「友と共に!」教宣のページ

短信・フェイク・越洋・石山だより・海外通信・新改革通信など、随時掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェイク 第1576号

フェイク 第1576号(発行=17.04.08)
御宝蔵の中は虫の死骸などが散乱
大雨注意報のなか、大石寺で「虫払い」法要
湿度九十%の日に「湿気を払う」とは滑稽だ


日蓮正宗大石寺では四月六・七日の両日、恒例の虫払い法要を行なった。初
日の午前中は春の陽気だったが、法要の初めの行事である午後一時半からの御
開扉が近づくと時折、雨が降り始め、夜の早瀬日如の御書講が始まる頃には本
降りになり、気温も急に下がった。

 二日目は「大雨注意報」が出て、早朝から昼過ぎまで断続的に雨が降り続き、
午前七時からの御影堂での御開山御講の時間も雨。同九時から客殿で始まった
霊宝虫払い、御真翰巻き返しの時間帯も雨で、本山内が霞んできて、今回も諸
天の加護が全くないことがうかがえた。湿度は九十~九十三%だった。

 この虫払い法要について宗門側は「重要な宝物を後世に永く伝えていくため、
年に一度、湿気を払い、お風入れをして害虫を除くなど保存に必要な手入れ」
をする行事だと説明している。

 だが、雨で湿度が九十~九十三%という日に「湿気を払う」とは実に面白い。
参加した法華講員は「本当に『宝物を後世に永く伝えていくため』であるなら、
少なくても月に一度くらいは『お風入れ』をした方が良いのでは……」と呟い
ていた。

確かに、重宝類の手入れが目的ならば、全国から信者をムリに集めてやらな
くても、大石寺の大坊に百人ほどもゴロゴロしている無任所坊主に定期的に手
入れをさせた方が良い。

 そうしないのは虫払いを秋のお会式と合わせて二大行事と銘打ち、信徒を集
めて御開扉料や御供養の金が欲しいからである。

 また、宗門は「本弟子六人のうち日昭などの五人は大聖人が仮名文字で書か
れた手紙を残しておくことは恥、と言って大事にしなかった」と非難している。

しかし、改革僧は「今の宗門も五老僧と同じで重宝類を大事にしていない。
その証拠に御宝蔵の管理は極めて杜撰だ」と指摘する。

御宝蔵の掃除は年に一度、虫払い法要の前だけで、以前、御宝蔵の清掃をし
た改革同盟の山口雄在氏は「虫の死骸が散乱し、汚れがひどくて拭き掃除をし
た雑巾を洗ったバケツの水が泥水のように真っ黒になった」と述懐。同じく植
松雄増氏は「御厨子の中や御本尊にもクモの巣がはり、お供えしてあった鏡餅
がカビだらけだった」と語る。

大石寺が虫払い法要を始めた時期は不明だが、古い資料としては元亀四年(一
五七三年)の「霊宝虫払日記」がある。また天明元年(一七八一年)の記録には
「虫払いは三歳に壱度也」と記されており、三年毎に行なわれていたようだ。
正式行事になったのは江戸末期の四十八世日量の頃で、明治以降、四月六・七
日に行なわれるようになった。

法要に日顕は欠席

 この法要では隠居した日顕の姿を見ることはなかった。元気なら参加する筈
だが、体調が悪いようだ。


F1576.jpg
スポンサーサイト
  1. 2017/04/08(土) 23:55:33|
  2. フェイク

短信 第616号

短信 第616号 平成28年2月11日(木)
日顕宗の動き

1、特別供養の追加「30億円」が決定

 先月27日、本山で行われた「第2回日蓮大聖人御聖誕800年慶祝記念局委員会」
で、平成33年の「御聖誕800年」に向けた新たな記念事業の追加が決まった。
「新たな事業」とは、本山に関するものばかりで、「客殿等の床断熱工事」「
水道設備の新設」「電気・上下水道の中央管理棟の建設」「客殿周辺の敷石の
張り替え」「宗務院別棟の新築」など。これにより、これまで法華講に課せら
れていた特別供養額40億円に、一気に30億円が上乗せされることになった。

 特別供養の追加といえぱ、「立正安国論750年」にかこつけて御影堂を改修
するとして、平成18年から20年まで計3回に限って行われる予定だった特別供
養が、本山内の18もの塔中坊の建て替え工事等、記念事業が次から次へと拡大
されて30億円の取り立てが追加され、末寺や法華講から悲鳴があがったことは
記憶に新しい。

 今後、"追加の取り立て"の知らせが法華講に届くことになるが、御影堂の時
と同様、混乱は必至。今回の法華講からの収奪額は合計70億円になり、単純計
算すると、末寺は1力寺あたり約1千200万円の供養を本山に"横取り"されるこ
とになる。末寺住職の怒りはますます高まっていくことだろう。


2、増え続ける無任所坊主

 本年の少年得度者審査の結果が発表になった。それによると、19人が応募し、
16人が合格したとのこと。

 昨年の少年得度審査は、応募者が10人で、合格者は史上初めての1桁台とな
る8人だった。危機感を募らせた宗務院は宗内僧侶に向けて、「在家信者の中
から優秀な子供たちを探して、得度審査に応募するよう働きかけるように」と
繰り返し徹底した。

 その結果、本年は昨年の約2倍となる19人が応募することとなったが、その
うち在家からはたったの3人。「在家信者の中から優秀な子供たちを」との宗
務院の思惑はすっかり外れた格好となった。

 それもそのはず、在家の信者たちは普段から、経済的に困窮し、非現実的な
折伏・登山ノルマを押しつけられて青息吐息の末寺住職の姿を目の当たりにし
ているのである。"息子をあのようにしたくない"と思うのが親心であろう。

 いずれにしても、新たに寺が建つ見込みはないにもかかわらず、住職になる
当ての無い無任所坊主は増える一方である。

IMG_20160226055851904.jpg
  1. 2016/02/11(木) 23:57:33|
  2. 短信

短信 第615号

短信 第615号 平成28年1月28日(木)
日顕宗の動き

1、締めつけの「布教区別僧俗指導会」に悲鳴

 布教区ごとに開催されている「法華講員80万人体勢構築推進僧俗指導会」。
折伏推進委員が登壇した後、法華講の代表と支院長が決意を発表させられて一
旦終了。続いて、昨年の未達成住職が残されて、折伏推進委員から反省を促さ
れるのだとか。

 末寺住職たちは、この折伏推進委員に不信を抱き、軽蔑している。寺に押し
かけ信者の前で住職を恫喝した挙げ句、結果が出なければ支院長と住職に責任
を押しつけて知らん顔の推進委員たち。

 自分たちの寺では、実態の無い"泡"のごとき折伏成果を報告して取り澄まし
ているのである。

 昨年より末寺の年間折伏目標は一律「信者数の10%」とされ、本年からは前
年の未達成分が年間目標に上乗せされることになった。それもこれも、平成33
年までの命題である「法華講80万」に対する、法主・日如自身の焦りの表れに
ほかならない。

 新年早々、登山してきた法華講の代表に、「魔がいかに強くても、絶対に仏
様に勝てないということを、我々はしっかりと確信することが大事」と激を飛
ばしていた日如だが、宗内に大混乱をもたらした最大の「魔」は日如自身であ
る。

2、法華講員の心境に変化

 今さらながら、日顕宗の理不尽さを思い知らされている講員が増えている。
ある男性活動家は「中身の無い折伏成果を報告するのがつらい。お寺に行きた
くない」と。高齢の婦人講員は「登山の割り当てが多くて、お金も体力ももた
ない」と。末寺の講頭など、幹部になればなるほど嫌気がさしている者が多い
という。

 日顕宗では本年暮れに、平成33年の「大聖人御聖誕800年」を口実にした特
別供養の取り立てが行われ、折伏や登山の締めつけも苛烈を極めていくことが
予想される。

 3月には「3万人」の結集目標を掲げた春季登山会も予定されている。粘り強
い慈悲の対話で法華講の救済を進めてまいりたい。

3、2月の予定

 3日(水) 節分会(本山)
 7日(日) 興師会(本山)
14日(日) 御講(末寺)
16日(火) 宗祖日蓮大聖人御誕生会(本山)
  1. 2016/01/28(木) 23:03:26|
  2. 短信

短信 第614号

短信 第614号 平成28年1月7日(木)
日顕宗の動き

1、能化、支院長が続々「未達成」一一昨年の折伏成果

 日顕宗の昨年の折伏目標の達成支部(寺院)が公表された。それによると全59
1支部中、達成は468支部とのこと。

 宗務院に厳しく締め付けられる末寺は「達成」をでっち上げるべく、実態の
伴わない成果の計上に狂奔しているが、年々達成率は下降する一方である(平
成25年は97、6%、26年は86、6%、27年は79、2%)。

 手本を示すべき能化や支院長、宗会議員の寺でも未達成が続出した。能化で
は財務部長の長倉日延(札幌・日正寺)、佐藤日栄(埼玉・本種寺)、高野日安(
京都・平安寺)、支院長では杉広哲(北海道・大法寺)、小原玄道(岩手・感恩寺
)、鈴木慈昭(茨城・恵妙寺)、藤本信恭(埼玉・妙本寺)、石井栄純(神奈川・法
照寺)、松田泰玄(石川・妙喜寺)、宗像高道(滋賀・本地寺)、高野日安(前出)、
高野顕昇(兵庫・大妙寺)、角石永道(鳥取・専修寺)、長谷顕光(岡山・啓運寺)、
齋藤善道(大分・本土寺)、宗会では副議長の齋藤(前出)のほか、議員の藤本(
前出)、木村信龍(東京・善福寺)、堀寿妙(大阪・経王寺)、西岡雄信(大阪・妙
恵寺)がそれぞれ目標を達成できなかった。

 支院長では47人中12人、実に4人に1人が達成できなかったことになる。中で
も岡山布教区の支院長・長谷顕光の啓運寺支部は目標達成支部が公表されるよ
うになった平成21年以降、7年間で1度しか達成していない。

 また今回、北海道第2布教区(支院長・杉、副支院長・駒井専道〈法宣寺〉)、
神奈川布教区(支院長・石井、副支院長・井上法永〈平正寺〉)、北陸布教区(
支院長・松田、副支院長・前川慈清〈唯成寺〉)、大分布教区(支院長・齋藤、
副支院長・佐藤彦道〈妙祥寺〉)では支院長、副支院長の寺が揃って未達成と
なった。

 近年、折伏ができない住職がクビになる事例が増えているが、今後、"お荷
物"寺院の能化や支院長クラスの坊主、日顕や日如の"ファミリー"に属する坊
主たちの行く末が注目されるところだ。

2、「登座10周年」で坊主が恨み節

 大石寺で4日、全国から坊主が集められて法主・日如の「登座10周年」の祝
賀会が開かれた。ここで、坊主と寺族から集めた多額の供養と記念の品が日如
に差し出されたというが、隠居である日顕も、これに乗じて客殿と寝泊まりし
ている蓮葉庵で2度の目通りを行い、供養の"二重取り"を行ったという。

 ある坊主いわく「仮にも『仏様』を名乗るなら、困っている者から金を集め
るのではなく、施して回るべきだ」と。

 本年暮れには「大聖人御聖誕800年」(平成33年)にかこつけた特別供養の第1
回が行われる。大石寺の三門や五重塔の改修・修復工事に使う金を全国から集
めるわけだが、"肥える大石寺、やせ細る末寺"の対比はいよいよハッキリする
ばかりだ。
  1. 2016/01/07(木) 23:05:34|
  2. 短信

短信 第613号

短信 第613号 平成27年12月10日(木)
日顕宗の動き

1.崩壊現象、如実に――日顕宗のこの一年

「信者が増えている」との宣伝のウソが暴かれた、参加者激減の新年勤行会
から始まった本年の日顕宗。依然として折伏は進まず、今年は毎月の「折伏目
標達成寺院」の公表を取りやめた。折伏・登山の過酷なノルマに嫌気がさした
末寺住職が続々とその座を放り出し、隠居の道を選んだ。かつて毎年数十人は
応募していた「少年得度試験」では、ついに応募者が1桁台に落ち込み、あわ
てた日如執行部が得度者の募集を僧俗に呼びかけたが、現場の動きは極めて緩
慢。なぜなら、新たな寺が建つ見込みは少なく、宗内は未来無き無任所坊主で
あふれかえっているからだ。

 法主の日如は、本山の三門と五重塔の改修・修復工事の名目で、50億円を集
めると発表したが、さらに目標額が上乗せされるとの情報もある。

 宗門衰退の元凶、前法主の阿部日顕は公の場から姿を消し、その日顕が「次
の法主に」と熱望している息子・信彰も昨年の入院以降、体調が回復しておら
ず、「次の法主は無理」というのが宗内の一致した声。さりとて次の法主候補
は浮上していない。

 "冬は必ずしも春とはならない"。このような表現が似つかわしい日顕宗の暗
澹たる現状である。

2. 宗内人事

 日顕宗の庶務部長、斎藤栄順(71歳)が妙国寺(東京・板橋区)の住職を辞めて
隠居する。併せて庶務部長も辞任する見込み。妙国寺の後任には、折伏成果が
低迷する同寺に折伏推進委員として入っていた眞光寺(千葉市)の新井契道(60
歳)が滑り込む。

 眞光寺の後任には浄顕寺(愛知・津島市)の三浦富道(61歳)が、浄顕寺の後任
には徳妙寺(宮城・塩竃市)の高野正務(42歳)が、徳妙寺には本山・大坊から野
村良尚(35歳)が入る。

 病気療養中の本善寺(宮崎・日向市)住職、三門雄善(61歳)が隠居し、後任に
法蔵寺(宮崎・門川町)の中山悟道(61歳)が、法蔵寺には本山・大坊から野村法
増(33歳)が入る。

 堅持院事務所(兵庫・西宮市)が「法祥寺」と看板を掛け替え、住職として立
安寺(鹿児島・奄美市)の竹内正茂(41歳)が入り、立安寺には本山・大坊から伊
藤法住(33歳)が入る。


3. 1月の予定

 1日(金) 新年勤行会(本山、末寺)
10日(日) 御講(末寺)
17日(日) 折伏推進指導会(本山)
  1. 2015/12/10(木) 23:08:55|
  2. 短信
次のページ

プロフィール

shiohama

Author:shiohama
「友と共に!」教宣ページ

クリック無料募金

あなたのクリックで救える命がある♥


あなたの支援を待ってる人たちがいる

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

短信 (105)
フェイク (169)
越洋 (27)
石山だより (13)
海外通信 (1)
新改革通信 (9)
未分類・その他 (5)

アクセス

total:
online:

ジオターゲティング

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

雨雲天気予報

-降水短時間予報-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。