた本山は、その打開策として、富士宮市や観光協
会と話し合い、本山の観光地化を進めていた。
 そのことを知った戸田会長は、大石寺が他宗のように宗教を売り物にする観
光地となることを恐れて月例登山を提案した。

そして、昭和二十七年から創価学会の月例登山が始まり、その御供養で本山は
運営が賄えるようになった。

 今、宗門は〃登山をしないと成仏しない〃などと言っているが、かつては登
山会などなく、御開扉を受けることが出来たのは、一部の僧侶でしかなかった。


●創価学会の誕生により、本山らしくなってきた大石寺

このように、創価学会が始めた登山会の供養などで本山は財政的に豊かになり、
また、本山での得度制度が確立して本山在勤の僧侶も増え、ようやく大石寺は
本山らしくなってきたのである。

明治三十七年の政府調査によると、身延派の寺院数は、三六八五。住職数は二
九八二。信徒数は約百八万人。これに対して、大石寺の寺院数は、八十七。住
職数は四十七。無住の寺が半分ちかくあったことになる。そして信徒数は、約
二万八千四百人。日蓮正宗がいかに弱小教団であったか明白だ。創価学会がな
ければ、宗門の存続は難しかったのである。(続く)
スポンサーサイト
  1. 2011/10/25(火) 23:47:46|
  2. 新改革通信

新改革通信 114号

新改革通信 114号 平成23年10月23日
発行:日蓮正宗改革同盟

僧侶のマニュアルにあるのは、数珠と墓石の開眼だけ
御本尊を数珠・墓石と同等に扱い、軽んじている宗門


●南無妙法蓮華経と唱えるだけの「数珠の開眼」

今回の宗門事件が起こるまで、「開眼」と言えば、宗内では「数珠の開眼」
か「墓石の開眼」のことだった。御本尊の開眼など口にする者はいなかった。
事実、僧侶のマニュアルである『教師必携』には、「開眼」に関しては、「数
珠の開眼」しか記載されていなかった。

その作法として
「御開眼は読経唱題中に導師が数珠を両手にかけ、南無妙法蓮華経と祈念する」
とある。

特別な祈念などない。これなら、誰でも出来る。〃僧侶にしかできない〃とい
うのであれば、僧俗差別を作りだすための詭弁でしかない。


この「数珠の開眼」でも分かる通り、「御本尊」と「唱題」によって数珠が開
眼されるのである。常に御本尊は開眼する側にあり、開眼されるものではない。

●『教師必携』の改訂版に「墓石の開眼」が加筆

宗門では、墓石の開眼も行っていたが、古い『教師必携』には、墓石の開眼
については何も触れられていなかった。
ところが、なぜか、平成十四年版には墓石の開眼が加筆されている。おそらく、
末寺によって作法がバラバラであったから、統一したのであろう。

 結局、彼らは自分たちの特権を誇示するために「開眼」という言葉を利用し
ているが、マニュアルである『教師必携』にあるのは数珠と墓石の開眼であり、
確たる化儀などない。


●一部の御本尊を御宝前にお供えしていた日顕。お供えしていない御本尊との
違いは何か?


 宗門では、一般の御形木本尊は、何の儀式もなく、そのまま末寺に配送され
ていた
が、板御本尊と常住御本尊だけは、日顕が導師をしている時に、御宝前
にお供えしていた。

 もし、この「お供え」が「開眼」というのなら、これこそ、誰でもできるこ
とである。また、お供えした御本尊とお供えをしていない御本尊との違いは何
か?


彼らは、日蓮大聖人が「一切経の眼目」と仰せの御本尊を差別して扱っている
だけだが、お供えしない本尊でも宗門では通用するのだから、ただの形式に過
ぎないということだ。

●化儀を悪用して、僧俗差別を作りだす宗門

 化儀とは、仏が衆生を教化するための方法のことである。儀式もその一つで
あるが、今の葬儀・法要などは、江戸時代の檀家制度によって生まれたもので
ある。その実態は、供養搾取の手段となっている。

 彼らが突然、言い始めた「本尊の開眼」は、数珠や墓石の「開眼」と同じで、
僧侶の特権を作りだすための儀式となっている。そして、彼らにとって「儀式」
とは信徒支配の道具なのである。

 大聖人の仏法における化儀の根本は〃御本尊を拝す〃ことである。

日蓮大聖人云く
「此の御本尊全く余所に求むる事なかれ・只我れ等衆生の法華経を持ちて南無
妙法蓮華経と唱うる胸中の肉団におはしますなり」と。
胸中の御本尊を「明鏡」たる御本尊に映し出して拝す。そこに、誰かが介在す
る必要などない。(続く)
  1. 2011/10/23(日) 23:40:41|
  2. 新改革通信

新改革通信 113号

新改革通信 113号 平成23年10月21日
発行:日蓮正宗改革同盟

昭和27年、「布教会」が日寛上人の御本尊に統一
法道院の近くのアパートで従業員が本尊を印刷


 今回の宗門事件が起こり、宗門は創価学会の御本尊授与に対して、様々に難
癖をつけようとしているが、彼らは宗門の過去の歴史を意図的に隠している。

我々は宗門の過去の歴史を明らかにし、彼らの批判がただの僧俗差別の偏見に
基づいた邪義であることを白日の元にさらす。

●信徒が自分で御本尊を表具屋に表装を依頼していたこともあった

今までに紹介してきた通り、戦前・戦後の宗門では、東京の末寺がそれぞれ、
有縁の法主の本尊を印刷して信徒に下付していた。

しかも、表装された状態ではなく、本尊が印刷された本紙の状態で下付され、
御本尊を受けた本人が自分で表具屋に頼んで表装してもらう場合もあった。


ただ、信徒が使う表具屋も色々で、他宗の本尊を真似た表装などが問題になり、
その都度、宗門で表具屋を認定するようになった。

この場合、「開眼」などしていない。というより、宗内に「開眼が必要」とい
うことを言う者など誰もいなかった。


また、本山が東京の末寺がすることにいちいち口を出すことはなかった。

●「布教会」が日寛上人の御形木本尊に統一し、法道院の従業員がアパートで
印刷


しかし、創価学会が誕生し、急激に信徒が増えたため、本尊を統一する必要が
出てきた。

そして、昭和二十七年、宗門の「布教会」が、日寛上人の御形木本尊に統一す
ることを決定した。

そして、本尊の印刷を請け負ったのが、豊島区・法道院内の「仏書刊行会」で
あった。

ただ、実際に、本尊の印刷を行っていたのは、僧侶ではなく、従業員の信徒で
あった。しかも、印刷が行われていた場所は、近くのアパートの一室であった
というのだ。


そこで印刷された本尊は、特別な儀式もなく、そのまま末寺に送られていた。

●昭和四十一年まで続いた日寛上人の御形木御本尊

 昭和三十四年十一月、日達法主が登座したが、昭和四十一年までの約六年間、
日寛上人の御形木本尊の授与が続けられた。

 日達法主は、〃日寛上人の御形木本尊があるのだから、わざわざ書写しなく
ても〃というお気持ちであったと聞いている。

 そして、昭和四十一年から日達法主の書写した御形木本尊が授与されるよう
になったが、本尊の印刷は、引き続き、法道院内の「仏書刊行会」で行われて
いた。

●日顕の代になり、富士宮の印刷会社が本尊を印刷

 日顕らは、本尊の印刷は、昔から本山で行われていたように説明しているが、
本尊の管轄が法道院から本山に移ったのは、日顕の代からである。まだ三十数
年の歴史でしかない。

 しかも、本尊の印刷を本山内で行っているわけではなく、富士宮の法華講員
が経営している印刷会社が請け負っている。

 そこから印刷された本尊が、十体ずつ箱に入れられ、さらにその箱が段ボー
ル箱に入った状態で本山に届けられる。そして、そのまま、開眼の儀式もなく、
末寺に発送されていた。

 宗門の歴史を見れば、〃すべての本尊を法主が開眼〃などというのは、まっ
たくのウソであることがわかる。
彼らは僧俗差別の感情から、信徒を欺き、難
癖をつけているだけだ。(続く) 
  1. 2011/10/21(金) 23:35:17|
  2. 新改革通信

新改革通信 112号

新改革通信 112号 平成23年10月19日
発行:日蓮正宗改革同盟


ニセ法主が書写した本尊と、血脈を正式に受けた中興
の祖・日寛上人御書写の本尊。どちらが正統か?


●相承の証拠が何もない日顕は〃ニセ法主〃

第一号で述べた通り、日達法主は亡くなる直前に二人の僧侶を呼び、相承をさ
れようとしていたが、そこに日顕は呼ばれなかった。

そして、昭和五十四年七月二十二日午前五時、富士宮市の病院で日達法主が逝
去した。その後、本山にて身内、関係者による読経が行なわれ、その直後、遺
族に、日顕が話しかけてきた。

「あとのこと、君たち聞いてるか?」と。
後に日顕が主張するように一年前に相承を受けているというなら、なぜそのよ
うなことを遺族に尋ねる必要があるのか。
そして午前十一時、緊急重役会議が開かれ、日顕は突然、言い出した。

「実は昨年四月十五日、総本山大奥において猊下と自分と二人きりの場におい
て、猊下より自分に対し、内々に御相承の儀に関するお言葉があり、・・・」
 これが、日顕の「相承疑惑」の始まりである。問題は「自己申告」であるか
ら、証人がいないということだ。


●河辺メモの内容とは

 昭和六十一年十月四日の「河辺メモ」に、日顕が相承を受けたと言い出した
日付に対して、光久が
「四月十五日にしていいのですか。あの日は達師が忙しい日だが」

と述べたことが記載されている。その日は、日達法主の誕生日で、多忙であっ
たため、相承を内付するという重大事が行なわれる余裕などなかったという意
味だ。

●「名乗り出た」と告白

さらに、日顕自身が本山の複数の僧侶の前で
「早瀬日慈さんあたりが受けているのではないかとも思ったが、待っていても
何も言い出さないので、自分から名乗って登座した」
と話している。

たしかに、緊急重役会議で早瀬日慈は何も言わずに、日顕が法主に就任した。
後年、早瀬日慈は、
「自分が我慢したから、阿部さんが法主になった」
と話している。

このような証言からも分かるように、日顕は正式な手続きを経ずに自作自演で
法主になった。だから、相承のない〃ニセ法主〃だ。法主の座を盗んだニセ法
主のあとを継いだのが日如だ。日顕を除歴しない限り、永遠にニセ法主の血脈
が流れるのである。

●日寛上人の足元にも及ばない日顕・日如の行躰

 日寛上人は、大石寺門流の中でも「中興の祖」としてあまりにも有名である。
即ち、大聖人滅後四百年の間に発生した邪義をことごとく打ち破り、当門流に
伝わる大聖人の仏法の正しさを内外に宣揚され、大聖人の原点に還った正しい
教学を確立された。

 また、父母の恩に報ずるために七年間で二千万遍の唱題をされ、大石寺内に
「常唱堂」を建立されている。

 それにひきかえ、日顕は本山の所化小僧に対して
「題目は三十分ぐらいはよいが、それ以上は多過ぎると弊害がある」
などと、とんでもない指導をしていた。

日如は新宿・大願寺の住職だった時に、在勤者に殴る蹴るの暴力を日常的に行
っていた。こんな似非坊主の書写した本尊と、中興の祖である日寛上人御書写
の本尊、どちらが正統であるか、自明の理であろう。
(続く) 
  1. 2011/10/19(水) 23:32:24|
  2. 新改革通信

新改革通信 111号

新改革通信 111号 平成23年10月17日
発行:日蓮正宗改革同盟

大聖人は「開眼の仏事」が天台宗を謗法と化したと破折
御本尊は開眼する側であり、開眼されるものではない!


●信徒を脅すために「開眼」を強調し、かえって本尊の意義を狂わせる宗門

大聖人の当時、「開眼」の儀式は僧侶の重要な「収入源」となっていた。その
ため、どこの宗派も「真言」を用いて「開眼」の仏事を行っていた。

 「法華経」を依経とする天台宗も同じで、布施を取るために、教義的に謗法
であるはずの「真言」を用いて、「開眼」の仏事を行い、そのことが、天台宗
が謗法に染まった一因でもあった。

 そのことを大聖人は「報恩抄」で次のように仰せだ。
「天台宗の人人画像木像の開眼の仏事をねらはんがために日本一同に真言宗に
おちて天台宗は一人もなきなり」(御書三〇九頁)

 すなわち、天台宗の人々は信徒から布施を取ることに躍起になって「開眼の
仏事」を行い、その結果、謗法の宗と化してしまった。

今の宗門も原理は同じだ。宗門事件が起こるまでは、本尊の「開眼」など、宗
内で誰も耳にしなかった。ところが、創価学会が本尊授与を始めた途端に、「
開眼が必要」と言いだした。彼らは、信徒を脅すために「開眼」という言葉を
利用し、かえって御本尊の意義を狂わせてしまっている。


●御本尊は開眼する側であり、開眼されるものではない

御書の中には、御本尊の開眼については全く述べられていない。なぜなら、大
聖人は、

「法華経の題目は一切経の神・一切経の眼目なり」(同一〇六〇頁)
「今末法に入って、眼とは所謂未曾有の大曼荼羅なり、此の御本尊より外には
眼目無きなり」(同八四一頁)

と仰せであり、御本尊自体が、仏の眼目であり、魂そのものであるからである。
ゆえに、他宗の仏像のような開眼の儀式などは一切、必要ない。

 宗門は『木絵二像開眼之事』等を引用して、〃本尊には開眼が必要〃と躍起
になっているが、大聖人が仰せになっているのは、「木絵の開眼は法華経によ
る」ということだ。

 すなわち、「法華経」とは「御本尊」のことであり、あくまでも御本尊は木
絵を開眼する側であり、他のものに開眼されるべきものではない。

ところが、今の宗門の言い分では、法主が御本尊を開眼する立場になり、御本
尊、大聖人よりも上になってしまう。何という慢心であろうか。


●「明鏡たる本尊」に仲介者は必要ない

 大聖人は「明鏡たる本尊」(御書七六三頁)と仰せである。衆生の胸中の御
本尊を映し出す「明鏡」であってこそ、仏界涌現という即身成仏の功徳を生ず
る。もし、「開眼」の儀式を言うのなら、その人の強盛な信心唱題こそ、「開
眼」である。

 肝心なことは、大聖人の教えに従う正しい信心であり、そこに、「法主の許
可」「開眼」という仲介など必要ない。


●日達法主の時代は、豊島区・法道院から御本尊を発送

 昭和三十年代に授与されていた日寛上人の御形木御本尊は、東京・池袋の法
道院で印刷し、全国の末寺に直接、発送されていた。宗門が言うような、本山
での法主の開眼など御形木御本尊については全く行われていなかった。それは
日達法主の時代まで続いていた。日顕の代になり、本山に御本尊を扱う「第三
課」という部署が出来た。しかし、御本尊の印刷は、外部の印刷会社が行って
いる。

 そして印刷会社が運んで来た御本尊を僧侶が印刷の状態を確認して箱に詰め、
各末寺に運送会社を使って発送している。その際に、「開眼」などの特別な儀
式などしていない。これが歴史的事実である。(続く)
  1. 2011/10/17(月) 23:27:39|
  2. 新改革通信
次のページ

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (168)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。